歯科保存学講座 歯周病学部門

講座紹介

歯周病学について

歯周病は以前は歯槽膿漏症と呼ばれてきましたが、歯周病学をはじめとする多くの研究、臨床、行政に携わる方々、歯科関係企業の方々の努力により、「歯周病」という呼び方が定着し、治らない病気ではないことが社会に広まってきました。歯周病に対する社会的な関心も大変高まりました。
その一方で、「国民病」ともいえるのではないかといわれるくらいに罹患率も高く、やっかいな疾患です。私たち歯科医は、患者さまの口腔内を健康な状態に維持すること、治療し良く噛めるように、そしてブリッジや義歯、インプラントが装着されているならば、それらをしっかり支えられる状態にすることを念頭に努力をしています。
健康日本21のなかで歯周病は生活習慣病であると定義されましたが、代謝性疾患いわゆるメタボとも密接に関連しているようです。まだまだ明らかになっていないことも多いのですが、歯をはじめ口腔の健康だけでなく、健康な生活のためにも、克服しなければならない疾患です。

歯周病学教室について

歯周病に対する取り組みは、幅広い知識と高度な技術による臨床の研鑽を積むこと、そして単なる技術だけではなく生物学として歯周組織・歯周病に関する研究を進め、最新の研究成果を今日まで積み上げられてきた歯周治療学や医療に反映することを目標に活動をしていきます。
診療報酬の改正にも多くの研究成果という裏付けが無くてはなりません。臨床と研究は両輪で、その実践の中に学生教育や医局員の能力向上があります。もう一方で、社会の中での歯科の立場、自分という個人を捉える能力を伸ばすことを目標にしています。何かあった時に「頼られる存在」になれたら最高です。

専門医・認定医制度について

すばらしい臨床を目指す。歯科医の誰もが持っている本能的ともいえる欲求です。臨床を続ければ続けるだけの経験と知識・技術の習得と向上があります。大海のごとく広がる臨床の中で、歯周病治療については日本歯周病学会の認定医認定(会員歴3年以上で申請資格有)、専門医認定(同5年以上)を一つの目標に歯科医として漕ぎ出します。
認定医や専門医はゴールではなく専門性の高い治療の実践への通過門として、歯科医としての自分のスタイルの構築と捉えることができます。
専門医取得の過程で大いなる刺激を受けた医局員の中では、歯周病の領域を越えてより広く深い歯科医療に果敢に挑戦していく人が多いようです。治療の5年後も10年後も「治してもらって良かった」といわれるような専門性の高い歯科医を目指しましょう(日本歯周病学会認定医制度がはじまりました)。

講座紹介

  • デンタルプラーク付着制御に関する研究
  • インプラント周囲炎の制御法の開発
  • 歯周病、インプラント周囲炎における細菌学的アプローチ
  • 歯周病、インプラント周囲炎の病態・治療・再生について
  • メタボリックシンドロームと歯周病
  • 包括的歯周病治療
  • 歯周病患者におけるインプラントを含む包括的歯科治療による咬合機能の回復と維持
  • 歯周組織構成細胞機能の分子生物学的解析および制御に関する研究

講座員

教員(専任)

役職氏名name
教授山本 松男Yamamoto Matsuo
准教授滝口 尚
Takiguchi Takashi
講師小出 容子
Koide Yoko
助教三森 香織
Mimori Kaori
助教相澤 怜
Aizawa Ryo
助教菅野 真莉加
Sugano Marika
助教大谷 貴之
Otani Takayuki
助教(歯科)清田 萌美
Seida Moemi
助教(歯科)今 美乃
Kon Yoshino
助教(歯科)鈴木 七海
Suzuki Nanami

職員・医局員

役職氏名name
研究補助員野澤 ゆり子Nozawa Yuriko

研究生

大学院生: 6名

研究業績

すべて開く +
2023年業績

著書

小出容子(分担執筆):第9章 特殊な歯周病.2 壊死性歯周疾患,256-257.
菅野真莉加(分担執筆):第9章 特殊な歯周病.6 薬物性歯肉増殖症,261-263.
滝口 尚(分担執筆):第9章 特殊な歯周病.3 ヘルペス性歯肉口内炎,258.
山本松男(分担執筆):第2章 歯周病のリスクファクター.2 歯周病の病因,第9章 特殊な歯周病.5 歯肉線維腫症,260.
沼部幸博,齋藤 淳,梅田 誠,山本松男,岩田隆紀 編:
ザ・ペリオドントロジー 第4版.永末書店,2023.

原著

滝口 尚,黒川雅樹,山田純輝,宮本恭介,中島太一,山本松男:
幅広植毛歯ブラシによる人工プラーク除去時の,効率的な歯ブラシヘッドスピードおよびブラッシング幅の検討.
日歯保存誌. 66(2): 124-130, 2023.

Asparuhova MB, Riedwyl D, Aizawa R, Raabe C, Couso-Queiruga E, Chappuis V:
Local concentrations of TGF-β1 and IGF-1 appear determinant in regulating bone regeneration in human postextraction tooth sockets.
Int J Mol Sci. 24(9): 8239, 2023.

総説

山本松男,柳井智恵:
専門歯科衛生士制度確立への方向性.
日本歯科衛生学会雑誌.17(2): 6-12, 2023.

Yamamoto M, Sugano M, Itabe H:
The etiological consideration of oxidized low-density lipoprotein in periodontitis.
J Oral Biosci. 65(1): 19-23, 2023.
2022年業績

原著

小出容子,大谷貴之,滝口 尚,菅野真莉加,山本松男:
COVID-19対策で実施した臨床実習におけるスケーリング技能に対するWeb自宅学修方法と教育評価.
日歯周誌. 64(2): 66-75, 2022.

Koide Y, Kataoka Y, Hasegawa T, Ota E, Noma H:
Effect of systemic bisphosphonate administration on patients with periodontal disease: a systematic review and meta-analysis protocol.
BMJ Open. 12(3): e057768, 2022.

総説

相澤 怜,田中準一,美島健二,山本松男:
知の集積から見えてきた接合上皮の恒常性維持機構.
日歯周誌.64(4): 121-128, 2022.

その他

小出容子,鈴木基之,宮下 元,山本松男:
異種骨移植による歯周組織再生療法を行った18年経過症例.
日歯周誌. 64(4): 167-181, 2022.

三森香織:
コロナ禍での模索.
歯界展望.140(3): 620, 2022.
2021年業績

原著

Takiguchi T, Yamada J, Sato M, Yamamoto M:
Removal of biofilm from titanium surfaces using 400-kHz ultrasound.
ODEP. 1(1): 59-68, 2021.

Ishikawa T, Sasaki D, Aizawa R, Yamamoto M, Yaegasi T, Irié T, Sasaki M:
The role of lactic acid on wound healing, cell growth, cell cycle kinetics, and gene expression of cultured junctional epithelium cells in the pathophysiology of periodontal disease.
Pathogens. 10(11): 1507, 2021.

Tanaka K, Tanaka J, Aizawa R, Kato-Tanaka M, Ueno H, Mishima K, Yamamoto M:
Structure of junctional epithelium is maintained by cell populations supplied from multiple stem cells.
Sci Rep. 11(1): 18860, 2021

Ishikawa T, Sasaki D, Aizawa R, Shimoyama Y, Yamamoto M, Irié T, Sasaki M:
Effect of Butyric Acid in the Proliferation and Migration of Junctional Epithelium in the Progression of Periodontitis: An In Vitro Study.
Dent J (Basel). 9(4): 44, 2021

総説

Yamamoto M, Aizawa R:
Maintaining a protective state for human periodontal tissue.
Periodontol 2000. 86(1): 142-156, 2021
2017年業績

著書

山本松男,小出容子(分担執筆):
33章 歯周治療に用いられる薬物.
現代歯科薬理学 第6版.
大谷啓一(監著),鈴木邦明,戸苅彰史,青木和宏,兼松 隆,筑波隆幸(編集):
東京,2018,医歯薬出版株式会社,pp381-389

原著

Enomoto T, Takami M, Yamamoto M, Kamijo R:
LPS administration increases CD11b+ c-Fms+ CD14+ cell population that possesses osteoclast differentiation potential in mice.
Cytotechnology, 69(3):529-537, 2017

Moriya Y, Obama T, Aiuchi T, Sugiyama T, Endo Y, Koide Y, Noguchi E, Ishizuka M, Inoue M, Itabe H, Yamamoto M:
Quantitative proteomic analysis of gingival crevicular fluids from deciduous and permanent teeth.
J Clin Periodontol, 44(4):353-362, 2017

Ishizuka M, Kato R, Moriya Y, Noguchi E, Koide Y, Inoue S, Itabe H, Yamamoto M:
Changes in apolipoprotein B and oxidized low-density lipoprotein levels in gingival crevicular fluids as a result of periodontal tissue conditions.
J Periodontal Res, 52(3):594-602, 2017

Nakamura S, Ando M, Hamaguchi HO, Yamamoto M:
Analysis of root surface properties by fluorescence/Raman intensity ratio.
Lasers Med Sci, 32(8):1857-1863, 2017

Kido JI, Murakami S, Kitamura M, Yanagita M, Tabeta K, Yamazaki K, Yoshie H, Watanabe H, Izumi Y, Suda R, Yamamoto M, Shiba H, Fujita T, Kurihara H, Mizuno M, Mishima A, Kawahara N, Hashimoto K, Naruishi K, Nagata T:
Useful Immunochromatographic Assay of Calprotectin in Gingival Crevicular Fluid for Diagnosis of Diseased Sites in Patients with Periodontal Diseases.
J Periodontol, 6:1-19, 2017

Yamada J, Takiguchi T, Saito A, Odanaka H, Soyama H, Yamamoto M:
Removal of oral biofilm on an implant fixture by a cavitating jet.
Implant Dentistry, 26 (6): 904-910, 2017

Seki T, Aizawa R, Tanaka J, Yajima-Himuro S, Kato M, Tanaka K, Mishima K, Yamamoto M:
Establishment of mouse gingival junctional epithelial cell line using a bioengineered tooth system.
Biochem Biophys Res Commun, 497(1): 167-172, 2018

Hiromura M, Nohtomi K, Mori Y, Kataoka H, Sugano M, Ohnuma K, Kuwata H, Hirano T:
Caveolin-1, a binding protein of CD26, is essential for the anti-inflammatory effects of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors on human and mouse macrophages.
Biochemical and Biophysical Research Communications, 495(1):223-229, 2018

Itabe H, Kato R, Sasabe N, Obama T, Yamamoto M:
Significance of oxidized low-density lipoprotein in body fluids as a marker related to diseased conditions.
Curr Med Chem. 2018 Mar 6. doi:

研修会、講演会

小出容子:
今日からできる!歯周病予防簡単デンタルケア講座「歯周病を予防して体も美しく」.
足立区竹の塚保健総合センター(東京),2017年7月14日

山本松男:
むし歯と歯周病を防ぎ、咀嚼能力を通した健康への貢献.
昭和大学歯科病院公開講座(東京),2017年10月7日

小出容子:
【ワークショップ1】「早産リスクの評価と診断」WS-2 歯周病と早産.
第11回日本早産学会学術集会(東京),2017年10月14日
第11回日本早産学会学術集会要旨集P.14

須田玲子:
めざそうホントの8020.
歯科保健講座(目黒区碑文谷保健センター主催)(東京),2017年11月7日

三森香織:
学内機能評価の講評(保険診療講習会).
昭和大学歯科病院(東京),2017年12月6日

国際学会

Seki T, Aizawa R, Tanaka J, Yajima-Himuro S, Kato M, Tanaka K, Mishima K, Yamamoto M:
Immortalization of gingival junctional epithelial cells derived from bioengineered tooth.
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research , November 18, 2017, Tokyo
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research Program and Abstracts of Papers: 117, 2017

Kato M, Yajima-Himuro S, Tanaka J, Aizawa R, Seki T, Tanaka K, Mishima K, Yamamoto M:
The changes of cellular composition in junctional epithelium.
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, November 18, 2017, Tokyo
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research Program and Abstracts of Papers: 117, 2017

Yamada J, Takiguchi T, Odanaka H, Soyama H, Yamamoto M:
Evaluation of the efficiency of cleaning oral biofilm on an implant fixture using a cavitating jet.
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research, November 18, 2017, Tokyo
The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research Program and Abstracts of Papers: 118, 2017

国内学会

滝口 尚, 山田純輝, 小田中響, 山本松男:
フィクスチャー表面のバイオフィルム除去に対する流水式超音波歯垢除去器の有効性.
第60回春季日本歯周病学会学術大会(福岡),2017年5月13日
日本歯周病学会会誌,59(春季特別号):128, 2017

矢野亜希子, 山本松男:
重度慢性歯周炎患者に歯周組織再生療法を含む包括的治療を行った一症例.
第60回春季日本歯周病学会学術大会(福岡),2017年5月13日
日本歯周病学会会誌 59(春季特別号): 153, 2017

