ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 脳神経外科

脳神経外科

教授 水谷徹
昭和大学 医学部 脳神経外科学教室
教授 水谷 徹
2012年4月より昭和大学 医学部 脳神経外科学講座を担当させていただいています。1984年に東京大学を卒業後、東京都多摩地区での20数年間を経て脳動脈瘤頚部頚動脈狭窄バイパス術などの特に脳血管障害の手術治療、良性脳腫瘍の手術を中心に取り組んできました。

脳血管障害はカテーテルによる脳血管内治療がめざましく発展しています。また脳腫瘍の治療にも栄養血管を閉塞し、術中出血を軽減できるカテーテル塞栓術を手術前に施行することによって手術が安全になってきました。

2014年9月より、昭和大学藤が丘病院 脳神経外科に、我が国の脳血管内治療第一人者である寺田友昭教授とその門下の血管内治療エキスパートの指導医、専門医を迎え、昭和大学 脳神経外科グループそして、血管内・開頭治療の双方に日本トップレベルの治療を提供していると自負しています。昭和大学病院では奥村浩隆医師が血管内治療のエキスパートとして治療に当たっており良好な成績をおさめています。また、2016年には全国23施設のフローダイバーターステントの先行施設の1つとして認可され、また、昭和大学4施設での年間手術数合計が 1234件と、全国有数の規模となりました。

昭和大学脳神経外科では、すべての患者さんにカテーテル治療と開頭術の両方の面を検討し、治療を受けられる方の立場に立った最良の治療方針をお勧めしています。

詳しくは 脳神経外科運営サイトもご覧ください。

脳動脈瘤

脳動脈瘤は形状や大きさもさまざまで、治療難易度が高いものも含まれ、個々に応じたきめ細かい治療が必要です。現在本邦では、30-40%が血管内治療、60-70%が開頭治療ですが、
昭和大学脳神経外科でも同レベルの施行割合です。
まず頭を開かない血管内治療を検討することが大切ですが、しっかりした開頭術のバックアップは必ず求められ、これがしっかりしていないと、動脈瘤の治療はリスクにさらされます。どちらか一方だけではなく、両方のチームのレベルが高いということが理想です。

昭和大学脳神経外科は、2017年4月には、“脳動脈瘤に強い病院”として、また、診療科長の水谷は夕刊フジ特別版健活手帖 名医50人にも“脳動脈瘤治療の名手として 取り上げていただきました。未破裂脳動脈瘤の手術は、穿通枝という1mmにも満たない極細の動脈を確認する上でも”無血の手術“をめざす必要があります。また、脳動脈瘤の中でも、治療難度の高い動脈瘤の経験も多く、特に解離性脳動脈瘤治療経験数は350例を超え、恐らく世界一と自負しています。

治療難度の高い動脈瘤は、ほかに(2001.7-2016)大型巨大動脈瘤(15mm以上)93件、傍前床突起内頚動脈瘤110件、後頭蓋窩動脈瘤124件の手術を経験しています。傍前床突起内頚動脈瘤は視神経に近く特殊な技術を要する動脈瘤ですがマイクロリウエルで前床突起を安全に削除し、視神経を保護する技術を開発して良好な成績をおさめています。

また特に大型動脈瘤は個々の分枝血管や、血流動態のバリエーションが多く、治療には経験値と技術が必要です。われわれは、最新の画像技術、血管内治療と開頭術の連携によって、個々の方ごとにきめ細かく計画した治療を行っています。

脳動脈瘤、解離性脳動脈瘤のセカンドオピニオンも積極的に受け入れています。特に脳動脈瘤は一つ一つ大きさ、形状、部位がかなり異なるため、手術難易度のバリエーションが多く、それに対応できる医師を選ぶ必要があります。

頚部頚動脈狭窄

頚部頚動脈狭窄の治療も当科が得意とするところです。水谷が主導した頚動脈内膜剥離術は約800件,寺田友昭教授、奥村浩医師が主導した頚動脈ステントは1500件を超える治療数となり、両方で治療数、成績とも本邦トップの実績です。

