消化器センター

診療体制

消化器センターは、消化器内科・消化器外科が中心となり、腫瘍内科・内視鏡センター・放射線科との連携診療を柔軟に行う事を目標としております。各診療科の壁を越え、患者が最良な治療を最短時間で受けられる事を目指しています。現状では、センターだけの特別な窓口はありませんが、患者が消化器内科・消化器外科・腫瘍内科のいずれの診療科で受診されても、消化器疾患であれば、診療科の枠を越えて消化器センターとして最善の治療が提供できるシステムとなっています。
村上雅彦教授センター長
村上 雅彦

特色

外来受診・入院精査後、患者の情報は、週1回の消化器内科・消化器外科カンファレンスにて共有され、悪性疾患では週1回のCancer Boardにて腫瘍内科・放射線科とも共有され、迅速に最良の治療方針が決定されます。現状では、治療側のチーム医療の一環として、患者に最良の医療を提供することが目的のセンター化でありますが、今後は窓口の一本化を目指した改善が必要であると考えております。

特色

医療従事者の方へ

外来患者数(2020年度)

  • 消化器内科外来患者数 36,249人(延数)
  • 消化器・一般外科外来患者数 5,553人
  • 食道外科初診患者数 141人 

入院患者数(2020年度)

  • 消化器内科入院患者数 2,971人(実数)
  • 消化器・一般外科入院件数 1,318件
  •  食道外科入院患者数(のべ人数) 424人

検査・治療実績(2020年度)

                                                                                                                                       
上部消化管内視鏡検査5,502件
胃瘻造設126件
内視鏡的食道粘膜剥離除(ESD)36件
内視鏡的胃粘膜剥離除(ESD)111件
下部消化管内視鏡検査3,676件
内視鏡的大腸粘膜切除(EMR)384件
大腸cold snare polypectomy2,276件
内視鏡的大腸粘膜剥離除(ESD)102件
パテンシーカプセル20件
カプセル内視鏡36件
小腸内視鏡33件
内視鏡的逆行性胆膵造影(ERCP)427件
超音波内視鏡(EUS)182件
超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)112件