山本松男:
歯肉溝における細菌と宿主の攻防と、接合上皮の役割.
第17回日本抗加齢医学会総会(東京),2017年6月3日

滝口 尚,山田純輝,山本松男:
流水式超音波歯垢除去器によるインプラントフィクスチャー表面のバイオフィルム除去効果
第146回日本歯科保存学会2017年度春季学術大会(青森),2017年6月9日
プログラムおよび講演抄録集, pp39

関 辰明,相澤 怜,美島健二,山本松男:
人工再構成歯胚作製法を用いた歯肉接合上皮における遺伝子発現の網羅的解析.
第59回歯科基礎医学会学術大会(長野),2017年9月17日
J Oral Biosci. 59(Suppl): 322, 2017

菅野真莉加,山本松男:
重度薬物性歯肉増殖症患者に行った切除療法の効果.
第7回関東9大学歯周病学講座 日本臨床歯周病学会関東支部合同研修会(東京),2017年11月12日

Seki T, Aizawa R, Tanaka J, Yajima-Himuro S, Kato M, Tanaka K, Mishima K, Yamamoto M:
Establishment of gingival junctional epithelial cell line from a bioengineered tooth.
The 64th general meeting of the Showa University, November 25, 2017, Tokyo
Showa Univ J Med Sci, 29(4): 490, 2017

小田中 響,小濱孝士,菅野真莉加,板部洋之,山本松男:
ペリクル・歯肉溝浸出液(GCF)・唾液のタンパク質パターンの検討.
第64回昭和大学学士会総会(東京),2017年11月25日

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男:
蛍光/ラマン強度比による歯根表面性状の解析.
Analysis of root surface properties by fluorescence/Raman intensity ratio.
第15回医用分光学研究会(つくば),2017年11月29日
抄録誌,pp24

菅野真莉加,森崎弘史,桑田啓貴,山本松男:
カチオン性ナノバブルと口腔細菌およびバイオフィルムとの静電的相互作用に関する研究.
第6回日本マイクロ・ナノバブル学会学術総会(東京),2017年12月10日

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男:
Analysis of root surface properties by fluorescence/Raman intensity ratio.
日本歯周病学会60周年記念京都大会(京都),2017年12月16日
日本歯周病学会会誌 59(suppl-2): 162 2017

須田玲子,山本松男:
歯学部5年次の臨床実習におけるOSCEが臨床実習終了時客観的臨床能力評価(iOSCA)に及ぼす効果について.
日本歯周病学会60周年記念京都大会(京都),2017年12月16日
日本歯周病学会会誌 59(suppl-2): 205, 2017

菅野真莉加,山本松男:
重度の薬物性歯肉増殖症患者から学ぶ医科歯科連携の重要性.
日本歯周病学会60周年記念京都大会(京都),2017年12月17日
日本歯周病学会会誌 59(suppl-2): 212, 2017

その他

中村紫野:
根面清掃の評価に光.
日本歯科新聞,pp7
2017年10月3日

大槻克文,安田有沙,柴田由美,小出容子:
妊娠中の歯周病対策.
NTTタウンページ「江東区版ちいきでおうえん子育てタウンページ」, pp18-19, 2017年10月
2016年業績

原著

Hiranuma K, Yamada A, Kurosawa T, Aizawa R, Suzuki D, Saito Y, Nagahama R, Ikehata M, Tsukasaki M, Morimura N, Chikazu D, Maki K, Shirota T, Takami M, Yamamoto M, Iijima T, Kamijo R:
Expression of nephronectin is enhanced by 1α,25-dihydroxyvitamin D3.
FEBS Open Bio, 6: 914-918, 2016

Nagata S, Nakamura S, Nakayama K, Mochizuki A, Yamamoto M, Inoue T:
Postnatal changes in glutamatergic inputs of jaw-closing motoneuron dendrites.
Brain Research Bulletin, 127: 47-55, 2016

Ogata Y, Nakayama Y, Tatsumi J, Kubota T, Sato S, Nishida T, Takeuchi Y, Onitsuka T, Sakagami R, Nozaki T, Murakami S, Matsubara N, Tanaka M, Yoshino T, Ota J, Nakagawa T, Ishihara Y, Ito T, Saito A, Yamaki K, Matsuzaki E, Hidaka T, Sasaki D, Yaegashi T, Yasuda T, Shibutani T, Noguchi K, Araki H, Ikumi N, Aoyama Y, Kogai H, Nemoto K, Deguchi S, Takiguchi T, Yamamoto M, Inokuchi K, Ito T, Kado T, Furuichi Y, Kanazashi M, Gomi K, Takagi Y, Kubokawa K, Yoshinari N, Hasegawa Y, Hirose T, Sase T, Arita H, Kodama T, Shin K, Izumi Y, Yoshie H:
Prevalence and risk factors for peri-implant diseases in Japanese adult dental patients.
Journal of Oral Science, 59(1):1-11, 2017

中村紫野, 安藤正浩, 斉藤彰大, 三森香織, 濵口宏夫, 山本松男:
ラマン分光法を用いた歯石検出の可能性.
日本医用歯科機器学会誌, 22(1):29~30, 2017

総説

大槻克文,西 健,小出容子:
【周産期診療べからず集】【母体・胎児編】妊娠初期[合併症妊娠]妊婦の歯周病を軽んずべからず(解説/特集).
周産期医学,45(増刊):90-93, 2016

山本松男:
歯周治療を成功させるために 日本歯科保存学会認定医を目指す若いドクターへ.
日本歯科保存学会雑誌, 59(4):311-316, 2016

山本松男,小出容子:
【World Article】下顎の単一歯に限局したMillerの歯肉退縮分類クラス1,2の歯肉退縮に対するエナメルマトリックスデリバティブと上皮下結合組織移植片を併用したトンネル型歯肉弁歯冠側移動術変法:16症例報告(翻訳).
The Quintessence, 36(1): 169-175, 2017

研修会、講演会

三森香織:
学内機能評価を受けて.
平成28年度昭和大学歯科病院保険診療講習会(東京),2017年3月22日

国際学会

Seki T, Aizawa R, Tanaka J, Yajima-Himuro S, Kato M, Mishima K, Yamamoto M:
Comprehensive analysis of gene expression in the junctional epithelium from bioengineered tooth.
The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology and Japanese Academy of Clinical Periodontology, San Diego, September 12, 2016.
Journal of the Japanese Society of Periodontology, 58(3): 170, 2016

Yamada J, Takiguchi T, Saito A, Odanaka H, Soyama H, Yamamoto M:
Effect of cavitating jet for cleaning biofilm from implant fixture.
The 102nd Annual Meeting of the American Academy of Periodontology in collaboration with the Japanese Society of Periodontology and Japanese Academy of Clinical Periodontology, San Diego, September 10-13, 2016.
Journal of the Japanese Society of Periodontology, 58(3): 174, 2016.

国内学会

守屋佑美,小浜孝士,小出容子,野口江美子,石塚元規,竹丸真以,板部洋之,山本松男:
乳歯と永久歯の歯肉溝滲出液中に含まれるタンパク質の網羅的解析(第2報).
第59回秋季日本歯周病学会学術大会(鹿児島),2016年5月19-21日
日本歯周病学会会誌,58(春季特別号):119, 2016

山田純輝,滝口 尚,斉藤彰大,小田中響,山本松男:
キャビテーション噴流を用いたフィクスチャー表面のバイオフィルム除去効果.
第59回春季日本歯周病学会学術大会(鹿児島),2016年5月21日
日本歯周病学会会誌,58(春季特別号):121, 2016

小出容子,鈴木基之,宮下 元,井上 紳,山本松男:
高血圧と喫煙習慣のある患者に歯周組織再生療法を行った8年経過症例.
第59回春季日本歯周病学会学術大会(鹿児島),2016年5月21日
日本歯周病学会会誌, 58(春季特別号):162, 2016

矢野亜希子,山本松男:
咬合崩壊を伴う重度慢性歯周炎患者に歯周組織再生療法を行った一症例.
第59回春季日本歯周病学会学術大会(鹿児島),2016年5月21日
日本歯周病学会会誌, 58(春季特別号):169, 2016

守屋佑美,小濱孝士,杉山智美,遠藤由美子,小出容子,竹丸真以,井上美津子,板部洋之,山本松男:
乳歯と永久歯の歯肉溝滲出液における好中球機能の検討.
第330回 昭和大学学士会例会 (歯学部会主催)(東京),2016年6月25日
昭和学士会雑誌,76(4):552, 2016

山本 松男,中村 紫野,安藤 正浩,濱口 宏夫:
ラマン分光法の歯根表面評価への応用.
平成28年度日本医用歯科機器学会第26回研究発表大会(札幌),2016年8月27日
日本医用歯科機器学会誌,21(2):21, 2016

山田純輝,滝口 尚,山本松男:
チタン上面に付着したバイオフィルムに対する流水式超音波洗浄の効果.
日本口腔インプラント学会第36回関東甲信越支部学術大会(東京),2017年2月11,12日
日本口腔インプラント学会第36回関東甲信越支部学術大会抄録集,P43

滝口 尚,山田純輝,尾関雅彦,山本松男:
バイオフィルム除去に対する流水式超音波歯垢除去器の有効性の検討.
日本口腔インプラント学会第36回関東甲信越支部学術大会(東京),2017年2月11,12日
日本口腔インプラント学会第36回関東甲信越支部学術大会抄録集,P56
2015年業績

原著

Sugano M, Morisaki H, Negishi Y, Endo-Takahashi Y, Kuwata H, Miyazaki T, Yamamoto M:
Potential effect of cationic liposomes on interactions with oral bacterial cells and biofilms.
J Liposome Res, 26(2):156-162, 2016

研修会、講演会、その他

小出容子:
歯周病と全身疾患との関係.
平成27年度足立区歯周病予防教室(東京),2015年7月22日

石塚元規,守屋佑美,小出容子,山本松男:
歯周基本治療による歯肉溝滲出液中のLDL、酸化LDLの変動
~サンプルサイズを考慮した臨床研究デザインの立案と実施~.
第5回関東 9大学歯周病学講座・JACP関東支部合同研修会(東京) 2016年2月21日

国際学会

Nakamura S, Ando M, Hamaguchi H, Yamamoto M:
Analysis of the root surface property using the Raman spectroscopy.
EuroPerio8, London, Jun 3-6, 2015

Moriya Y, Obama Y, Sasabe N, Aiuchi T, Endo Y, Sugiyama T, Koide Y, Inoue M, Itabe H, Yamamoto M:
Comparison between gingival crevicular fluids from deciduous and permanent teeth using iTRAQ quantitative proteomics.
EuroPerio8, London, June 3-6, 2015

Takiguchi T, Yamada J, Odanaka H, Sato M, KumeS, Saito K, Yamamoto M:
Effect of titanium surface decontamination using non-contact, high-frequency ultrasonic water flow.
EuroPerio 8, London, June 3-6, 2015

Yajima-Himuro S, Tanaka J, Aizawa R, Seki T, Mishima K, Yamamoto M:
Reconfirmation of the origin of the junctional epithelium by using the bioengineered tooth germ.
EuroPerio 8, London, June 3-6, 2015

国内学会

榎本拓哉,高見正道,山本松男,上條竜太郎:
LPSにより誘導される破骨細胞分化能をもつ細胞集団の同定.
第69回日本口腔科学会学術集会(大阪), 2015年5月13-15日,
プログラム集:46, 2015

石塚元規,守屋佑美,野口江美子,小出容子,山本松男:
歯周基本治療による歯肉溝滲出液中のLDL、酸化LDLの変動.
第58春季日本歯周病学会学術大会(千葉),2015年5月15,16日
日本歯周病学会会誌,57(春季特別号):110, 2015

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男:
ラマン分光法を用いた根面性状の評価.
Analysis of the root surface property using the Raman spectroscopy
第58春季日本歯周病学会学術大会(千葉),2015年5月15,16日

木戸淳一,永田俊彦,成石浩司,多部田康一,山崎和久,吉江弘正,渡邊 久,和泉雄一,須田玲子,山本松男,柴 秀樹,栗原英見,柳田 学,北村正博,水野光春,三島昭宏,村上伸也:
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断ー第2報ー.
第58春季日本歯周病学会学術大会(千葉),2015年5月15,16日
日本歯周病学会会誌, 57(春季特別号):127, 2015

石塚元規,加藤里奈,守屋佑美,小出容子,山本松男,板部洋之:
歯肉溝滲出液中のapoB、酸化LDLは歯周病の炎症状態を反映する.
第68回酸化ストレス学会学術集会(鹿児島), 2015年6月11,12日
第68回酸化ストレス学会学術集会 プログラム・抄録集,p127, 2015

守屋佑美,小浜孝士,杉山智美,遠藤由美子,小出容子,野口江美子,石塚元規,井上美津子,板部洋之,山本松男:
乳歯と永久歯の歯肉溝滲出液中に含まれるタンパク質の網羅的解析.
第58回秋季日本歯周病学会学術大会(浜松), 2015年9月12,13日
日本歯周病学会会誌, 57(秋季特別号):116, 2015

氷室沙羅, 相澤 怜, 関 辰明, 山本松男:
再構成歯胚を用いた接合上皮の起源の探索.
第143回日本歯科保存学会・2015年秋季学術大会(東京), 2015年11月12,13日
第143回日本歯科保存学会・2015年秋季学術大会抄録集:194, 2015

