内科(呼吸器・アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、腫瘍内科)

お知らせ

診療科紹介

腫瘍内科_嶋田顕内科責任者
嶋田 顕
当科は、消化器センター、循環器センター、脳血管センターに属さない内科系の中で呼吸器・アレルギー内科、リウマチ・膠原病内科、糖尿病・ 代謝・内分泌内科、腎臓内科、腫瘍内科の5診療科から構成されております。それぞれの疾患の専門医師が外来および病棟において診療を行っておりますが、高齢者などの複数の疾患を有する患者さんも臓器横断的に各内科診療科と協力して診療にあたっております。何科に受診すればいいのか判断のつかないような症状の患者さんの相談にも対応しております。

診療科概要

呼吸器・アレルギー内科

呼吸器・アレルギー内科_岡田壮令診療責任者
岡田 壮令
呼吸器・アレルギー内科は気管支喘息の診断、治療や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの診療を得意としています。また、気管支鏡検査や呼吸機能検査の他、感染性肺疾患、一部の間質性肺炎を含むびまん性肺疾患の診断、治療など以下のような疾患について対応しています。なお、当科単独で対応しきれないCTガイド下肺生検や喀血治療のための気管支動脈造影、塞栓術などは、状況により放射線診断科の協力を得た上で対応しています。また、胸腔鏡、縦隔鏡などが必要となる際は、旗の台の本院、ならびに近隣の外科対応可能な施設に診療をお願いする場合があります。

特徴的な診療領域

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患などの診療を得意としています
気管支喘息の診断・治療や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの診療を得意としています。また、気管支鏡検査や呼吸機能検査のほか、感染性肺疾患、一部の間質性肺炎を含むびまん性肺疾患の診断・治療などにも対応しています。当科単独で対応しきれない CT ガイド下肺生検や喀血治療のための気管支動脈造影、塞栓術などは、状況により放射線診断科の協力を得た上で対応いたします。胸腔鏡、縦隔鏡などが必要となる際は、昭和大学病院の本院、ならびに近隣の外科対応可能な施設に診療をお願いする場合もあります。

リウマチ・膠原病内科

リウマチ膠原病内科_笠間毅診療責任者
笠間 毅
当科は2014年に現病院の開院とともに新規に設立された診療科です。
関節リウマチをはじめとし、数多くある膠原病疾患の診断から治療、合併症の治療まで外来や入院での治療を一貫して行っています。当科の特徴として最も患者さんの人数が多い関節リウマチを主な対象とし、関節超音波を用いた診断治療を行なっています。超音波検査は合併症のリスクがないため、体調に不安のある方も安心して受けて頂くことが可能となっています。また、都内でも数少ない母性外来を設立いています。関節リウマチなどの膠原病疾患をお持ちの患者さんが安心して妊娠・出産ができるようにサポートすることを目的としています。また、男性の患者さんの相談も受けております。

診療体制

月曜日から木曜日の平日に専門外来診療を行っています。関節超音波検査は第3水曜日を除く水曜日午後および第2土曜日午前に行っています。

診療方針

膠原病疾患に関しては厚生労働省の定める指定難病にあたる疾患が多くあります。一つの病気でも患者さんごとに症状は全く異なるため、病気を正しく理解していただくことが最善の治療につながると考えております。病気を治療することはもちろんですが、不安な気持ちを取り除くことも使命であると考えており、丁寧な説明と質問しやすい雰囲気作りを心掛けています。

特徴的な診療領域

主治医となり寄り添う医療を目指しています
膠原病専門医である医師3名で診断から治療まで一貫して行っております。膠原病疾患には幾通りもの治療法があり、その方に最適の治療を提供できるよう対話を大事にしています。また、膠原病疾患の患者さんで、妊娠・出産を考えられている方を対象とした、都内でもまだ珍しい母性内科を設けています。

医療従事者の方へ

関節リウマチをはじめとした膠原病疾患の診断は単一の検査で行うことは難しいことが常かと思います。膠原病疾患が否定できない患者さんがいらっしゃいましたら、当科へご紹介いただけますと幸いです。

