ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 顎関節症治療科

顎関節症治療科

 
診療科長 准教授
菅沼 岳史

 

 顎関節症治療科は2004年9月に当院に開設された顎関節症科が発展的に改称され2012年4月にオープンしました。“顎関節症”という疾患はテレビ番組で取り上げられ、インターネットで検索すると多くの件数がヒットします。文字通り“顎を動かすと関節やその周囲に痛みの症状を感じる”疾患です。顎関節症になると口を大きく開けることができなかったり、あごを動かすと痛いので日常生活での食事や会話が困難となります。これを放置しておくと、指一本分しか口が開かない状態や慢性的な痛みが生じ治療が困難となります。当科で治療している患者さんの約40%は地域の歯科医院、整形外科、耳鼻科などからの紹介です。来院された当日に各種検査を行い、病状をご説明し、治療計画を立て、最新の治療を提供しています。もし、貴方が上記のような症状を自覚しているとしたら、あなたは顎関節症かもしれません。早い時期に当科へご相談されることをお勧めします。。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学歯科病院 All Rights Reserved.
〒145-8515 東京都大田区北千束2-1-1