山田純輝,滝口 尚,斉藤彰大,小田中響,山本松男:
キャビテーション噴流を用いたフィクスチャー表面のバイオフィルム除去効果.
第62回昭和大学学士会総会(東京),2015年11月28日
第62回昭和大学学士会総会抄録集:7, 2015

石塚元規,加藤里奈,守屋佑美,小出容子,板部洋之,山本松男:
歯周基本治療による歯肉溝滲出液中のapoB, 酸化LDLの変動解析.
第62回昭和大学学士会総会(東京),2015年11月28日
第62回昭和大学学士会総会プログラム・抄録集:37, 2015

守屋佑美,小浜孝士,杉山智美,遠藤由美子,小出容子,野口江美子,石塚元規,井上美津子,板部洋之,山本松男:
乳歯と永久歯の歯肉溝滲出液中に含まれるタンパク質の網羅的解析.
第62回昭和大学学士会総会(東京),2015年11月28日
第62回昭和大学学士会総会プログラム・抄録集:38, 2015
2014年業績

著書

小出容子,山本松男:
Chapter 7 歯周疾患 慢性歯周炎.
朝波惣一郎,王 宝禮,矢郷 香 編:
薬’15/’16 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本.
東京, 2014, クインテッセンス出版株式会社, p190-191

小出容子,山本松男(分担執筆):
【糖尿病患者の口腔の健康管理】 歯周病が全身におよぼす影響 (解説/特集) .
企画編集:和泉雄一:
月刊糖尿病 6(5).
東京,2014, 医学出版, p30-34

小出容子,山本松男(分担執筆):
6 一般歯科治療(保存・補綴・口腔外科)領域における使用器械・器具.
監修:日本歯科医師会、編集主幹:荒木孝二:
エビデンスに基づく一般歯科診療における院内感染対策実践マニュアル改訂版.
京都, 2015, 株式会社永末書店, p45-54

原著

Sugano M, Negishi Y, Endo-Takahashi Y, Haman N, Usui M, Suzuki R, Maruyama K, Aramaki Y, Yamamoto M :
Gene delivery to periodontal tissue using bubble liposomes and ultrasound.
J Periodontal Res, 49(3):398-404, 2014

Fujihara R, Usui M, Yamamoto G, Nishii K, Tsukamoto Y, Okamatsu Y, Sato T, Asou Y, Nakashima K, Yamamoto M :
Tumor necrosis factor-α enhances RANKL expression in gingival epithelial cells via protein kinase A signaling.
J Periodontal Res, 49(4):508-517, 2014

Pei X , Ouyang X, He L, Cao C, Qingxian Luan , Suda R :
A 4-year prospective study of the progression of periodontal disease in a rural Chinese population.
J Dentistry, 43(2015):192-200, 2015

Kikuchi M, Takiguchi T, Yamada J, Yamamoto M, Soyama H :
Evaluation of the efficiency of cleaning dental plaque on titanium using a cavitating jet.
JSME, 9(3):14-00297, 2015

研修会、講演会、その他

須田玲子:
保健所発 歯の寿命を伸ばすコツ ~歯周病予防の最新事情~.
大田区保健所糀谷・羽田地域健康課主催歯周病予防教室, 東京, 2014年7月10日

長田翔子,中村史朗,望月文子,中山希世美,清本聖文,山本松男,井上富雄:
咬筋運動ニューロン樹状突起での情報処理機構の発育変化.
2014昭和大学・東京医科歯科大学大学院交流会(第5回),東京, 2014年7月24日

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男:
ラマン分光法を用いた根面デブライドメントの評価.
2014昭和大学・東京医科歯科大学大学院交流会(第5回),東京, 2014年7月24日

山本松男:
歯磨き講習.
第2回 簡易懸濁法研究会実技セミナー, 東京, 2014年8月23日

山本松男,山田純輝,樋口真理子,小田中 響,滝口 尚,祖山 均:
キャビテーションジェットによるチタン表面の歯垢除去効果.
キャビテーションに関するシンポジウム(第17回),東京, 2014年11月21日

榎本 拓哉,高見 正道,山本 松男,上條 竜太郎:
骨髄、脾臓および血液より分離した破骨前駆細胞の性質.
平成26年度昭和大学大学院歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 東京, 2015年3月28日
平成26年度昭和大学大学院歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プログラム・抄録集, p34, 2015

症例報告

宮田昌和,大久保敬吾,高田貴虎, 山本松男:
重度咬耗患者に対して包括的治療を行った1症例.
日歯周誌,56(春季特別号):129,2014

紺野有紀子,山本松男:
歯周組織再生療法および自家歯牙移植を行った重度慢性歯周炎の1症例.
昭和学士会雑誌, 74(6):682-690, 2014

国際学会

Saito A, Yoshimura K, Miyamoto Y, Yamamoto M, Kamijo R :
Modulation of osteoblast functions by ketone bodies.
IADR General Session, Cape town, June 2014
Program book , p88

Takiguch T, Yamamoto M :
Effect of removal of biofilm on titanium surface applied by ultrasonic water flow technology.
Montana biofilm SCIENCE & TECHNOLOGY meeting , Bozeman, June 2014

Shino Nakamura, Masahiro Ando, Hiro-o Hamaguchi, Matsuo Yamamoto:           Analysis of the root surface property using the Raman spectroscopy.
Biomedical Molecular Imaging 2014(12th Annual Meeting of the Japan Association of Medical Spectroscopy and 4th Molecular Imaging Center Symposium of National Taiwan University), Taipei, November 6-8, 2014

国内学会

斉藤彰大,吉村健太郎,上條竜太郎 :
ケトン体による骨芽細胞機能の調節.
第68回日本口腔科学会学術大会, 東京, 2014年5月
第68回日本口腔科学会学術大会プログラム抄録集, p189

榎本拓哉, 高見正道, 上條竜太郎, 山本松男:
骨髄,脾臓および血液に存在する破骨前駆細胞解析.
第317回昭和学士会例会, 東京, 2014年6月28日
昭和学士会誌, p252, 2014

斉藤彰大,吉村健太郎,宮本洋一,上條竜太郎,山本松男:
ケトン体は骨芽細胞機能を調節する.
第32回日本骨代謝学会学術集会, 大阪, 2014年7月
プログラム抄録集, p73, 2014

榎本拓哉, 高見正道, 山本松男, 上條竜太郎:
骨髄,脾臓,血液中に存在する破骨細胞分化能をもつ細胞の解析.
第32回日本骨代謝学会学術集会, 大阪, 2014年7月24-26日
日本骨代謝学会学術集会プログラム集, p257, 2014

菅野真莉加,森崎弘史,桑田啓貴,山本松男 :
正電荷リポソームと細菌細胞およびバイオフィルムとの静電的引力に関する研究.
第56回日本歯科基礎医学会学術集会,福岡,2014年9月25-27日

髙見正道, 榎本拓哉, 山本松男, 上條竜太郎 :
破骨細胞の前駆細胞形成における骨芽細胞と炎症性刺激の役割.
第56回日本歯科基礎医学会学術集会,福岡,2014年9月25-27日
J Oral Biosci, 56(Suppl):100, 2014

小出容子,三河雅敏,宮下 元,山本松男 :
難治性根尖性歯周炎を有する歯周炎患者を保存治療とMTMで対応した12年経過症例.
日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会(第141回)第16回日韓歯科保存学会学術大会, 山形, 2014年10月30-31日
プログラム抄録集, p143, 2014

Nagata S, Nakamura S, Mochizuki A, Nakayama K, Kiyomoto M, Yamamoto M, Inoue T :
Developmental changes of dendritic properties in rat jaw-closing motoneurons.
第62回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, 大阪, 2014年12月4-5日

長田翔子,中村史朗,望月文子,中山希世美,清本聖文,山本松男,井上富雄 :
咬筋運動ニューロン樹状突起での情報処理機構の発育変化.
第61回昭和大学学士会総会, 東京, 2014年12月6日
第61回昭和大学学士会総会プログラム・抄録集, p52, 2014
2013年業績

原著

Nishii K, Usui M, Yamamoto G, Yajima S, Tsukamoto Y, Tanaka J, Tachikawa T,
Yamamoto M :
The distribution and expression of S100A8 and S100A9 in gingival epithelium of mice.
J Periodontal Res, 48:235-242, 2013

野口江美子,加藤里奈,三井 敦,大野香代子,平野 勉, 山本松男, 板部洋之 :
糖尿病患者は歯肉溝滲出液中のアポリポタンパク質Bが増加している.
脂質生化学研究, 55:88-89, 2013

野瀬冬樹,山口智広, 相内敏弘,小浜孝士,加藤里奈,山本松男,板部洋之 :
HL-60由来好中球においてPerilipin3/TIP47は脂肪滴形成とプロスタグランジンE2産生に関与する.
脂質生化学研究, 55:161-162, 2013

Matsumoto T, Yamada A, Aizawa R, Suzuki D, Tsukasaki M, Suzuki W, Nakayama M, Maki K, Yamamoto M, Baba K, Kamijo R. :
BMP-2 induced expression of Alx3 that is a positive regulator of osteoblast differentiation.
PLoS ONE, 8:e68774, 2013

Nose F, Yamaguchi T, Kato R, Aiuchi T, Obama T, Hara S,Yamamoto M, Itabe H :
Crucial role of perilipin-3 (TIP47) in formation of lipiddroplets and PGE2 production in HL-60-derived neutrophils.
PLoS ONE, 8:e71542, 2013

須田玲子,宮澤 康,滝口 尚,小出容子,鶴見亜有子,三森香織,山本松男 :
歯周基本治療中における歯周病原細菌モニタリングの有用性に関する検討.
日歯保存誌, 56:325-334, 2013

Aizawa R, Yamada A, Suzuki D, Tsukasaki M, Yamamoto M, Aiba A, Kamijo R :
Cdc42 plays important roles in bone formation during limb development.
Jpn J Tissue Cult Dent Res, 22:35-41, 2013

Cho K, Arimoto T, Igarashi T, Yamamoto M :
Involvement of lipoprotein PpiA of Streptococcus gordonii in evasion of phagocytosis by macrophages.
Mol Oral Microbiol, 28: 379?391, 2013

Isatsu K, Hasegawa T, Yamamoto M, Kataoka R, Inoue M, Miyazaki T :
Assessment of the competency attainment level using i0SCA in Showa University School of Dentistry.
Dental Med Res, 33:287, 2013

Noguchi E, Kato R, Ohno K, Mitsui A, Obama T, Hirano T, Itabe H, Yamamoto M :
The apolipoprotein B concentration in gingival crevicular fluid increases in patients with diabetes mellitus.
Clin Biochem, 47:67-71, 2014

総説

山本松男 :
流水式超音波洗浄法の口腔バイオフィルム除去への応用.
Biophilia電子版, 2:35-43, 2013

小出 容子,大槻 克文, 山本 松男,関沢 明彦 :
【新たな早産予防戦略】 歯周病と早産(解説/特集).
産科と婦人科, 81:51-54, 2014

山本松男 :
特集 天然歯周囲組織とインプラント周囲組織1 Gingival Marginを見つめなおす.
歯界展望, 123:242-243, 2014

山本松男 :
特集 天然歯周囲組織とインプラント周囲組織2 総括.
歯界展望, 123:494-495, 2014

症例報告・臨床報告

瀬沼 祥子,宮園 あがさ, 張 家誠,山本 松男,鈴木 基之 :
広汎型重度慢性歯周炎患者に対して包括的治療を行った1症例.
日歯周誌, 55(春季特別号):124, 2013

著書

和泉雄一,中川種昭,河口浩之,内藤 徹,長澤敏行,三邊正人,宮田 隆,山本松男,吉野敏明,宮本泰和,秋月達也,水谷幸嗣,湯浅英道,豊島義博,安藤智博,小森孝英,吉江弘正 :
特定非営利活動法人日本歯周病学会編:
歯周病患者における再生療法のガイドライン2012.
東京, 2013, 特定非営利活動法人日本歯周病学会

山本松男 :
第4章Ⅰ 1.一口腔単位の歯周治療の進め方.
和泉雄一,木下淳博,沼部幸博,山本松男(編):
ザ・ペリオドントロジー 第2版.
東京, 2014, 永末書店, p86

須田玲子 :
第8章 2.壊死性潰瘍性歯肉炎・歯周炎.
和泉雄一,木下淳博,沼部幸博,山本松男(編):
ザ・ペリオドントロジー 第2版.
東京, 2014, 永末書店, p226

滝口 尚 :
第8章 3.急性ヘルペス性口内炎.
和泉雄一,木下淳博,沼部幸博,山本松男(編):
ザ・ペリオドントロジー 第2版.
東京, 2014, 永末書店, p227

宮澤 康 :
第8章 5.歯肉線維腫症.
和泉雄一,木下淳博,沼部幸博,山本松男(編):
ザ・ペリオドントロジー 第2版.
東京, 2014, 永末書店, p229