糖尿病・代謝・内分泌内科

当診療科では1型・2型糖尿病に加え、妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠に対して専門的に診療を行う妊婦外来を開設し、産婦人科と密接に連携をとり妊婦の血糖管理、出産後のフォローを行っています。外来では境界型から合併症を有する糖尿病まで幅広く対応し、急性合併症である糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群、重症低血糖に対する緊急入院加療、教育入院を積極的に行っています。また周術期血糖管理などの院内他科からの診療依頼へも対応しています。
厳格な血糖管理を行うために外来・入院を問わず強化インスリン療法を主体とした治療を積極的に導入し、理想的な血糖変動になるよう、24時間血糖連続測定検査とインスリンポンプ療法を組み合わせるなどの最新の糖尿病治療も行っています。
また、バセドウ病などの甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患など内分泌疾患全般にわたり各種ホルモン負荷試験、画像検査により診断および治療に当たっています。

特徴的な診療領域

患者さん個々の病態に応じた最新の糖尿病治療
境界型から合併症の有無に関わらず全ての糖尿病に幅広く対応し、急性合併症である糖尿病性ケトアシドーシスや重症低血糖に対する緊急入院、教育入院を実施しています。
外来・入院を問わず病態に応じた経口糖尿病治療薬の選択、強化インスリン療法や GLP-1 アナログ製剤を使用した治療を積極的に導入し、24 時間血糖連続測定検査とインスリンポンプ療法を組み合わせるなどの最新の糖尿病治療も実施しています。
また、甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患など内分泌疾患全般に対して各種ホルモン負荷試験、画像検査による診断および治療を実施しています。

腎臓内科

腎臓内科_松本啓診療責任者
松本 啓
腎臓内科では腎臓疾患全般に対応し、蛋白尿や血尿、原発性および続発性の腎疾患、腎障害に関連する疾患、血液浄化療法やアフェレシスを要する疾患、水・電解質異常、高血圧症などを対象として診療を行っております。ご紹介いただいた患者さんは、急性疾患の場合は病状が落ち着いた時点で逆紹介致します。また、慢性腎臓病では、病期と合併症に対し適切な薬物・食事療法、運動療法を継続して提案する病診連携を実施しております。

特徴的な診療領域

病診連携を積極的に行っています
腎臓疾患全般に対応し、蛋白尿や血尿、原発性および続発性の腎疾患、腎障害に関連する疾患、血液浄化療法やアフェレシスを要する疾患、水・電解質異常、高血圧症などを対象として診療を行っております。ご紹介いただいた患者さんは、急性疾患の場合は病状が落ち着いた時点で逆紹介致します。また、慢性腎臓病では、病期と合併症に対し適切な薬物・食事療法、運動療法を継続して提案する病診連携を実施しております。

腫瘍内科

腫瘍内科_嶋田顕診療責任者
嶋田 顕
当科では主に進行再発消化器癌、術後再発予防のための薬物治療を行っています。また、進行肺癌、転移性進行乳癌や進行重複癌など治療法が多岐にわたる悪性腫瘍についても診療しております。
現在、抗がん剤(殺細胞性抗がん剤、分子標的薬、ホルモン治療薬、免疫チャックポイント阻害薬など)による副作用対策薬剤の進歩により、外来での抗がん剤治療が可能になっています。初回化学療法導入時は教育(服薬指導、副作用対処法の習得など)目的で入院治療を行います。また、点滴による化学療法を施行する患者は抗がん剤の末梢血管投与時の皮膚漏出予防の観点から、ほぼ全例にCVポートを作成しています。放射線治療の併用が必要な治療は放射線治療科と連携しています。進行癌の薬物治療は長期に亘りますので、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、MSWなどの医療スタッフと連携し薬物治療のみならず、治療継続による様々な身体的、社会的な問題に対しての対応も行っています。

