インプラントセンター

お知らせ

センター紹介

インプラントセンター_宗像源博センター長
宗像 源博
インプラント治療は現在、歯を失った場合の治療方法(入れ歯やブリッジ)の中で重要な位置づけとなっており、歯を抜いてすぐにインプラントを入れる手技(抜歯即時埋入)や手術をしたその日に歯を作る手技(即時荷重)等の最先端の治療が日本においてもおこなわれています。しかし一方で、骨移植やインプラント手術による神経の麻痺や術後の炎症と感染等の外科的トラブルや、咬み合わせの不具合やインプラント体の破折等の補綴的・機械的トラブル、インプラントに生じる歯周病(インプラント周囲炎)等の生物学トラブル等のインプラントトラブルが数多く報告されております。
当センターは、「安全・安心で高度なインプラント治療の提供と様々なインプラントトラブルに対するリカバリー治療」の実現に向けて、放射線科や麻酔科だけでなく、口腔外科・補綴歯科・高齢者歯科等の様々な診療部門の専門の先生があつまり、患者さんひとりひとりの診査診断~インプラント外科手術~インプラント補綴(上部構造治療)~メンテナンスに関する総合診断と各専門分野による高度なインプラント治療の提供をおこなっております。
また、当センターは日本口腔インプラント学会認定のインプラント相談窓口ともなっておりますのでお気軽にご相談ください。

診療体制

インプラントセンターは、インプラント歯科を中心に歯科放射線科、顎顔面口腔外科、補綴歯科、高齢者歯科、歯周病科それぞれの専門分野の歯科医師によって構成されており、それぞれが専門性の高い医療を提供しております。
インプラントセンター_診療体制

診療方針

当センターは、各診療科の専門スタッフが集合したカンファレンスを毎週おこなっており、患者一人一人の治療方針を立案しております。

特徴的な診療領域

1.安全・安心なインプラント治療の提供

インプラントセンターでおこなわれる全てのインプラント治療は、日本有数の症例数と専門医数を誇るインプラントセンターカンファランスにおいてコンピュータシミュレーション手術にて治療方針を検討しています。さらに、滅菌環境である中央手術室を用いて、静脈麻酔下での無痛的なインプラント埋入手術を行っています。
インプラントセンター_特徴的な診療領域01

2.高度なインプラント治療の提供

1)顎顔面口腔外科
広範囲顎骨支持型補綴装置の治療:口唇口蓋裂のように生まれつきにあごの骨や歯が欠損している患者さんや口腔癌の切除手術などによってあごの骨、歯肉や舌を含めたお口の中の広範な組織を失うことにより重篤な口腔の機能障害をきたした患者さんが適応となります。このインプラント治療は一般のインプラント治療には無い、より高度で専門的な知識と技術を結集することで初めて実現が可能となる先進的な歯科医療です。
インプラントセンター_特徴的な診療領域02
インプラントセンター_特徴的な診療領域03
2)インプラント歯科
他施設では治療困難な骨量の少ない症例や審美性の問題で骨造成や軟組織造成が必要な場合には、サイナスリフトやガイドサージェリーによるGBRを実施し、手術侵襲を最小限に抑えた医療を提供します。さらに、1歯欠損~無歯顎症例において、インプラント埋入と同日に歯の回復をおこなうALL on 4や即時修復・即時荷重を積極的に実施しております。
インプラントセンター_特徴的な診療領域04
3)補綴歯科
光学印象やCAD/CAMを駆使した全顎補綴治療等最先端のインプラント補綴治療を提供いたします
インプラントセンター_特徴的な診療領域05
4)高齢者歯科

高齢の患者さんではすでに多数の歯を失って入れ歯で苦労されている方もおおいと思います。しかし、少数のインプラントを埋入し、入れ歯に磁石やクリップなどつけることで固定することができます(図1)。これをインプラントオーバーデンチャー(IOD)といいます。
IODとすることで、通常の入れ歯と比較し

  1. 入れ歯がずれたり外れたりしにくくなる
  2. (固定式のインプラントには敵わないものの)入れ歯よりかめるようになる

  3. また、固定式と比較しても

  4. インプラントの埋入本数が少なくなるので体の負担と費用が少なくなる
  5. 取り外しができるため、掃除がしやすい

といった利点があります。
特に、インプラントが埋入されている患者さんが寝たきりなどの要介護状態となった場合、IODは患者さん本人だけでなく介護者にとっても固定性に比べて衛生的な環境を作りやすいと考えられています。
インプラントセンター_特徴的な診療領域06

スタッフ紹介

センター長
宗像源博

副センター長
代田達夫 樋口大輔

インプラントセンター指導医
顎顔面口腔外科:代田達夫 
インプラント歯科:宗像源博 佐藤大輔 石浦雄一 山口葉子
補綴歯科:樋口大輔

インプラントセンター認定医
口腔外科:栗原祐史 
補綴歯科:田中晋平 高場雅之 横山紗和子(非常勤) 
インプラント歯科:藤井政樹 山口菊江 林泰生
高齢者歯科:大澤淡紅子 磯部明夫

インプラントセンター専攻医
補綴歯科:池谷賢二 原真央子 
インプラント歯科:酒井隆太郎 石井康太 鈴木匡介(非常勤)茂木知宏(非常勤)
高齢者歯科:寺澤真祐美(非常勤)

医療従事者の方へ

医療連携・紹介制度について

インプラントトラブルのリカバリー治療の提供
近年、インプラント治療が普及していく中で、インプラント周囲炎に代表されるトラブルのリカバリーが大きな課題となっています。当科では、地域医療機関でも問題となっている他院でおこなったインプラント体の破折やスクリューの破折、上顎洞迷入や上部構造の修理、インプラント周囲炎等様々なインプラントにまつわる疾患に関しても積極的に受け入れています。