訳書

菅野真莉加,須田玲子,西井浩介,宮澤 康 :
5. リスクファクター.
山本松男,広岡秀明,和泉雄一(監訳):
Peri-implantitis - インプラント周囲炎-.
東京, 2013, クインテッセンス出版, pp83-129

相澤 怜,小出容子,鈴木奈緒子,滝口 尚,府川有紀子 :
6. 治療.
山本松男,広岡秀明,和泉雄一(監訳):
Peri-implantitis - インプラント周囲炎-.
東京, 2013, クインテッセンス出版, pp131-187

相澤 怜,小出容子,菅野真莉加,鈴木奈緒子,須田玲子,滝口 尚,西井浩介,府川有紀子,宮澤 康 :
Appendix. 治療法に関する文献一覧表.
山本松男,広岡秀明,和泉雄一(監訳):
Peri-implantitis - インプラント周囲炎-.
東京, 2013, クインテッセンス出版, pp189-207

学会報告

山本松男,滝口 尚,山田 純輝,久米 俊司郎,齊藤 佳,佐藤 正典,中島 啓介,細川 隆司,臼井 通彦 :
インプラント周囲炎の治療を可能にする流水式超音波歯垢除去器の開発.
(MEDTECH JAPAN 2013, 東京, 2013年4月)

滝口 尚,菊池真理子,山田純輝,佐藤正典,宮本年昭,齋藤 佳,久米俊司郎,高田光明,山本松男 :
粒子加速度を利用した流水式超音波歯垢除去器の開発.
日歯周誌, 55(春季特別号):90
(第56回春季日本歯周病学会学術大会, 東京, 2013年5月)

八島沙羅,山本 剛,大島正充,小川美帆,田中準一,古屋まど香,辻 孝,山本松男 :
再構成歯胚の萌出により形成された接合上皮は歯原性上皮に由来する.
日歯周誌, 55(春季特別号):92
(第56回春季日本歯周病学会学術大会, 東京, 2013年5月)

沖野 晃俊, 川手 彬嗣, 大下 貴也, 高松 利寛, 宮原 秀一, 山本 松男 :
大気圧温度制御プラズマによる口腔内細菌の殺菌(会議録).
日歯周誌, 55(春季特別号):90
(第56回春季日本歯周病学会学術大会, 東京, 2013年5月)

菊池真理子,滝口 尚,山田純輝,斉藤彰大,榎本拓哉,石塚元規,山本松男 :
キャビテーション噴流を用いたバイオフィルム除去効果.
Dental Med Res, 33:282
(第33回昭和歯学会総会, 東京, 2013年7月)

八島沙羅,山本 剛,西井浩介,田中準一,古屋まど香,立川哲彦,美島健二,山本松男 :
再構成歯胚の萌出により形成された接合上皮は歯原性上皮由来である.
Dental Med Res, 33:283-4
(第33回昭和歯学会総会, 東京, 2013年7月)

伊佐津克彦, 長谷川篤司, 山本松男, 片岡竜太,井上美津子, 宮崎 隆 :
iOSCAはコンピテンシー到達度を評価しているのか.
Dental Med Res, 33:287
(第33回昭和歯学会総会, 東京, 2013年7月)

成田 健志,片岡 竜太,須田 玲子, 山本 松男 :
香港大学歯学部と昭和大学歯学部における臨床教育の違いについて.
Dental Med Res, 33:288
(第33回昭和歯学会総会, 東京, 2013年7月)

小出容子,大槻克文,徳中真由美,山本松男,岡井 崇 :
日本在住妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響(第3報).
日本周産期・新生児医学会雑誌, 49:879
(第49回日本周産期新生児医学会, 横浜, 2013年7月)

小野康寛,菅沼岳史,螺澤庸博, 鈴木泰山, 八木 豊,中村陽介, 三上浩司,馬谷原光織,片岡竜太,長谷川篤司,山本松男, 井上美津子,宮崎 隆, 馬場一美 :
バーチャルペーシェントシステムの教育効果.
日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集32回, p86
(日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 札幌, 2013年7月)

伊佐津克彦,長谷川篤司,北川 昇,浅里 仁,菅沼岳史,倉林仁美,谷 千尋, マイヤース三恵, 塚崎弘明,山 松男,井上美津子,宮崎 隆 :
iOSCAによるコンピテンシー到達度の評価(会議録).
日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集32回, p129
(日本歯科医学教育学会総会および学術大会, 札幌, 2013年7月)

榎本拓哉,高見正道,山本松男,上條竜太郎 :
骨髄、脾臓および血液細胞の破骨細胞分化能の解析と炎症との関係.
2013 年度東京医科歯大学・昭和大学大学院 交流会 (第4回)プログラム・抄録集, p4
(2013東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第4回), 東京, 2013年7月)

八島沙羅,山本 剛,西井浩介,田中準一,古屋まど香,立川哲彦,美島健二,山本松男 :
再構成歯胚の萌出から得た接合上皮の起源は歯原性上皮である.
2013年度東京医科歯大学・昭和大学大学院 交流会 (第4回)プログラム・抄録集, p6
(2013東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第4回), 東京, 2013年7月)

菊池真理子,滝口 尚,山田純輝,斉藤彰大,榎本拓哉,石塚元規,山本松男 :
キャビテーション噴流を用いたバイオフィルムの除去効果.
2013年度東京医科歯大学・昭和大学大学院 交流会 (第4回)プログラム・抄録集, p8
(2013東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第4回), 東京, 2013年7月)

林 俊行,大野香代子, 野口江美子,加藤里奈,山本松男,板部洋之,平野 勉 :
2型糖尿病患者における歯肉溝浸出液中の酸化(ox)LDL濃度はインスリン治療反応性の予測マーカーになる.
糖尿病合併症, (Suppl.):176
(第28回日本糖尿病合併症学会, 旭川, 2013年9月)

Yamamoto M, Kikuchi M, Soyama H, Yamada J, Saito A, Enomoto T, Ishizuka M, Takiguchi T :
Cavitating jet against for biofilm.
(The 2nd Meeting of the International Association for Dental Research - Asia Pacific Region , Bangkok, 2013年8月)

Enomoto T, Takami M, Miyamoto Y, Yamamoto M, Kamijo R :
Characterization of osteoclast precursors in bone marrow, spleen and blood.
Program, p17
(The 2nd Meeting of the International Association for Dental Research - Asia Pacific Region , Bangkok, 2013年8月)

Nakayama M, Yamada A, Aizawa R, Isobe T, Suzuki D, Suzuki W, Sato Y, Aiba A, Baba K, Mishima K, Yamamoto M, Maki K, Kamijo R :
Cdc42 is crucial for facial and palatal development.
(The 2rd Meeting of the International Association for Dental Research - Asia Pacific Region , Bangkok, 2013年8月)

Kikuchi M, Takiguchi T, Yamada J, Saito A, Enomoto T, Ishizuka M, Chen D, Mundinamane D B, Soyama H, Yamamoto M :
Application of cavitating jet for cleaning oral biofilm from titanium surface.
(10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, 2013年9月)

Kobayashi H, Machigashira M, Suda R, Nagasawa T, Tanaka Y, Yoshino T, Yamamoto M, Noguchi K, Furuichi Y, Izumi Y :
Point of care system for detecting salivary Porphyromonas gingivalis.
(10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, 2013年9月)

Koide Y, Otsuki K, Sekizawa A, Yamamoto M :
The association between periodontal condition and preterm birth in Japanese pregnant women.
(10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, 2013年9月)

Yajima S, Yamamoto G, Oshima M, Ogawa M, Nishii K, Tanaka J, Furuya M, Mishima K, Tachikawa T, Tsuji T, Yamamoto M :
Junctional epithelium formed by the eruption of reconstructed tooth germs is originated from odontogenic epithelium.
(10th Asian Pacific Society of Periodontology Meeting, Nara, 2013年9月)

滝口 尚,菊池真理子,山田純輝,山本松男 :
流水式超音波におけるインプラント表面の洗浄効果.
日口腔インプラント会誌, 26(特別号):199
(第43回日本口腔インプラント学会学術大会, 福岡, 2013年9月)

鈴木 航,山田 篤,相澤 怜,鈴木 大,中山睦子,山本松男,槇宏太郎,馬場一美,上條竜太郎 :
Cdc42は軟骨形成に必須の遺伝子である.
J Oral Biosci, 55(Suppl.):159
(第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, 岡山, 2013年9月)

木戸淳一,永田俊彦,多部田康一,山崎和久,吉江弘正,渡辺 久,和泉雄一,須田玲子,山本松男,柴 秀樹,栗原英見,柳田 学,北村正博,南部敏之,水野光春,村上伸也 :
イムノクロマト法を用いた歯肉溝滲出液中のカルプロテクチン測定による歯周病診断.
(第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 前橋, 2013年9月)

菅野真莉加,八島沙羅,野口江美子,菊池真理子,滝口 尚,須田玲子,宮崎 隆,山本松男 :
微小気泡と超音波遺伝子導入法を併用した歯肉へのin vivo遺伝子導入.
(第56回秋季日本歯周病学会学術大会, 前橋, 2013年9月)

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男 :
ラマン分光法を用いた根面歯石除去の評価.
日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集139回, p227
(日本歯科保存学会2013年度秋季学術大会(第138回), 秋田, 2013年10月)

吉村健太郎,宮本洋一,星野真理江,宮本 尚,斉藤彰大,船登咲映,泉田恵理,槇宏太郎,山本松男,馬場一美,上條竜太郎 :
Monocarboxylate transporter-1は骨芽細胞におけるアルカリホスファターゼの発現に必要である.
(日本口腔組織培養学会設立50周年記念学術大会, 東京, 2013年11月)

Saito A, Yoshimura K, Miyamoto Y, Yamamoto M, Kamijo R :
Moduriation of osteoblast functions by ketone bodies.
(2nd Screening Presentation for 2014 HATTON AWARDS, 東京, 2013年11月)

長田翔子,中村史朗,望月文子,中山希世美,矢澤 格,山本松男,井上富雄 :
咬筋運動ニューロン樹状突起の情報処理機構における電位依存性カルシウムチャネルの関与.
(第7回三叉神経感覚-運動統合機能研究会, 新潟, 2013年11月)

中村紫野,安藤正浩,濵口宏夫,山本松男 :
ラマン分光法を用いた根面歯石除去の評価.
(第11回医用分光学研究会, 福井, 2013年12月)

斉藤彰大,吉村健太郎,宮本洋一,山本松男,上條竜太郎 :
Modulation of Osteoblast Functions by Ketone Bodies.
(大学院研究成果発表会, 東京, 2013年12月)

Yamamoto M, Sato M, Kume S, Saito K, Takiguchi T :
Effect of ultrasonic water flow technology for cleaning oral biofilm from titanium surface.
(International Forum on Ultrasound Applications Industrial, Biomedical and Clinical, Kaohsiung, 2014年3月)

斉藤彰大,吉村健太郎,宮本洋一,上條竜太郎,山本松男 :
ケトン体による骨芽細胞機能の調節.
プログラム・抄録集, p16
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年3月)

鈴木 航,山田 篤,相澤 怜,鈴木 大,中山睦子,槇宏太郎,山本松男,上條竜太郎,馬場一美 :
Cdc42は軟骨形成とそれに続く軟骨内骨化に必須である..
プログラム・抄録集, p19
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年3月)

榎本拓哉, 高見正道,山本松男, 上條竜太郎 :
骨髄、脾臓および血液中の破骨細胞の解析と炎症との関係解析.
プログラム・抄録集, p6
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成25年度シンポジウム, 東京, 2014年3月)

滝口 尚 :
臼歯部咬合支持を回復し再生療法を含む包括的治療を行った1症例.
(第3回日本歯周病学会関東9大学・日本臨床歯周病学会関東支部合同研修会, 東京, 2014年3月)

その他

須田玲子 :
歯周病の治療・予防が大事なわけ.
(昭和大学公開講座「暮らしと健康」, 東京, 2013年11月)

山本松男 :
あらためて見直すデンタルプラーク・バイオフィルム対策の方向性と、上皮機能解析から臨床をみる.
(東京医科歯科大学群馬県歯科同窓会, 高崎, 2014年2月)

山本松男 :
あらためて見直すデンタルプラーク・バイオフィルム対策の方向性と、上皮機能解析から臨床をみる.
(東京医科歯科大学愛知歯科同窓会, 名古屋, 2014年2月)

山本松男 :
「お口の健康フォーラム」 ~ 歯科って、虫歯や歯周病だけじゃないんです ~
歯周病は歯が抜け落ちるだけでなく、動脈硬化や糖尿病など様々な病気の要因になります.
(東京都大田区区民向け「お口の健康フォーラム」, 東京, 2014年3月)
2012年業績

原著

Aizawa R, Yamada A, Suzuki D, Iimura T, Kassai H, Harada T, Tsukasaki M,
Yamamoto G, Tachikawa T, Nakao K, Yamamoto M, Yamaguchi A, Aiba A, Kamijo R :
Cdc42 is required for chondrogenesis and interdigital programmed cell death during limb development.
Mech Dev, 129:38-50, 2012

