リハビリテーション科

診療科紹介

人物NO IMAGE診療責任者
真野 英寿
脳血管疾患急性期、脳腫瘍・神経筋疾患、脊髄損傷、切断義肢、骨関節・リウマチ・変形性関節症、小児神経疾患、循環・呼吸器疾患等のリハビリテーションを対象としています。江東豊洲病院の使命として急性期診療が第一に挙げられますから、発症受傷早期のリスクマネージメントをしながら、早期離床を促進し、適切なリハビリテーションを提供いたします。

また、継続してリハビリテーションを必要とする患者さんには、適切な医療機関への橋渡しをご提案いたします。急性期の患者さんには、リハビリテーションまで含んだ療養の計画が見通せず不安になるものです。初期治療から介護にわたるまでの全体を予測のもと、案内・指導いたします。

特徴的な診療領域

多面的なアプローチによる治療

当院は急性期医療を担当しており、入院患者の早期回復、早期社会復帰を目標にリハビリテーション科専門医師が診察、障害評価や検査を行い、計画立案、リスクの管理をして理学療法士・作業療法士・作業療法士が機能療法を実施いたします。発症初期から在宅に至る様々な障害に対して薬物療法、ボツリヌス毒素 A 注射・神経ブロック療法、装具療法、理学療法、作業療法、家屋評価や住宅改修アドバイス、介護保険・身体障害者の申請など多面的なアプローチを行っています。

義肢・装具作製などは予約制

義肢・装具作製、痙縮ボツリヌス毒素治療、身体障害診断、嚥下機能評価・指導等を予約制で月・水・金曜日に行っています。原則的に外来での機能訓練は行っておりませんが、術後早期に退院となった整形外科疾患や、高次脳機能障害・小児疾患など地域医療へのご紹介が難しい場合は状況に応じて期間限定での外来機能訓練を行っております。

患者の状態にあわせた摂食嚥下リハビリテーション

嚥下内視鏡検査・嚥下造影検査を施行し、患者の状態にあわせた摂食指導や嚥下訓練を行っています。

主な対象疾患

脳血管障害(運動障害、筋痙縮、摂食時下障害、高次脳機能障害など)、脊髄損傷、骨・関節疾患(関節リウマチ、腰痛症、骨粗鬆症など)、多発外傷、神経 - 筋疾患(パーキンソン病、ギランバレー症候群、ポリオ後遺症など)、小児疾患(脳性麻揮など)、切断(義肢・装具の作製を含む)、呼吸 - 循環器疾患(COPD、心筋梗塞後、末梢循環障害など)、悪性腫瘍など。

スタッフ紹介

医師名役職資格
真野 英寿講師 日本リハビリテーション医学会専門医、指導医