ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 甲状腺センター

甲状腺センター

  
甲状腺センター センター長
福成 信博

現在、昭和大学横浜市北部病院 外科における甲状腺外科手術は、年間300件を越える件数となりました。手術以外の内科的疾患(バセドウ病、橋本病)や経過観察を要する良性結節は、手術件数の10倍を越える需要があり、外科単科のみでは対応が困難な状況となって参りました。診療科の枠を超えて、藤が丘病院糖尿病・代謝内分泌内科、昭和大学耳鼻咽喉科と更に緊密な連携を取り、外部からも優れた人材を確保し、専門的なセンター化を図ることにより、甲状腺専門医および若手医師の育成の場として先端的な教育と研究を行うことを目標に設立いたしました。

甲状腺センターの特徴
・国内における大学病院では初の「甲状腺センター」であり、甲状腺疾患に特化した専門チームを診療科の枠を越えて構築する。
・ 個人病院レベルの専門病院では、対応困難な重症例、合併症が危惧される事例も対応可能であり、集学的治療が可能
・ 国内で唯一、非手術治療である「甲状腺結節に対するラジオ波焼灼療法」を行っている施設で有り、外科、内科、放射線科との連携を行うことが出来る

甲状腺センターの目標
・ 甲状腺疾患の診断、治療に関して日本でLeadershipを遺憾なく発揮できる施設とし、外科手術、薬物治療、インターベンション治療の全てにおいて最先端の医療水準を確立します
・地域医療機関とのシームレスな連携、強化を行う。24時間365日においてお断りをしません。メールでのConsultation, ご紹介、ご依頼をお引き受けいたします。責任を持ってセンター医師が直接対応、調整を行います。緊急・準緊急の患者さんのご紹介やちょっとした疑問点などでもご連絡いただければ、即座に対応いたします。



 

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1