Suzuki N, Fukamachi H, Arimoto T, Yamamoto M, Igarashi T :
Contribution of hly homologs to the hemolytic activity of Prevotella intermedia.
Anaerobe, 18:350-356, 2012

Suzuki D, Yamada A, Aizawa R, Funato S, Matsumoto T, Suzuki W, Takami M, Miyamoto Y, Suzawa T, Yamamoto M, Baba K, Kamijo R :
BMP2 differentially regulates the expression of gremlin1 and gremlin2, the negative regulators of BMP function, during osteoblast differentiation.
Calcif Tissue Int, 91:88-96, 2012

Tsukasaki M, Yamada A, Yoshimura K, Miyazono A, Yamamoto M, Takami M, Miyamoto Y, Morimura N, Kamijo R :
Nephronectin expression is regulated by SMAD signaling in osteoblast-like MC3T3-E1 cells.
Biochem Biophys Res Commun, 425:390-392, 2012

Shimada E, Kataoka H, Miyazawa Y, Yamamoto M, Igarashi T :
Lipoproteins of Actinomyces viscosus induce inflammatory responses through TLR2 in human gingival epithelial cells and macrophages.
Microbes Infect, 14:916-921, 2012

Tsukamoto Y, Usui M, Yamamoto G, Takagi Y, Tachikawa T, Yamamoto M, Nakamura M :
Role of the junctional epithelium in periodontal innate defense and homeostasis.
J Periodontal Res, 47:750-757, 2012

Yano A, Suzuki K, Yamamoto M, Yamada S :
Pam3CSK4, a TLR2 agonist, induces osteoclastogenesis RANK/RANKL-independently in RAW 264.7 cells.
Dent Med Res, 32:181-188, 2012
相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,上條竜太郎 :
低分子量Gタンパク質Cdc42は四肢形成における軟骨分化と肢芽指間部のアポトーシスを制御する.
口腔組織培養会誌, 22:11-12, 2013

総説

山本松男 :
歯周病患者における包括的歯科治療を考える.
歯科医療, 26:3, 2012

山本松男 :
なぜ歯列が崩壊するのか:歯周病を構成する二つの炎症、細菌感染と咬合性外傷.
歯科医療, 26:4-6, 2012

須田玲子 :
歯の微生物的要因:なかなか除去できないバイオフィルムと歯周病原菌.
歯科医療, 26:7-10, 2012

山口徹太郎,鈴木一成,山本松男,槇 宏太郎 :
歯の空間的要因:歯の傾斜,隣在歯との関連、歯槽間骨量の確保.
歯科医療, 26:50-62, 2012
滝口 尚 :
歯の予防的要因:メインテナンス-歯周治療・インプラント治療におけるメインテナンスの位置づけ-.
歯科医療, 26:63-70, 2012

著書

和泉雄一・古市保志・山本松男 編:
見てわかる完全マスター「歯周治療へのアプローチ」.
京都, 2012, 永末書店

野口和行,音琴淳一,廣藤卓雄,須田玲子,玉澤かほる,松山孝司:
日本歯周病学会編:
歯周病学用語集(第2版).
東京, 2013, 医歯薬出版

山本松男,須田玲子(分担執筆) :
第36章 高齢者と有病者の治療.
吉江弘正,伊藤公一,村上伸也,申 基喆:
臨床歯周病学(第2版).
東京, 2013, 医歯薬出版, pp344-351

Usui M, Okamatsu Y, Fujihara R, Nishii K, Yajima S, Saito A, Nakashima K, Yamamoto M(分担執筆) :
Molecular pathways involved in crosstalk between oral cancer cells and osteoclasts.
Tachikawa T:
The New Frontiers in Research for Oral Cancer.
東京, 2013, MARUZEN PLANET, pp51-64

Yamada A, Matsumoto T, Suzuki D, Funato S, Takami M, Aizawa R, Suzawa T, Miyamoto Y, Suzuki W, Yoshimura K, Nakayama M, Maki K, Yamamoto M, Baba K, Kamijo R (分担執筆):
Screening for regulators of osteoblast differentiation induced by BMP-2.
Tachikawa T:
The New Frontiers in Research for Oral Cancer.
東京, 2013, MARUZEN PLANET, pp81-89
Yamamoto M, Sugano M, Usui M, Saito A, Kikuchi M, Miyazawa Y, Negishi Y, Aramaki Y, Takiguchi T (分担執筆):
Improvement of the intraoral environment by ultrasonic irradiation.
Tachikawa T:
The New Frontiers in Research for Oral Cancer.
東京, 2013, MARUZEN PLANET, pp171-181

学会報告

大槻克文,小出容子,澤田真紀,岡井 崇 :
炎症性疾患としての歯周病は早産発症のリスクファクターとなり得るか.
日産婦会誌, 64:554
(第64回日本産科婦人科学会学術大会, 神戸, 2012年4月)

滝口 尚,高場雅之,山本松男 :
臼歯部咬合崩壊を伴った慢性歯周炎患者に対して包括的治療を行った一症例.
日歯周誌, 54(春季特別号):162
(第55回春季日本歯周病学会学術大会, 札幌, 2012年5月)

小出容子,大槻克文,山本松男 :
日本在住妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響.
日歯周誌, 54(春季特別号):135
(第55回春季日本歯周病学会学術大会, 札幌, 2012年5月)

Noguchi E, Ohno K, Kato R, Hirano T, Itabe H, Yamamoto M :
High level of oxidized low-density lipoproteins is present in gingival crevicular fluid from patients with diabetes mellitus.
J Clin Periodont, Abstracts of Europerio 7:116
(7th Conference of European Federation of Periodontology, Vienna, June 2012)

Suda R, Lai C, Kobayashi M, Kuo C, Koide Y, Tsurumi A,Yamamoto M :
Periodontal pathogens associated with further changes in severity of periodontal conditions in Japanese high school students.
J Clin Periodont, Abstracts of Europerio 7:140
(7th Conference of European Federation of Periodontology, Vienna, June 2012)

Takiguchi T, Kikuchi M, Saito A, Usui M, Sato M, Yamamoto M :
Effect of titanium surface decontamination using A Newly developed ultrasonic water jet cleaner.
J Clin Periodont, Abstracts of Europerio 7:205
(7th Conference of European Federation of Periodontology, Vienna, June 2012)

Kikuchi M, Fangqi G, Takiguchi T, Saito A, Miyazawa Y, Yamamoto M, Soyama H :
Cleaning effect of cavitating jet on titanium surface.
J Clin Periodont, Abstracts of Europerio 7:364
(7th Conference of European Federation of Periodontology, Vienna, June 2012)

Yamamoto M, Sato M, Sugano M, Kikuchi M, Enomoto T, Nagata S, Takiguchi T :
Ultrasonic insonification to titanium surface by non-contact tip in small area.
J Clin Periodont, Abstracts of Europerio 7:365
(7th Conference of European Federation of Periodontology, Vienna, June 2012)
藤原亮一,臼井通彦,西井浩介,塚本康巳,山本松男 :
TNF-αは歯肉上皮細胞においてTNFⅠ型受容体-PKAシグナリングを介してRANKL発現を誘導する.
第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会抄録集,:96
(第136回日本歯科保存学会2012年度春季学術大会, 沖縄, 2012年6月)

張 家誠,有本隆文,山本松男 :
Streptococcus gordoniiリポタンパク質PpiAの貪食回避への関与.
Dent Med Res, 32:238
(第32回昭和歯学会総会, 東京, 2012年7月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,飯村忠浩,山本 剛,山口 朗,山本松男,上條竜太郎 :
低分子量Gタンパク質Cdc42は四肢形成における軟骨分化と肢芽指間部の細胞死に必須である.
第30回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,:211
(第30回日本骨代謝学会学術集会, 東京, 2012年7月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,飯村忠浩,山本 剛,美島健二,山口 朗,山本松男,上條竜太郎 :
低分子量Gタンパク質Cdc42は四肢形成時の軟骨分化および肢芽指間部の細胞死を制御する.
第19回BMP研究会抄録集, pp15
(第19回BMP研究会, 東京, 2012年7月)

Aizawa R, Yamada A, Suzuki D, Iimura T, Yamamoto G, Yamaguchi A, Yamamoto M, Kamijo R :
Small GTPase Cdc42 is essential for chondrocyte differentiation and interdigital programmed cell death during limb development.
(Australian & New Zealand Bone & Mineral Society 22th Annual Scientific Meeting in conjunction with 1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research meeting, Perth, September 2012)

Nose F, Yamaguchi T, Aiuchi T, Yamamoto M, Itabe H :
Perilipin-3 (TIP47) has a crucial role in formation of lipid droplets and prostaglandin E2 production in HL-60-derived neutrophils.
Program, pp35
(An American Society of Biochemistry and Molecular Biology joint meeting with the International Conference on the Bioscience of Lipids and the Canadian Lipoprotein Conference, Banff, September 2012)

Yamamoto M :
(Symposium) New strategy for biofilm removal .
(The 10th International Conference of Asian Academy of Preventive Dentistry, Ulaanbaatr, September 2012)

菊池真理子,滝口 尚,宮澤 康,齋藤彰大,榎本拓哉,石塚元規,山田純輝 :
キャビテーション噴流を用いたチタン表面の除染効果について.
日歯周誌, 54(秋季特別号):32
(第55回秋季日本歯周病学会学術大会, つくば, 2012年9月)

野瀬 冬樹,山口 智広,相内 敏弘,山本 松男,板部 洋之 :
Perilipin-3(TIP47)はHL-60 から分化した好中球において、脂肪滴の形成とプロスタグランジンE2 の産制に重要な役割を果たしている.
(第56回日本薬学会関東支部大会, 東京, 2012年10月)
塚崎雅之,山田 篤,相澤 怜,中山睦子,山本 剛,美島健二,槇 宏太郎,山本松男,上條竜太郎 :
顎口腔組織発生における低分子量Gタンパク質Cdc42の役割.
日歯医師会誌, 65:165
(第22回日本歯科医学会総会, 大阪, 2012年11月)

小出 容子,大槻 克文,岡井 崇,山本 松男 :
昭和大学病院総合周産期母子医療センターにおける早産と歯周病罹患状態との関連性の調査.
日歯医師会誌, 65:626
(第22回日本歯科医学会総会, 大阪, 2012年11月)

山本松男,菊池真理子,佐藤正典,榎本拓哉,長田翔子,斉藤彰大,菅野真莉加,野口江美子,相澤 怜,藤原亮一,野瀬冬樹,八島沙羅,久米俊司郎,高田光明,山川正幸,宮澤 康,滝口 尚 :
低速度流水型口腔清掃器によるデンタルプラークの除去.
日歯医師会誌, 65:644
(第22回日本歯科医学会総会, 大阪, 2012年11月)

菅野真莉加,Mandkhai Ulziisaikhan,八島沙羅,野瀬冬樹,野口江美子,菊池真理子,滝口 尚,須田玲子,山本松男 :
バブルリポソームと超音波併用ドラッグデリバリーシステムを利用した歯肉への遺伝子導入.
2012年度秋季学術大会(第137回) 第14回日韓歯科保存学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集, pp145
(第137回秋季日本歯科保存学会学術大会, 広島, 2012年11月)

菊池真理子,滝口 尚,Mandkhai Ulziisaikhan,榎本拓哉,石塚元規,山田純輝,長田翔子,齋藤 佳,久米俊司朗,高田光明,宮澤 康,山本松男 :
流水式超音波洗浄法のバイオフィルムの除去への応用.
2012年度秋季学術大会(第137回) 第15回日韓歯科保存学会学術大会 プログラムおよび講演抄録集, pp219
(第137回秋季日本歯科保存学会学術大会, 広島, 2012年11月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,上條竜太郎 :
低分子量Gタンパク質Cdc42は四肢形成時における軟骨分化と肢芽指間部のアポトーシスを制御する.
(第49回日本口腔組織培養学会学術集会, 広島, 2012年11月)

鈴木 航,山田 篤,相澤 怜,鈴木 大,中山睦子,槇 宏太郎,山本松男,上條竜太郎,馬場一美 :
Cdc42の軟骨形成における機能解析.
(第32回昭和歯学会例会, 東京, 2012年12月)

野瀬冬樹,山本松男 :
Perilipin-3(TIP47)はHL-60から分化した好中球において、脂肪滴の形成とプロスタグランジンE2の産生に重要な役割を果たしている.
(第32回昭和歯学会例会, 東京, 2012年12月)
野口江美子,榎本拓哉,長田翔子,山本松男 :
歯肉溝滲出液中のアポリポタンパクB値は糖尿病指標と相関を示す.
(第32回昭和歯学会例会, 東京, 2012年12月)

相澤 怜:
四肢および骨・軟骨形成における低分子量Gタンパク質Cdc42の役割.
(第7回 Bone Research Seminar, 東京, 2013年2月)
Takiguchi T, Kikuchi M, Yamada J, Ishizuka M, Yamamoto M :
Biofilm removal from titanium surface by ultrasonic applying water jet.
(91st General Session & Exhibition of the International Association for Dental Research, Seattle, March 2013)

その他

山本松男:
(講演)歯周病とは?全身への影響.
(大田地域医療ネットワークセミナー, 東京, 2012年5月)