特徴的な診療領域

進行再発癌、術後再発癌の化学療法を担当
腫瘍内科では、進行再発癌、術後再発予防のための薬物治療を行っています。殺細胞性抗がん剤、分子標的薬、ホルモン治療薬、免疫チャックポイント阻害薬による副作用対策も行いながら外来中心での治療を行っています。
初回化学療法導入時は教育(服薬指導、副作用対処法の習得など)目的で入院治療を行っています。また、抗がん剤の末梢血管投与時の皮膚漏出予防の観点から、ほぼ全例に CV ポートを作成しています。放射線治療併用時は放射線治療科と連携しています。薬物治療は長期に亘りますので、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、MSW などの医療スタッフと連携し身体的、社会的な問題に対応しています。

主な対象疾患

呼吸器・アレルギー内科

気管支喘息、COPD 、間質性肺炎(肺繊維症 , 器質化肺炎など)、慢性、難治性咳嗽、胸部異常影精査、 呼吸器感染症(各種細菌性肺炎、非結核性抗酸菌など)、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、肺癌、肺 腫瘍、自然気胸

リウマチ・膠原病内科

関節リウマチ、シェーグレン症候群、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、血管炎、 ベーチェット病、成人発症スティル病など膠原病全般

糖尿病・代謝・内分泌内科

1型糖尿病、2型糖尿病、その他の糖尿病(遺伝性、薬剤性などの二次性糖尿病など)
妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠、 低血糖症などの糖尿病全般
甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患、副甲状腺疾患などの内分泌疾患

腎臓内科

蛋白尿、血尿、腎炎・ネフローゼ症候群、原発性腎疾患、糖尿病やリウマチ・膠原病などが原因の続発性腎疾患、水・ 電解質異常、急性腎障害、慢性腎臓病、保存期慢性腎不全、透析療法を必要とする末期腎不全、透析関連合併症、 多発性嚢胞腎、アフェレシス療法を必要とする疾患全般、一次性および二次性高血圧症、痛風

腫瘍内科

食道癌、胃癌、膵臓癌、胆管癌、肝臓癌、結腸癌、直腸癌、肺癌、乳癌、肉腫、原発不明癌

スタッフ紹介

医師名役職資格
笠間 毅病院長・教授日本内科学会認定内科医、指導医、
日本リウマチ学会専門指導医、
日本リウマチ学会評議員、
日本アレルギー学会専門医、
日本炎症学会評議員、日本医師会認定産業医、ICD、医学博士、臨床研修指導医
徳永 剛広講師日本内科学会認定医、
日本リウマチ学会認定専門医、
臨床研修指導医
林 智樹助教日本内科学会認定内科医
岡田 壮令准教授日本内科学会総合内科専門医、
日本呼吸器学会呼吸器専門医、
日本アレルギー学会アレルギー専門医、アレルギー学会代議員、
Infection Control Doctor、
臨床研修指導医
桑原 直太
助教
日本内科学会認定内科医
藤原 明子助教
佐藤 陽子助教(医科)
松本 啓講師日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、
日本腎臓学会専門医・指導医、
日本透析医学会専門医・指導医、
臨床研修指導医
山本 真寛講師総合内科専門医、腎臓専門医、
透析専門医、臨床研修指導医
宮崎 友晃助教
美馬 友紀助教
嶋田 顕教授(員外)がん治療認定医機構認定医、
日本内科学会認定医・総合内科専門医、
日本消化器学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本臨床薬理学会専門医・指導医、
日本医師会認定産業医、
臨床研修指導医
戸嶋 洋和講師がん治療認定医機構認定医、
日本内科学会認定医・総合内科専
門医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化管学会胃腸科専門医、
日本臨床薬理学会専門医、
臨床研修指導医
小林 功治助教がん治療認定医機構認定医、
日本内科学会認定医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、
日本内視鏡学会専門医、
臨床研修指導医
久松 篤助教日本内科学会認定医
山本 剛史講師
小原 絢子助教日本内科学会認定内科医
長池 弘江助教

外来担当医表

内科