眼科

診療科・センター紹介

眼科_福成信博診療科長代行
福成 信博
白内障、緑内障、角膜、網膜硝子体疾患、外傷などの眼科全般を診療しています。
白内障手術は、年間1200件以上行っており、日帰りと入院手術が選べます。現在は、半数以上の方が日帰り手術を受けられています。白内障術後に裸眼で遠くを見やすく狙ったり、近くを見やすく狙ったりできますが、この精度を上げるために、手術中に眼内レンズ度数を測定するORAⓇというマシンを導入しております。これは日本ではまだ導入されている施設は限られております。手術中に、今までと全く違う方法で目の中に入れるレンズの度数を算出する装置で、米国ではすでに約600施設で導入されております。今までの方法と合わせてのダブルチェックで精度をあげています。 
この装置の導入に伴って、乱視用眼内レンズの使用頻度も増え、白内障手術による乱視補正もより多くの患者様に行っております。 
また、選定医療となった多焦点眼内レンズの手術は、昭和大学全体での導入を検討しております。この手術は用いるレンズが特殊であるという違いだけで通常の白内障手術と手術テクニックは何ら変わりなく、全く心配なく受けることができます。
網膜硝子体手術は年間300件以上行っています。糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患を、最新の設備で積極的に施行しています。手術は、現在日本国内で主流となった極小切開硝子体手術で行っております。
糖尿病網膜症や網膜裂孔などに対し、外来レーザー光凝固治療を、後発白内障に対して、YAGレーザーによる治療を行っております。
加齢黄斑変性に対しては、硝子体注射を年間700件以上行っており、使用薬剤によって日帰りと入院とで対応しておりますが、現在は8割以上が日帰りとなっています。光線力学療法(PDT)は再開しております。
緑内障手術は、通常のトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)という手術から、難治性緑内障にも対応できるインプラント手術も行っております。低侵襲緑内障手術(MIGS)である白内障手術併用眼内ドレーン挿入や線維柱帯切開術も施行しております。
眼瞼下垂(まぶたが下がる)や眼瞼内反症(逆まつげ)、斜視手術も行っております。
小児眼科の斜視、弱視疾患は午後に特殊外来で診療しており、小児にできるだけ時間をとって検査、診察が受けられるように配慮しています。専門性の高い小児疾患は、小児専門病院へご紹介する場合がございます。入院の未熟児網膜症児に対し、診療を行っております。
涙に関する手術は、現在当院ではほとんど行っておりません。

当院が急性期病院であることから、当科での手術や入院加療などが終了され落ち着かれた患者様には、ご紹介医やお近くの眼科クリニックでの治療をお受けいただくことになっております。

主な診療実績等

(2019年)
内眼/外眼疾患術式
1内眼手術白内障PEA+IOL1,275
2PECCE+ IOL11
3ICCE
4PECCE
5PEA4
62nd IOL26
7後発白内障切開術1
8その他
9緑内障Iridectomy3
10Trabeculectomy5
11Trabeculotomy1
12その他減圧手術37
13網膜硝子体網膜剥離(Backlingのみ)35
14裂孔原性網膜剥離(Vit)59
15眼内異物摘出術1
16網膜硝子体手術(上記以外)195
17硝子体注射700
18強角膜強角膜縫合術5
19角膜角膜移植術1
20その他その他内眼手術19
21外眼手術斜視斜視手術4
22眼瞼眼瞼下垂手術20
23眼瞼内反症手術8
24眼瞼外反症手術
25眼瞼形成術
26眼瞼腫瘤切除5
27重瞼術
28眼球眼球摘出術3
29涙器涙嚢鼻腔吻合術
30涙小管縫合術
31その他涙器に関する手術
32眼表面翼状片手術11
33眼窩視神経管開放術
34眼窩底骨折整復術
35眼窩内側壁骨折整復術
36眼窩内腫瘍
37眼窩内異物摘出術1
38その他その他外眼手術1
内眼手術2,378
外眼手術53
合計2,431

診療体制

初診の方は、宛先医が記載されている紹介状をお持ちの場合はその医師が、それ以外の方は当日外来担当医で振り分けて担当させていただいています。現在、初診担当医制度を導入いたしております。又、初診の方も予約がとれますのでご利用下さい。予約外の方は拝見しますが、順番が遅くなることがあります。

再診の方は、時間予約となっておりますが、眼科では複数の検査を組み合わせて行っており、また、急性期病院の特性から緊急性のある方を優先的に診療いたしますので、診察予約時間は目安であり、申し訳ありませんが1時間以上の遅れが生じることがあります。

主な対象疾患

白内障・緑内障・網膜剥離・糖尿病網膜症・黄斑円孔・網膜前膜・加齢性黄斑変性症・網膜中心静脈閉塞症・未熟児網膜症・眼瞼下垂・内反症・斜視など、眼科領域全般に対する疾患に対し、手術等を含めた治療を行っています。

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
薄井 隆宏
うすい たかひろ
診療責任者・講師網膜硝子体、水晶体、緑内障日本眼科学会:専門医 
遠藤 貴美
えんどう きみ
講師水晶体・眼瞼・緑内障日本眼科学会:専門医
禅野 誠
ぜんの まこと
助教網膜硝子体・水晶体日本眼科学会:専門医
塚越 美奈
つかごし みな
助教水晶体・眼科一般日本眼科学会:専門医
三浦 瑛子
みうら えいこ
助教水晶体、眼科一般
嶌嵜 薫
しまざき かおる
助教水晶体・眼科一般
菊池 孝哉
きくち たくや
助教水晶体、眼科一般

非常勤

医師名役職専門分野資格
南 雅之兼任講師

飯塚 隆兼任講師

塚原 正彦兼任講師

嶋田 摂也兼任講師

外来担当医表

眼科

医療従事者の⽅へ

研究内容

  • 網膜硝子体手術の予後に関する研究
  • 白内障術後感染に関する研究
  • 白内障術後屈折度精度を改善するための術中屈折度に関する研究

医療連携・紹介制度について

当科では原則、ご紹介いただいた患者さんの、治療方針の決定・入院治療・手術治療を主に診療を行っており、出来るだけ早期にかかりつけの先生にお戻しさせていただいております。また、直接受診いただいた患者さんにつきましても、落ち着き次第、近隣の先生方にご紹介させていただいておりますので、ご協力をお願いいたします。緊急疾患については、可能な限り対応させていただいておりますが、円滑な治療を行う上でも、事前にご連絡いただきますようお願いいたします。