山本松男:
(講演)日常診療で気がつく歯と支持組織の破壊について 予後向上へのヒント.
(医療法人社団けんこう会学術研修会, 東京, 2012年7月)

小出容子,山本松男,大槻克文 :
早産の予防につながる妊娠期の口腔ケア(第3回)(最終回) 妊娠期の口腔ケアの実際と妊婦健診での指導のポイント.
妊産婦と赤ちゃんケア, 4: 43-48,
東京, 2012年, 日総研出版

山本松男:
(講演)歯周病とは?全身への影響.
(江戸川区糖尿病談話会, 東京, 2012年7月)

山本松男:
(講演)歯周病、インプラント周囲炎における細菌学的アプローチ.
(京都府歯科保険医協会・学術講演会, 京都, 2012年8月)

山本松男:
(講演)より良き歯科臨床を求めて-食べる楽しさを県民の皆様へ-.
(第15回千葉県歯科医学大会, 千葉, 2012年11月)

須田玲子:
(講演)歯周病と糖尿病 A Two-way Relationship -歯周病の立場から-.
(七尾市歯科医師会講演会, 七尾, 2012年11月)

山本松男:
(講演)歯周病と全身の疾患、プラークコントロール.
(東京都歯科医師会主催都民向け講習会, 東京, 2012年12月)

小出容子:
(講演)歯周病と糖尿病の深い関係.
(足立区歯と口の健康講座, 東京, 2012年12月)

菅野真莉加,根岸洋一,高橋葉子,八島沙羅,野口江美子,野瀬冬樹,石塚元規,守屋祐美,古屋まど香,中村紫野,相澤 怜,菊池真理子,滝口 尚,新槇幸彦,山本松男:
バブルリボソームと超音波を利用した歯肉への遺伝子デリバリー.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成24年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, pp 35
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成24年度合同シンポジウム, 東京, 2013年3月)

菊池真理子,野口江美子,菅野真莉加,張 家誠,長田翔子,山田純輝,中村紫野,名和千晶,宮澤 康,滝口 尚,山本松男:
キャビテーション噴流を用いたチタン表面のバイオフィルム除去効果について.
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成24年度シンポジウムプログラム・抄録集, pp53
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成24年度シンポジウム, 東京, 2013年3月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,山本 剛,斉藤彰大,榎本拓哉,藤原亮一,美島健二,上條竜太郎,山本松男:
骨・軟骨形成における低分子量Gタンパク質Cdc42の役割.
昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成24年度シンポジウムプログラム・抄録集, pp72
(昭和大学歯学部文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業平成24年度シンポジウム, 東京, 2013年3月 )
2011年業績

原著

Negishi Y, Tsunoda Y, Endo Y, Oda Y, Suzuki R, Maruyama K, Yamamoto M, Aramaki Y :
Local gene delivery system by bubble liposomes and ultrasound exposure into joint synovium.
Journal of Drug Delivery, 2011: Article ID 203986, 2011

Suzuki N, Fukamachi H, Arimoto T, Yamamoto M, Igarashi T :
Contribution of hly homologs to the hemolytic activity of Prevotella intermedia.
Anaerobe, 18:350-356, 2012

Tsukasaki M, Yamada A, Suzuki D, Aizawa R, Miyazono A, Miyamoto Y, Suzawa T, Takami M, Yoshimura K, Morimura N, Yamamoto M, Kamijo R :
Expression of POEM, a positive regulator of osteoblast differentiation, is suppressed by TNF-a.
Biochem Biophys Res Commun, 410:766-70, 2011

小出容子,大槻克文,山本松男,岡井 崇 :
日本人妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響.
産婦人科の実際, 60:1529-1533, 2011

Nagahama Y, Obama T, Usui M, Kanazawa Y, Iwamoto S, Suzuki K, Miyazaki A, Yamaguchi T, Yamamoto M, Itabe H :
Oxidized low-density lipoprotein-induced periodontal inflammation is associated with the up-regulation of cyclooxygenase-2 and microsomal prostaglandin synthase 1 in human gingival epithelial cells.
Biochem Biophys Res Commun, 413:566-571, 2011

Murayama R, Kobayashi M, Takeshita A, Yasui T, Yamamoto M :
MAPKs, activator protein-1 and nuclear factor-κB mediate production of interleukin-1β-stimulated cytokines, prostaglandin E(2) and MMP-1 in human periodontal ligament cells.
J Periodontal Res, 46:568-575, 2011

Mukouhara T, Arimoto T, Cho K, Yamamoto M, Igarashi T :
Surface lipoprotein PpiA of streptococcus mutans suppresses scavengerreceptor MARCO-dependent phagocytosis by macrophages.
Infect Immun, 79:4933-40, 2011

臼井通彦,滝口 尚,史 春,Guruudivaa Enkhzaya,宮澤 康,菅野真莉加,野瀬冬樹,斉藤彰大,菊池真理子,冨永和宏,西原達次,根岸洋一,山本松男 :
超音波照射のヒト歯肉上皮細胞に対する影響について.
日歯保存誌, 54:424-431, 2011

Sugano M, Negishi Y, Endo-Takahashi Y, Suzuki R, Maruyama K, Yamamoto M, Aramaki Y :
Gene delivery system involving bubble liposomes and ultrasound for the efficient in vivo delivery of genes into mouse tongue tissue.
Int J Pharm, 422:332-337, 2012

Aizawa R, Yamada A, Suzuki D, Iimura T, Kassai H, Harada T, Tsukasaki M, Yamamoto G, Tachikawa T, Nakao K, Yamamoto M, Yamaguchi A, Aiba A, Kamijo R :
Cdc42 is required for chondrogenesis and interdigital programmed cell death during limb development.
Mech Dev, 129:38-50, 2012

総説

大槻克文,小出容子,太田 創,澤田真紀,岡井 崇 :
『周産期医学必修知識(第7版)』母子保健編(Part Ⅵ)母子保健 妊婦と歯科保健.
周産期医学, 41(増刊):994-997, 2011

症例報告

滝口 尚,山本松男:
エナメルマトリックスタンパク(EMD)を用いた歯周外科治療.
Dent Med Res, 32: 33-38, 2011

学会報告

矢野亜希子, 鈴木恵子, 山本松男, 山田庄司 :
TLR2アゴニストであるPam3CSK4による破骨細胞形成とマウス頭蓋骨骨吸収作用について.
日歯周誌, 53(春季特別号):106
(第54回春季日本歯周病学会学術大会, 福岡, 2011年5月)

鈴木奈緒子,深町はるか,矢野智也,五十嵐 武,山本松男 :
Prevotella intermediaの溶血素遺伝子群の解析.
日歯周誌, 53(春季特別号):122
(第54回春季日本歯周病学会学術大会, 福岡, 2011年5月)

塚崎雅之,山田 篤,鈴木 大,相澤 怜,宮園あがさ,宮本洋一,須澤徹夫,高見正道,山本松男,上條竜太郎 :
TNF-αは細胞接着分子POEMの発現を抑制し、骨芽細胞分化を制御している.
Dental Med Res, 31:266-267
(第31回昭和歯学会総会, 東京, 2011年7月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,塚崎雅之,山本 剛,立川哲彦,上條竜太郎,山本松男 :
Cdc42は四肢形成において軟骨形成と指間部アポトーシスに必須である.
Dental Med Res, 31:267-268
(第31回昭和歯学会総会, 東京, 2011年7月)

鈴木奈緒子,深町はるか,五十嵐 武,山本松男 :
Prevotella intermediaの溶血素遺伝子群の解析.
Dental Med Res, 31:268
(第31回昭和歯学会総会, 東京, 2011年7月)

塚本康巳,臼井通彦,山本松男,中村雅典 :
マウス接合上皮における自然免疫の特性.
Dental Med Res, 31:268-269
(第31回昭和歯学会総会, 東京, 2011年7月)

矢野亜希子,鈴木恵子,諸橋富夫,有本隆文,唐川亜希子,坂井信裕,五十嵐 武 ,山本松男,山田庄司 :
Pam3CSK4よる破骨細胞形成とラット上顎口蓋骨骨吸収作用について.
Dental Med Res, 31:269
(第31回昭和歯学会総会, 東京, 2011年7月)

菅野真莉加,長田翔子, 榎本拓哉, 斉藤彰大,菊池真理子, 山本松男 :
バブルリポソームと超音波によるマウス舌組織への 遺伝子デリバリーシステムの確立.
Dental Med Res, 31:269-270
(第31回昭和歯学会総会 , 東京, 2011年7月)

小出容子,大槻克文,山本松男,岡井 崇 :
炎症性疾患としての歯周病.
日本周産期・新生児医学会雑誌, 47:324
(第47回日本周産期新生児医学会, 札幌, 2011年7月)

矢野亜希子,鈴木恵子,諸橋富夫,唐川亜希子,山本松男,山田庄司 :
TLR2アゴニストであるPam3CSK4による破骨細胞形成とラット上顎口蓋骨骨吸収作用について.
第29回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,  p246
(第29回日本骨代謝学会学術集会, 大阪, 2011年7月)

塚崎雅之,山田 篤,高見正道,鈴木 大,相澤 怜,宮園あがさ,吉村健太郎,山本松男,上條竜太郎 :
TNF-αは骨芽細胞においてPOEMの発現を抑制し、骨芽細胞分化を制御する.
第29回日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集,  p193
(第29回日本骨代謝学会学術集会, 大阪, 2011年7月)

相澤 怜 :
Cdc42は正常な四肢の軟骨形成と肢芽指間域のアポトーシスに必須である.
先端歯学スクール2011 発表課題名及び要旨抄録一覧,  p5
(先端歯学スクール2011, 神奈川, 2011年9月)

Yano A, Suzuki K, Morohashi T, Arimoto T, Karakawa A, Igarashi T, Shinoda H, Yamamoto M, Yamada S :
Pam3CSK4, a TLR2 agonist, induces in vitro osteoclastogenesis RANKL-independently and resorbs alveolar bone in rats.
J Bone Miner Res, 26(suppl):172
(The Thirty-Third Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, San Diego, September 2011)

Usui M, Fujihara R, Yano A, Saito A, Yamamoto M :
TNF-alpha induce RANKL expression in gingival epithelium through PKA signaling .
J Bone Miner Res, 26(suppl):254
(The Thirty-Third Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, San Diego, September 2011)

Aizawa R, Yamada A, Suzuki D, Kassai H, Harada T, Tsukasaki M, Yamamoto G, Iimura T, Yamaguchi A, Nakao K, Yamamoto M, Aiba A, Kamijo R :
Essential role of Cdc42 in chondrogenesis and interdigital programmed cell death during limb development.
J Bone Miner Res, 26(suppl):270
(The Thirty-Third Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, San Diego, September 2011)

長濱 優,小浜孝士,鈴木一成,臼井通彦,金沢 縁,新井美帆,藤田茉衣子,山本松男,板部洋之 :
酸化LDLによるヒト歯肉上皮細胞からの炎症惹起物質産生とその作用機序に関する研究.
(第84回日本生化学会, 京都, 2011年9月)

西井浩介,臼井通彦,山本 剛,八島沙羅,立川哲彦,山本松男 :
Germ-free mouseを用いた付着上皮特異的感染防御因子の解析.
日歯周誌, 53(秋季特別号):108
(第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 下関, 2011年9月)

長濱 優,小浜孝士,臼井通彦,鈴木 一成,板部洋之,山本松男 :
酸化LDLによるヒト歯肉上皮細胞からの炎症惹起.
日歯周誌, 53(秋季特別号):108
(第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 下関, 2011年9月)

鈴木崇夫,﨑山悠介,小出容子,鈴木基之,山本松男 :
咬合性外傷を伴う慢性歯周炎患者に対して包括的治療を行った一症例.
日歯周誌, 53(秋季特別号):133
(第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 下関, 2011年9月)

鈴木 一成,宮下 元,山本 松男 :
広汎型重度慢性歯周炎患者に包括的歯周治療を行った一症例.
日歯周誌, 53(秋季特別号):136
(第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 下関, 2011年9月)

小出容子,鈴木基之,宮下 元,山本松男 :
ビスフォスフォネート製剤を服用した重度慢性歯周炎患者に歯周組織再生療法を行った一症例.
日歯周誌, 53(秋季特別号):137
(第54回秋季日本歯周病学会学術大会, 下関, 2011年9月)

鈴木奈緒子、深町はるか、東壽一郎、山本松男、五十嵐武 :
Prevotella intermedia の溶血素の網羅的解析.
J Oral Biosci, 53(suppl):154
(第53回歯科基礎医学会学術大会・総会, 岐阜, 2011年9月)

塚崎雅之, 山田篤, 高見正道, 鈴木 大, 相澤 怜, 宮園あがさ, 吉村健太郎, 山本松男, 上條竜太郎 :
TNF-αはPOEMの発現を抑制し、骨芽細胞分化を抑制する.
J Oral Biosci, 53(suppl):168
(第53回歯科基礎医学会学術大会・総会, 岐阜, 2011年10月)

