放射線診断科

お知らせ

診療科紹介

放射線診断科_長谷川真センター長、診療責任者
長谷川 真
検査依頼を受ける各臨床科、近隣医療機関と十分な連携のもとに、検査、治療を行い、迅速な報告書作成を行っています。他医療施設の画像に関する、コンサルタントも随時受付けています。画像検査、治療、診断の依頼を受けた各診療科、近隣医療機関に役立つ画像情報、医療を 提供することをこころがけ、日々の診療にあたっています。画像検査、IVRの適応、選択に関する質問に随時対応しています。

診療体制

外傷、急性腹症、胸痛などの救急疾患、炎症、腫瘍、奇形等、多くの疾患が画像診断の対象です。客観的な治療効果判定、疾患の経過観察に画像診断は役立ちます。
画像を利用し治療や組織生検を行うIVRは、肝細胞癌の肝動脈化学塞栓療法(TACE)、動注化学療法(TAI)、脾腫に対する脾動脈塞栓術、出血や血管奇形に対する支配動脈塞栓術(TAE)、静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性静脈塞栓術(BRTO)、透析シャント閉塞に対する経皮的血管形成術(PTA)、腎腫瘍に対するTAE、膿瘍ドレナージの他、腫瘍組織生検などが対象となります。

診療方針

CT、MRIおよび血管造影・IVRは、臨床各科と十分な連携のもとに検査、治療を行っています。脳血管センター、周産期センター、整形外科、消化器センターと定期的にカンファレンスを開催しています。
診療時間外に施行された検査は、原則として、翌診療開始時(AM8:30)までに読影しています。

主な対象疾患

外傷、急性腹症、胸痛などの救急疾患、炎症、腫瘍、奇形等、多くの疾患が画像診断の対象です。
客観的な治療効果判定、疾患の経過観察に画像診断は役立ちます。
画像を利用し治療や組織生検を行うIVRは、肝細胞癌の肝動脈化学塞栓療法(TACE)、動注化学療法(TAI)、脾腫に対する脾動脈塞栓術、出血や血管奇形に対する支配動脈塞栓術(TAE)、静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性静脈塞栓術(BRTO)、透析シャント閉塞に対する経皮的血管形成術(PTA)、腎腫瘍に対するTAE、膿瘍ドレナージの他、腫瘍組織生検などが対象となります。

スタッフ紹介

医師名役職資格
長谷川 真教授日本医学放射線学会診断専門医、
日本医学放射線学会研修指導医、
臨床研修指導医
横井 健人講師日本医学放射線学会専門医、
日本IVR学会専門医
三好 布季子助教

医療従事者の⽅へ

医療連携・紹介制度について

 画像診断(CT・MRI)をご予約希望の場合は、医療連携室(03-6204-6130)へ直接ご連絡ください。原則として画像診断報告書は、画像結果(CD-R)と一緒に検査当日に医療連携室より郵送致します。通常は、検査日から2日~3日で紹介医療機関に届きます。
 血管造影・IVRは、治療中または治療後の処置や経過観察が必要になりますので、当該疾患を専門とする各科を通じて治療させて頂きますので、予めご了承ください。 その他疑問点や質問などありましたら、いつでもご相談ください。