内科系診療センター 内科(血液)

診療科紹介

当科の対象疾患には各種貧血や血小板減少・血液凝固異常などを中心とする良性疾患のほか、急性・慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍があります。当科はこれらの疾患について専門的な外来・入院治療を行っております。

診療概要

​当科は日本血液学会認定血液専門医3名が常勤し診療にあたっています。日本内科学会指導医・総合内科専門医、日本血液学会血液指導医、日本がん治療医認定医機構がん治療認定医、日本輸血・細胞治療学会認定医などの資格も持つ経験豊富な専門医師が治療の計画・遂行を主導し、心のケアに精通した看護師が専門的な看護を担います。また、病棟に常駐する薬剤師が薬剤の投与量や相互作用を精査し服薬を指導しながら、安全な治療を行えるよう心がけています。このように医師・看護師・薬剤師が一体となり、患者さんが病気に打ち勝つための支援ができるような体制を取っております。
 
 造血器悪性腫瘍に対しては自家末梢血幹細胞移植を含むがん薬物療法を実施しております。当院では成人血液疾患に対する同種造血幹細胞移植を実施していないため、適応となる方については昭和大学病院血液内科や近隣の施設へご紹介させて頂いております。
 
 当院は日本内科学会新専門医制度研修基幹施設、日本血液学会研修認定施設、日本臨床腫瘍学会認定研修施設に認定されており、外来診療及び入院診療活動のほか学生及び研修医の教育、専門医の育成、臨床研究にも取り組んでおります。

主な対象疾患

​以下のような血液疾患全般にわたり診療しております。

(1)造血器腫瘍

​急性および慢性白血病、骨髄異形成症候群、骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症など)、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など

(2)貧血、造血障害

​再生不良性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血、鉄欠乏性貧血など

(3)出血性疾患、血栓性疾患

​特発性血小板減少性紫斑病、血友病、各種凝固異常症など

スタッフ紹介

医師名
役職
専門分野
資格
酒井 広隆
准教授
血液疾患一般
日本内科学会指導医・総合内科専門医・認定内科医
日本血液学会認定血液指導医・血液専門医
日本輸血細胞治療学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
蒲澤 宣幸助教血液疾患一般日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本血液学会認定血液専門医
日本輸血細胞治療学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
阿部 真麻
助教血液疾患一般
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医
塚本 裕之
兼任講師
血液疾患一般
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医
馬場 勇太助教(臨床薬理研究所)血液疾患一般日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医

外来担当医表

内科系診療センター 内科(血液)

医療従事者の⽅へ

研究内容

昭和大学病院血液内科(旗の台)と共同で、多くの臨床研究を実施しております。
昭和大学病院血液内科をご参照ください)

症例報告などは多くの学会や研究会で発表しており、その他、以下の研究にも参加しています。

新規に血液疾患と診断された症例は、日本血液学会の血液疾患登録事業に基づいて疾患登録いたします。
年度(年目)
主題

平成26年度
日本血液学会認定施設
血液疾患登録日本血液学会
平成26年度
研究分担施設
2年の完全分子遺伝学的効果を有する慢性期慢性骨髄性白血病に対するイマチニブ治療中断試験他施設共同研究

医療連携・紹介制度について

血液疾患と診断された症例や疑われる症例がありましたら是非ご紹介ください。当科では血液疾患全般の診断を行い、エビデンスに基づいた治療を行ってまいります。なお、直ちに同種造血幹細胞移植が必要と思われる症例については当院では実施しておりませんので、昭和大学病院血液内科または近隣の移植施設にご紹介ください。
緊急入院が必要と思われる場合には、満床で他施設へ転送せざるを得ない場合もありますので、事前にご連絡くださいますようお願いいたします。