宮園あがさ, 須澤徹夫, 山本 剛, 小野美樹, 相澤 怜, 臼井通彦, 立川哲彦, 槇宏太郎, 山本松男, 上條竜太郎 :
TGF-βによるエナメル芽細胞分化におけるCaspase-14の役割.
J Oral Biosci, 53(suppl):189
(第53回歯科基礎医学会学術大会・総会, 岐阜, 2011年10月)

相澤 怜,山田 篤,鈴木 大,塚崎雅之,山本 剛,飯村忠浩,山口 朗,山本松男,上條竜太郎 :
Cdc42は四肢形成における軟骨形成と肢芽指間域のアポトーシスを制御する.
J Oral Biosci, 53(suppl):138
(第53回歯科基礎医学会学術大会・総会, 岐阜, 2011年10月)

菅野真莉加,Enkhzaya Guruudivaa,齊藤正人,安彦善裕,榎本拓哉,野瀬冬樹,鶴見亜有子,宮園あがさ,臼井通彦,滝口 尚,須田玲子,鈴木基之,山本松男 :
バブルリポソームと超音波を利用した効率的薬物・核酸導入システムの口腔組織への応用に向けた基礎的検討.
日本歯科保存学会 2011年度秋季学術大会(第135回) プログラムおよび講演抄録集,  p70
(日本歯科保存学会 2011年度秋季学術大会(第135回) , 大阪, 2011年10月)

西井浩介,臼井通彦,八島沙羅,山本松男 :
Germ free mouseを用いた付着上皮特異的因子の解析.
Dental Med Res, 32:43
(第31回昭和歯学会例会, 東京, 2011年12月)

長濱 優,臼井通彦,鈴木一成,山本松男 :
酸化LDLによるヒト歯肉上皮細胞における炎症惹起.
Dental Med Res, 32:43-44
(第31回昭和歯学会例会, 東京, 2011年12月)

野瀬冬樹,山口智広,相内敏弘,上原弥未,臼井通彦,山本松男,板部洋之 :
好中球に分化したHL60細胞における脂肪滴の形成とプロスタグランジンE2産生との関連性 .
第34回日本分子生物学会年会プログラム, p 317
(第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 2011年12月)

Aizawa R :
Cdc42 plays essential roles in skeletal development and interdigital programmed cell death during limb development.
QOL2012 International Symposium Program and Abstract Book, ():30
(QOL2012 International Symposium, 新潟, December 2012)

小出容子 :
(招待講演)高血圧と喫煙習慣のある患者に歯周組織再生療法を行った一症例.
(第1回日本歯周病学会関東9大学・日本臨床歯周病学会関東支部合同研修会, 東京, February 2012)

張 家誠,有本隆文,谷口 誠,安藤琢真,山本松男,五十嵐 武 :
Streptococcus gordoniiの貪食回避におけるリポタンパク質PpiAとスカベンジャー受容体との関係解明.
日細菌誌, 67:148
(第85回日本細菌学会総会, 長崎, 2012年3月)

その他

山本松男:
(取材記事)渡邉真由美「熟年健康講座-歯周病(上)」.
デイリースポーツ,6月25日号,2011

山本松男:
(取材記事)渡邉真由美「熟年健康講座-歯周病(下)」.
デイリースポーツ,7月2日号,2011

山本松男:
(講演)歯周病における診断の進歩.
(平成23年度愛知学院大学歯学会主催「学生のための講演会」,名古屋,2011年7月)

山本松男:
(講演)命を守るお口の健康「口腔・歯周とからだの病気の関係」.
(健康大学しながわ2011(品川区公開講座),東京,2011年7月)

鈴木奈緒子,山本松男 :
Prevotella intermediaの溶血素遺伝子群の解析.
(2011東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第3回), 東京, 2011年7月)

菅野真莉加,Enkhzaya Guruudivaa,榎本拓哉,野瀬冬樹,鶴見亜有子,宮園あがさ,臼井通彦,滝口 尚,須田玲子,鈴木基之,山本松男 :
バブルリポソームと超音波を併用した薬物・核酸導入法の口腔組織への応用に向けた基礎的検討.
(2011東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第3回), 東京, 2011年7月)

小出容子:
(講演)歯周病菌はどこからくるの?
(平成23年足立区歯と口の健康講座,東京,2011年11月)

山本松男:
~健康は「歯ぐき」から~ 正しい知識とケアで歯周病を予防しよう.
月刊Healthy Talk,3月号:4-8,2012

山本松男:
(取材記事)黒川 卓「微細な泡で歯周病治療」.
日本経済新聞,3月15日号:11,2012

臼井通彦,藤原亮一,西井浩介,矢野亜希子,斉藤彰大,山本松男 :
TNF-αはPKAシグナルを介して歯肉上皮細胞におけるRANKL発現を誘導する.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, p21
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウム, 東京, 2012年3月)

松本貴志,山田 篤,鈴木 大,相澤 怜,鈴木 航,塚崎雅之,山本松男,馬場一美,上條竜太郎 :
BMP活性制御因子Alx3の骨芽細胞分化制御機構の解明.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, p23
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウム, 東京, 2012年3月)

菅野真莉加,根岸洋一,高橋葉子,榎本拓哉,長田翔子,菊池真理子,江部雅俊,斉藤彰大,八島沙羅,野瀬冬樹,藤原亮一,張 家誠,野口江美子,相澤 怜,臼井通彦,滝口 尚, 新槇幸彦,山本松男 :
バブルリポソームと超音波を利用した遺伝子導入法の口腔組織への応用.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, p29
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウム, 東京, 2012年3月)

有本隆文,張 家誠,五十嵐 武 :
口腔内グラム陽性細菌Streptococcus gordoniiの貪食回避機構.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, p 42
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウム, 東京, 2012年3月)

滝口 尚,菊池真理子,斉藤彰大,榎本拓哉,長田翔子,菅野真莉加,江部雅俊,八島沙羅,野瀬冬樹, 藤原亮一,張 家誠,野口江美子,相澤 怜,宮澤 康,山本松男 :
流水式超音波口腔清掃器の開発.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウムプログラム・抄録集, p47
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成23年度合同シンポジウム, 東京, 2012年3月)
2010年業績

原著

Sakiyama Y, Kato R, Inoue S, Suzuki K, Itabe H, Yamamoto M :
Detection of oxidized low-density lipoproteins in gingival crevicular fluid from the dental patients.
J Periodontal Res, 45:216-222, 2010

Suzuki K, Sakiyama Y, Usui M, Obama T, Kato R, Itabe H, Yamamoto M :
Oxidized low-density lipoproteins increases IL-8 production in human gingival epithelial cell line Ca9-22.
J Periodontal Res, 45:488-495, 2010

Hayashi Y, Matsunaga T, Yamamoto G, Nishii K, Usui M, Yamamoto M, Tachikawa T : Comprehensive analysis of gene expression in the junctional epithelium by laser microdissection and microarray analysis.
J Periodontal Res, 45:618-625, 2010

Sato T, Chida D, Iwata T, Usui M, Hatori K, Takeda S, Yoda T : Non-neuronal regulation and repertoire of cholinergic receptors in organs.
BioMolecular Concepts, 1:357-366, 2010

総説

臼井通彦,山本松男 :
歯周病と全身疾患リスクは?.
肥満と糖尿病, 9:752-753, 2010

臼井通彦,山本松男 :
歯周病が全身に及ぼす影響.
月刊糖尿病, 2:15-20, 2010

著書

鈴木基之 :
4章8.消炎酵素剤は歯周病に有効か.
金子明寛,椎木一雄,天笠光雄,佐野公人,川辺良一(編):
歯科におけるくすりの使い方2011-2014.
東京, 2010, デンタルダイヤモンド社, p186-187

学会報告

塚本康巳,臼井 通彦, 山本 松男,中村 雅典 :
マウス接合上皮における非特異的防御機能の検討.
日歯周誌, 52(春季特別号):113
(第53回春季日本歯周病学会学術大会, 盛岡, 2010年5月)

Shimada E, Kataoka H, Takahashi M, Yamamoto M, Igarashi T :
Naringenin Suppresses the Inflammatory Response Induced by Staphylococcus aureus.
110th General Meeting Final Program, p52
(American Society for Microbiology 110th General Meeting, San Diago, May, 2010)

板部洋之,加藤里奈,﨑山悠介,井上 紳,鈴木一成,益成利幸,山本松男 :
酸化LDLがヒト歯肉溝滲出液中に検出された.
(第63回日本酸化ストレス学会, 横浜, 2010年6月)

島田絵里,片岡嗣雄,高橋真和,五十嵐武,山本松男 :
Actinomyces viscosus のリポタンパク質はTLR2 を介した炎症応答を誘導する.
Dental Med Res, 30:272
(第30 回昭和歯学会総会, 東京, 2010年7月)

小出容子,大槻克文,岡井 崇,山本松男 :
妊婦の歯周病罹患状態が早産に及ぼす影響.
日本周産期新生児医学会誌, 46:424
(第46回日本周産期新生児医学会, 神戸, 2010年7月)

Kato R, Sakiyama Y, Inoue S, Suzuki K, Yamamoto M, Masunari T, Itabe H :
LDL and oxidized LDL were secreted in human gingival crevicular fluids.
(第42回日本動脈硬化学会総会・学術集会, 岐阜, 2010年7月)

山本松男,長谷川篤司,宮澤 康,島田幸恵,北川 昇,丹澤 豪,片岡竜太,槇宏太郎,馬場一美,中村雅典,井上美津子,岡野友宏,宮崎 隆 :
学生臨床能力を評価する臨床実習終了時OSCEの実施について.
(第29回歯科医学教育学会総会・学術大会, 盛岡, 2010年7月)

長谷川篤司,宮澤 康,島田幸恵,北川 昇,倉林仁美,吉濱泰斗,渡辺治爾,谷 千尋,丹澤 豪,菅沼岳史,松田幸子,塚崎弘明,山本松男,井上美津子,宮崎 隆 :
学部統合型の臨床実習終了時OSCEは臨床実習カリキュラムをどう刺激するか?.
(第29回歯科医学教育学会総会・学術大会, 盛岡, 2010年7月)

島田幸恵,五島衣子,伊佐津克彦,宇山理紗,馬谷原光織,長谷川篤司,片岡竜太,山本松男,井上美津子,宮崎 隆 :
臨床実習終了時OSCEにおいて臨床能力評価に用いたAdvanced Medical Interview.
(第29回歯科医学教育学会総会・学術大会, 盛岡, 2010年7月)

その他

塚本康巳,臼井通彦, 山本松男, 中村雅典 :
接合上皮局所における好中球浸潤と炎症性サイトカイン発現に対する検討.
(2010東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第2回), 東京, 2010年7月)

島田絵里,片岡嗣雄,五十嵐武, 山本松男 :
Actinomyces viscosusのリポタンパク質は、TLR2を介した炎症応答を誘導する.
(2010東京医科歯科大学・昭和大学大学院合同発表会(第2回), 東京, 2010年7月)

須田玲子,山本松男,天野 均,佐藤昌史,菅沼岳史,中島 功,長谷川篤司,堀田康弘,真鍋厚史,片岡竜太,佐藤裕二,井上美津子,宮崎 隆 :
昭和大学歯学部6年生選択実習に対する学生意識の調査.
日歯教誌, 26:228-237,2010

山本松男 :
(講演)命を守るお口の健康「日常生活に潜む健康リスクとしての歯周病」.
(健康大学しながわ(品川区公開講座), 東京, 2010年8月)

須田玲子 :
(講演)糖尿病など全身疾患と歯周病.
(足立区竹の塚保健総合センター市民講座:歯周病予防から考える全身の健康, 東京, 2010年9月)

山本松男 :
(講演)歯から始まる健康生活-歯周病と生活習慣病について-.
(文京保健サービスセンター講演会:糖尿病予防教室, 東京, 2010年11月)

小出容子(監修) :
歯で美人力をあげる.
朝昼晩, 27:3-5,2011

臼井通彦,藤原亮一,鈴木一成,宮園あがさ,岡松良昌,山本松男 :
CCL7はNF-kB・NFATの活性化を介して破骨細胞形成を促進する.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム抄録集, p23
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括研究センター平成22年度合同シンポジウム, 東京, 2011年3月)

山田 篤,塚崎雅之,鈴木 大,相澤 怜,宮園あがさ,山本松男,上條竜太郎 :
BMP活性制御因子の探索とその機能解析.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム抄録集, p25
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括研究センター平成22年度合同シンポジウム, 東京, 2011年3月)

滝口 尚,臼井通彦,史 春,宮澤 康,菊池真理子,斉藤彰大,菅野真莉加,野瀬冬樹,山本松男 :
超音波照射による歯肉上皮細胞への影響.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム抄録集, p31
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム, 東京, 2011年3月)

斉藤彰大,滝口 尚,菊池真理子,臼井通彦,山本松男 :
超音波照射口腔内洗浄システムの開発.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム抄録集, p49
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム, 東京, 2011年3月)