脳腫瘍、機能外科

昭和大学脳神経外科では、脳血管障害と同じく脳腫瘍(下垂体腺腫、髄膜腫、神経鞘腫、神経膠腫、転移性脳腫瘍など)、機能外科(顔面けいれん、三叉神経痛)に力を入れています。これらの担当は清水克悦 准教授です。清水准教授は、手術難度の高い頭蓋底腫瘍、聴神経腫瘍の経験も豊富です。また、顔面けいれん、三叉神経痛では低侵襲の鍵穴手術を行い、良好な成績をおさめており、全国から患者さんが紹介されてきます。

治療経験と実績

水谷が科長となった前任地の東京都立多摩総合医療センターから昭和大学での2001.7-2016年の期間にわたって主導した脳神経外科手術件数が8392件でした。その中でも術者、指導助手、監修者として、脳動脈瘤クリッピング術1690件、頚部頚動脈内膜剥離術771件、脳血管バイパス術437件、脳腫瘍摘出術966件と日本有数の規模の手術にかかわってきました。また脳動静脈奇形 (AVM) の手術経験も100件を超えています。また昭和大学藤が丘病院寺田友昭教授の血管内治療経験は3000件近くとなっています。

脳血管障害の手術においては、2017年4月より技術認定制度が導入され、脳動脈瘤開頭術、頚動脈内膜剥離術、バイパス術の3つの手術経験が認定医、指導医の手術資格の対象となります。昭和大学脳神経外科は上記3つの手術数が全国有数で、多くの認定医、指導医を輩出いたします。

診療のコンセプト

多くの手術において安定した結果を出すためには、"安全、確実"が何より大切だと考えています。すべての患者さんについて、その一人一人について、スタッフ一同できめ細かくデータを検討し、最新の画像システムを取り入れて、切らないことも含めて、最良の治療方針を、お勧めしています。手術を受けられた方は、定期検査を施行し長期にわたりフォローを行っています。

充実した研修体制のもと、研修医、入局者を広く募集しています。

急性期脳卒中(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血)、頭部外傷を中心とする2-3次救急疾患は24時間体制で積極的に受け入れています。スタッフ一同、よろしくお願いいたします。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

研修医募集

当科では研修医を募集しています。

詳細はこちら

診療担当医紹介

写真
水谷 徹
(脳神経外科のサイトで紹介記事をご覧いただけます)
 教授 脳血管障害
脳動脈瘤クリッピング術
頚部頚動脈内膜剥離術

バイパス術
解離性脳動脈瘤、脳血管病理、
良性腫瘍(聴神経腫瘍、髄膜腫ほか)
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳卒中の外科学会技術指導医

清水 克悦
 准教授 顔面けいれん、三叉神経痛の手術
良性腫瘍(髄膜腫、聴神経鞘種ほか)、頭蓋底腫瘍など
脳動脈瘤クリッピング術頚部頚動脈内膜剥離術、バイパス術
脳虚血耐性の基礎研究
 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医

杉山 達也
講師 脳血管障害
脳動脈瘤クリッピング術頚部頚動脈内膜剥離術、バイパス術
良性腫瘍(髄膜腫ほか)
小児脳神経外科、神経内視鏡手術
日本脳神経外科学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医
日本脳卒中学会専門医
日本脳卒中の外科学会技術指導医

奥村 浩隆
助教 脳血管内治療、脳動脈瘤塞栓術、頸動脈ステント留置術、脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、超急性期脳梗塞再開通療法、脳血管障害 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

鷲見 賢司
助教・
医局長
脳神経外科一般 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
 

中條 敬人
助教 脳神経外科一般 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医

桑島 淳氏
助教 脳神経外科一般 日本脳神経外科学会専門医

佐藤 洋輔
助教 脳神経外科一般、てんかん外科、機能外科 日本脳神経外科学会専門医
てんかん専門医

松本 政輝
助教 脳神経外科一般 日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医

廣瀬 瑛介
助教 脳神経外科一般  日本脳神経外科専門医

新井 晋太郎
助教 脳神経外科一般  

山口 巌史
助教 脳神経外科一般  

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8