病棟のご案内

当院は精神科病床6病棟を有し、それぞれの病状にあった入院治療を提供しております。入院中は早期回復を目標に、精神療法・薬物療法・リハビリテーションプログラム(作業療法SST生活技能訓練など)・服薬指導・精神保健福祉相談を併用したチーム医療を行っております。

精神科救急病棟

発症早期・急性症状の治療に重点を置き、短期・集中的なケアで早期退院を目指す病棟です。
病床の半数以上を個室化し、充実したスタッフの配置で、質の高いチーム医療を行います。

亜急性期病棟

急性症状の繰り返しや中長期にわたる段階的治療を必要とする方の治療を行なう病棟です。早期の社会復帰を目指しています。

認知症専門病棟

認知症のために、家庭や施設において対応が困難で、主に都内に住所のある方へ適切な医療を提供し、生活機能の回復と症状の軽減を目指します。
症状が軽減する治療期間を概ね3ヶ月と考え、ご家族・関係機関等と連携し、退院後の生活の相談にも応じます。
当病棟への入院については、まず高齢者外来でご相談ください。重度の身体疾患を合併されている方はご入院を制限する場合もありますので、予めご了承ください。
認知症専門病棟

精神科急性期治療病棟・特別病棟

病棟写真

開放空間で明るい環境下での入院生活ができる病棟となっています。開放的な明るい雰囲気の中、入院中の患者さんが少しでもリラックスして過ごせるような空間となっており、ストレスが溜まらないようアメニティー(医師の了解のもとでWi-Fi対応)を充実させています。
廊下廊下
眺め眺め
個室個室
病棟病棟ホール病棟ホール
ナースステーションナースステーション
洗面所バリアフリートイレ洗面所バリアフリートイレ
図書勉強室図書勉強室
多目的室多目的室

病棟案内図

開放病棟で任意入院されている患者さんは自由に散歩をし、気分転換を図ることも可能になっています。

×

凡例C4病棟案内図
凡例SPC4病棟案内図

C4病棟1日のスケジュール

当病棟では、個々の患者さんに合わせた生活の援助を実現するため、患者さんの目線に立って病棟の医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、心理士との連携を密に、患者さんのライフスタイルを保てるよう配慮し、患者さんや御家族の意向に沿った退院支援をしていく病棟となっています。

起床(点灯)、就寝(消灯)

起床(点灯)
7:00


就寝(消灯)
22:00


食事

朝食
8:00


昼食
12:00


夕食
18:00


各種治療プログラム

午前中
9:30


午後
13:30


開錠 7:00  閉錠 19:00
通勤・通学は応相談
散歩は1回1時間以内(何回でも可)

治療・支援に関して

C4病棟では患者さん・ご家族を交え、医師・看護師・作業療法士・臨床心理士・精神保健福祉士・管理栄養士・薬剤師がチームとなり、各種治療にて皆様へ継続的な支援を提供させて頂いております。
また、C4病棟では入院治療のみでなく、検査入院も実施しており、各種パックにて対応させて頂いております。

各種パック他入院のご案内

発達障害検査入院(アスペパック)

発達障害検査入院は、2 週間で発達障害の有無を診断することが目的で、心身の健康状態を確認しながら、心理検査を行います。2週間のプログラムの中では、デイケアの発達障害専門プログラムも体験できます。
発達障害検査入院のスケジュールはゆったりとしたプランとなっており、日常生活から自分自身を見つめ直す時間を設けております。個室をご利用いただきますので、ご自分だけの空間を確保することができます。
お一人での入院が不安な場合にはお申し出ください。ご家族の希望と医師の許可がある場合は、付添での入院も可能です。

アルコールプライマリーケアパック

アルコールプライマリーケアパックとは、飲酒によって生じる諸問題へのトータルケアを目的としております。パックの内容は心身の検査、アルコール関連疾患の予防を目的とした心理教育、休息とストレスケアなどです。ゆったりしたプランになっておりますので、ゆっくりと休息を取りながら、自分自身を見つめ、飲酒しないことの幸せを考える機会にしてください。(完全予約制です)

ネット依存症入院(ライフアレンジプログラム)

ライフアレンジプログラム(Life Arrange Program):LAPとはインターネットやゲームの依存症に対する入院治療プログラムのことで、当院C4病棟(開放病棟)で2019年からスタートしております。ネット依存症ではネットの過剰使用が進み使用時間をコントロールする事が出来なくなった結果、日常生活を送る上で様々な問題が生じてしまいます。中でも、昨今はスマホを使用してネット動画の視聴やオンラインゲームに興じ、一日中スマートフォンが手放せなくなっているという方が非常に多くなっています。
このため、LAPでは入院を通じて日常生活の立て直しを図りながら、スマホの使用時間をコントロール出来るようになるための様々な取り組みを行ってまいります。
患者様のより充実した生活の実現へ向け、ネットとの適切な付き合いが出来るよう全力でサポートしてまいります。

高齢者検査入院(シニアパック)

高齢者検査入院(シニアパック)とは、もの忘れや気分の変化など高齢者に起こりやすい精神面の問題について、入院によって生活の実際を観察しながら精密な検査を行います。開放的な環境の病棟(日中の出入りは基本的に自由)で、抵抗感なくゆっくりと検査に臨んでいただき、うつ病や認知症の有無などについて判定していきます。
2週間の入院プランを基本としていますが、診察の結果、治療が必要な場合には入院の延長を提案させていただくこともあります。また、症状によっては、開放病棟から閉鎖病棟へお移りいただく場合もございます。
お問い合わせ先
昭和大学附属烏山病院 総合サポートセンター
TEL:03-3300-5329(直通)
受付時間:平日 8:30~17:00
     土曜 8:30~13:00
※発達障害検査入院のお問い合わせは9:30から

特別療養環境室料金表(室料差額)

2019年10月1日改定

A3病棟

種別室数室番号料金(税込)
個室13018,800
15302 ~ 316
322
325・327
6,600
2床室323
326・328
5,500

A4病棟

種別室数室番号料金(税込)
個室14018,800
14402 ~ 4186,600

B3病棟

種別室数室番号料金(税込)
個室6301・302
303・305
306・307
11,000
2 床室2308・3105,500
4 床室13111,100

B4病棟

種別室数室番号料金(税込)
2 床室5401・402
403・405
421
5,500
4 床室14061,100

C3病棟

種別室数室番号料金(税込)
個室6302・303
314・315
316・317
11,000
4 床室11301
304 ~ 313
2,200

C4病棟

種別室数室番号料金(税込)
個室16411・412
416・417
16,500
402
406・407
420・421
15,400
410・413
415・418
14,300
403・405
408
13,200
4 床室44224,400
※401
423・425
4,400
※401④
423①・425④
3,300
当院では、特別な療養環境を提供するお部屋を用意しております。
ご入室を希望される場合、室料を徴収させていただきますので、職員にご確認のうえ入室申し込みをお願いいたします。