天野 均,府川有紀子,脇能 広,唐川亜希子,岡崎雅子,臼井通彦,竹田 秀,山本松男,山田庄司,宮本謙一 :
アドレナリンβ2受容体アゴニストの光学異性体による骨吸収の違いについて.
昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括的研究センター平成22年度合同シンポジウム抄録集, p52
(昭和大学大学院歯学研究科・口腔癌包括研究センター平成22年度合同シンポジウム, 東京, 2011年3月)
2009年業績

原著

臼井通彦,宮園あがさ,山本松男:
リゾリン脂質・LPA(lysophosphatidic acid)の破骨細胞前駆細胞株Raw264.7に対する影響.
口腔組織培養学会誌,19:49-50, 2009

Suzuki K, Takahashi K, Nishimaki-Mogami T, Kagechika H, Yamamoto M, Itabe H:
Docosahexaenoic acid induces adipose differentiation-related protein through activation of retinoid X receptor in human choriocarcinoma BeWo cells.
Biol Pharm Bull, 32: 1177-1182, 2009

Sakiyama Y, Kato R, Inoue S, Suzuki K, Itabe H, Yamamoto M:
Detection of oxidized low-density lipoproteins in gingival crevicular fluid from the dental patients.
J Periodontal Res, 45(2):216-222, 2010

Sato T, Abe T, Chida D, Nakamoto N, Hori N, Kokabu S, Sakata Y, Tomaru Y, Iwata T, Usui M, Aiko K, Yoda T:
Functional role of acetylcholine and the expression of cholinergic receptors and components in osteoblasts.
FEBS Lett, 584(4):817-24, 2010

著書

須田玲子,山本松男(分担執筆):
第6章1.壊死性潰瘍性歯肉炎・歯周炎.
和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博 編.
ザ・ペリオドントロジー 第1版.
京都,2009,永末書店,pp236-237

滝口 尚,山本松男(分担執筆):
第6章2.急性ヘルペス性歯肉口内炎.
和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博 編.
ザ・ペリオドントロジー 第1版.
京都,2009,永末書店,pp238

臼井通彦,山本松男(分担執筆):
第6章3.慢性剥離性歯肉炎.
和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博 編.
ザ・ペリオドントロジー 第1版.
京都,2009,永末書店,pp239-240

小林 誠,山本松男(分担執筆):
第6章4.歯肉線維腫症.
和泉雄一,沼部幸博,山本松男,木下淳博 編.
ザ・ペリオドントロジー 第1版.
京都,2009,永末書店,pp241

滝口 尚,山本松男(分担執筆):
第4章2.予防法の臨床実践Q1(歯肉縁上プラークコントロールの実際は?).
吉江弘正,宮田 隆 監修.
歯周病予防のストラテジー.
東京,2009,医歯薬出版,pp132-134

宮澤 康,山本松男(分担執筆):
第4章2.予防法の臨床実践Q2(歯肉縁下プラークコントロールの実際は?).
吉江弘正,宮田 隆 監修.
歯周病予防のストラテジー.
東京,2009,医歯薬出版,pp 134-136

山本松男(分担執筆):
第4章2.予防法の臨床実践Q6(歯周病予防にもなる口腔乾燥症の対策は?).
吉江弘正,宮田 隆 監修.
歯周病予防のストラテジー.
東京,2009,医歯薬出版,pp 140-143

学会報告

Suzuki K, Obama T, Sakiyama Y, Usui M, Kato R, Yamamoto M, Itabe H:
Oxidized low-density lipoproteins enhance IL-8 production in human gingival epithelial cell line Ca9-22.
(4th International Conference on Phospholipase A2 and Lipid Mediators(PLM2009), Tokyo, May 25-28, 2009)

Suzuki K, Sakiyama Y, Obama T, Usui M, Kato R, Itabe H, Yamamoto M:
Relevance of oxidized low-density lipoproteins (OxLDLs) in human gingival crevicular fluid: OxLDL-induced production of IL-8 in epithelial cell line Ca9-22
(The 5th Takeda Science Foundation Symposium on Pharrma Sciences Bioactive Lipid Molecules and Transporters, Tokyo, May 25-26, 2009)

臼井通彦,宮園あがさ,山本松男:
リゾリン脂質・Lysophosphatidic acid (LPA)の歯肉上皮細胞株Ca9-22への影響.
(第130回日本歯科保存学会春季学術大会,札幌,2009年6月)

向原 正,山本松男,柴田 陽,有本隆文,五十嵐 武:
Streptococcus mutansのリポタンパク質PPiAの役割.
Dental Med Res, 29(3): 286-287, 2009
(第29回昭和歯学会総会,東京,2009年7月)

臼井通彦,宮園あがさ,府川有紀子,林 幸恵,山本松男:
LPA(lysophosphatidic acid)の歯肉扁平上皮癌細胞株Ca9-22に対する影響.
(第27回日本骨代謝学会,大阪,2009年7月)

宮園あがさ,須澤徹夫,山本松男,上條竜太郎:
エナメル芽細胞におけるCaspase-14の役割.
J Oral Biosci, 51(Suppl):139, 2009
(第51回歯科基礎医学会,新潟,2009年9月)

臼井通彦,宮園あがさ,山本松男:
リゾリン脂質・LPA(lysophosphatidic acid)の破骨細胞前駆細胞株Raw264.7に対する影響.
(第46回日本口腔組織培養学会,東京,2009年12月)

向原 正,有本隆文,谷口 誠,高橋真和,山本松男,五十嵐 武:
Streptococcus mutansの貪食抵抗性におけるリポ蛋白質PPiAの役割.
日細菌誌, 65(1):144, 2010
(第83回日本細菌学会総会,横浜,2010年3月27日-29日)

島田絵里,片岡嗣雄,福羅勝久,柴田健一郎,山本松男,五十嵐 武:
NaringeninはS. aureusのTLR2を介した炎症応答を抑制する.
(第83回日本細菌学会総会,横浜,2010年3月27日-29日)

その他

須田玲子(監修):
おとなのための歯みがき法 基本のキ.
シュシュ,6/11号:78-79,2009

山本松男, 須田玲子, 小出容子:
(講演)歯周病と全身-日常生活に潜む健康リスクとしての歯周病-.
Dental Med Res, 29(3):274-277, 2009
(平成21年度昭和大学歯科病院公開講座,東京,2009年7月)

山本松男:
(講演)科学から健康への橋渡し.
(日本歯科保存学会主催市民公開講座,東京,2009年11月)

山本松男:
歯科学が分光学に期待するもの「微生物の見える化は可能か」.
(第8回医用分光学研究会,東京,2010年1月)

滝口 尚,宮澤 康,鈴木一成,須田玲子,山本松男:
バイオフィルム除去を目的とした超音波照射の応用.
昭和大学歯学部口腔癌包括的研究センター平成21年度公開シンポジウム抄録集,p20
(昭和大学歯学部口腔癌包括的研究センター平成21年度公開シンポジウム,東京,2010年3月)

臼井通彦,宮園あがさ,府川有紀子,林 幸恵,山本松男:
LPA(lysophosphatidic acid)は破骨細胞のapoptosisを抑制する.
(昭和大学口腔癌包括的研究センター公開シンポジウム,東京,2010年3月)
2008年業績
Osteoporotic bone formation in mice lacking tob2; involvement of Tob2 in RANK ligand expression and osteoclasts differentiation. Ajima R, Akiyama T, Usui M, Yoneda M, Yoshida Y, Nakamura T, Minowa O, Noda M, Tanaka S, Noda T, Yamamoto T. FEBS Lett. 2008 Apr 16;582(9):1313-8. Epub 2008

宮園あがさ,山田 篤,鈴木 大,趙 宝紅,須澤徹夫,高見正道,小林 誠,山本松男,上條竜太郎: IFN-gによるUGRP2(uteroglobin related protein 2)遺伝子発現抑制機構. 口腔組織培養会誌,17(1):3-4, 2008

森高俊一郎,小林 誠,三井 将,臼井通彦,高田貴虎,滝口 尚,山本松男:培養ヒト歯根膜細胞におけるTwistと各種BMP antagonistの発現制御. Dental Med Res,28(2):67-76, 2008

高野顕一,小林 誠,宮田昌和,村山怜一郎,山本松男: Thy-1分子が歯肉線維芽細胞のコラーゲン貪食に及ぼす作用. Dental Med Res,28(2):77-86, 2008

Takahashi N, Kobayashi M, Takaki T, Takano K, Miyata M, Okamatsu Y, Hasegawa K, Nishihara T, Yamamoto M: Actinobacillus actinomycetemcomitans lipopolysaccharide stimulates collagen phagocytosis by human gingival fibroblasts. Oral Microbiol Immunol, 2008 Jun;23(3):259-64, 2008

Kadomatsu H, Matsuyama T, Yoshimoto T, Negishi Y, Sekiya H, Yamamoto M, Izumi Y:Injectable growth/differentiation factor-5-recombinant human collagen composite induces endochondral ossification via Sox9 expression and angiogenesis in murine calvariae. J Periodontal Res, 2008;043:483-489, 2008

三井将, 小林誠, 森高俊一郎, 臼井通彦, 小出容子, 山本松男: 培養ヒト歯根膜細胞における各種腱・靱帯マーカー遺伝子の発現制御. Dental Med Res, 28(3):137-149, 2008

小林 誠: 併用再生治療の臨床的効果. Dental Med Res, 28(3):195-199, 2008

府川有紀子, 臼井通彦, 天野 均, 山本松男, 山田庄司: Tulobuterolは共存培養系において破骨細胞形成を促進する. Dental Med Res, 29(1):8-13, 2009

鶴見亜有子, 小林 誠, 村山怜一郎, 臼井通彦, 小出容子, 山本松男: ヒト歯根膜細胞中に存在するアルカリフォスファターゼ陽性細胞と陰性細胞の特徴. Dental Med Res, 29(1):28-39, 2009
2007年業績
鈴木崇夫,望月 悟,山本祥子,宮下 元,山本松男: 音波歯ブラシのプラーク除去効果について. 日歯周誌,49(2):120-129, 2007

Koide Y, Morikawa S, Mabuchi Y, Muguruma Y, Hiratsu E, Hasegawa K, Kobayashi M, Ando K, Kinjo K, kano H, Matsuzaki Y:Two distinct stem cell lineages in murine bone marrow. Stem Cells, 25(5):1213-21,2007

Washio-Oikawa K, Nakamura T, Usui M, Yoneda M, Ezura Y, Ishikawa I, Nakashima K, Noda T, amamoto T, Noda M: Cnot7-null mice exhibit high bone mass phenotype and modulation of BMP actions. J Bone Miner Res, 22(8):1217-23, 2007

Saita Y, Takagi T, Kitahara K, Usui M, Miyazono K, Ezura Y, Nakashima K, Kurosawa H, Ishii S, Noda M:Lack of Schnurri-2 expression associates with reduced bone remodeling and osteopenia. J Biol Chem, 282(17):12907-15, 2007

奥津朋彦,小林 誠,小出容子,高田貴虎,滝口 尚,山本松男: 培養歯根膜細胞中における各種間葉系前駆細胞の存在確認. 昭和歯会誌, 27(3),165-172, 2007

Oikawa A, Kobayashi M, Okamatsu Y, Shinki T, Kamijo R, Yamamoto M, Hasegawa K: Mitogen-activated protein kinases mediate interleukin-1beta-induced receptor activator of nuclear actor-kappaB ligand expression in human periodontal ligament cells. J Periodontal Res, 42(4):367-76, 2007

Ibi M, Ishisaki A, Yamamoto M, Wada S, Kozakai T, Nakashima A, Iida J, Takao S, Izumi Y, Yokoyama A, Tamura M: Establishment of cell lines that exhibit pluripotency from miniature swine periodontal ligaments Arch. Oral Biol, 52:1002-1008, 2007

Miyazono A, Yamada A, Morimura N, Takami M, Suzuki D, Kobayashi M, Tezuka K, Yamamoto M, Kamijo R: TGF-β suppresses POEM expression through ERK1/2 and JNK in osteoblasts. FEBS Lett, 581:5321-5326, 2007

木村裕一, 松本光吉, 中村幸生, 渡辺治爾, 増田宜子, 山田嘉重, 木下潤一朗, 川中岳雄, 山本松男, 佐藤裕二, 岡野友宏, 宮崎 隆: 昭和大学歯学部カリキュラムの選択実習 歯内療法科について アンケート結果を中心として. 昭和歯会誌27(4):277-283, 2007

手島陽子,伊田 博,船津敬弘,高田貴奈,矢野雄一郎,鈴木崇夫,鈴木基之,山本松男,井上美津子: 中国長春市在住小学生のう蝕罹患状況 -2001年と2005年の比較-. 小児歯誌,45(5):611-616, 2007

Usui M, Xing L, Drissi H, Zuscik M, O'Keefe R, Chen D, Boyce BF: Murine and chicken chondrocytes regulate osteoclastogenesis by producing RANKL in response to BMP2. J Bone Miner Res, 23(3):314-25, 2008

宮園あがさ, 山田 篤, 鈴木 大, 趙 宝紅, 須澤徹夫, 高見正道, 小林 誠, 山本松男, 上條竜太郎: IFN-gによるUGRP2(uteroglobin related protein 2)遺伝子発現抑制機構. 口腔組織培養会誌