小児外科

診療科紹介

成人領域で外科と内科があるように、小児領域にも外科と内科があります。その中で外科を担当しているのが小児外科です。近年医療技術の進歩に伴い、出生前診断が可能となり、胎児期より治療が出来るようになりました。昭和大学病院では、胎児期から出生後までの一貫した新生児医療を行うために、産科(周産期科)、新生児科、小児外科が一体となって科の垣根を越えたチーム医療を行っています。また、小児医療センターとして、小児外科および小児内科が、同様にチーム医療を重視した診療を行っています。小児外科は、すべての器質的疾患の治療にあたり腹腔鏡手術を中心とした低侵襲で整容性を考慮した治療を目指しています。
小児外科 渡井有診療科長
渡井 有

診療体制

小児外科は、昭和大学の3つの病院(昭和大学病院、横浜市北部病院、江東豊洲病院)があり、これらの病院が常に横の連携を重視し、まとまった1つの小児外科診療グループとして患者に対応しています。また、スタッフ全員で患者さんを把握して診ていくという方針で診療に当たり、24時間体制で診療に従事しています。従って、いつでも病状に対応することが可能で、患者さんには安心して治療に専念できる環境を提供しています。
また、手術は胸腔鏡・腹腔鏡を中心とした低侵襲手術を中心に根治性・整容性のともに高い手術を行っています。

診療方針

低侵襲な手術を行い、整容性のみならず根治性の高い手術を行います。

特徴的な診療領域

小児外科は生まれて成長するまでのすべての外科領域を受け持っています。新生児、乳児、学童それぞれに年齢特有の疾患があります。例えば、新生児では先天性疾患、学童では後天性疾患などです。それらの疾患に対して、専門的な知識を持って診療を行っています。

主な対象疾患

  • 呼吸器疾患(胞性肺疾患、横隔膜ヘルニア、肺分画症など)
  • 消化管疾患(壊死性腸炎、食道閉鎖症、腸閉鎖症、直腸肛門疾患、ヒルシュスプルング病、腸回転異常症、肥厚性幽門狭窄症など)
  • 体表疾患(鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、臍帯ヘルニア、リンパ管腫、血管腫など)
  • 肝・胆道疾患(胆道閉鎖症、胆道拡張症など)
  • 泌尿器疾患(腎盂尿管移行部狭窄症、膀胱尿管逆流症など)
  • 固形腫瘍(神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、奇形種など)
  • 日常疾患(乳児痔瘻、腸重積症、急性虫垂炎、異物誤嚥・誤飲、胸腹部外傷、便秘など)

より細かな診療内容や特色の詳細

急性虫垂炎は全例腹腔鏡下手術を行っていますが鼠径ヘルニアでは年齢と安全性を考慮して鼠径法と腹腔鏡の2つの方法を使い分けて手術しています。

スタッフ紹介

医師名
役職
専門分野
資格
渡井 有教授小児外科一般、新生児、腹腔鏡手術、ヒルシュスプルング病、胆道閉鎖症、胆道拡張症日本外科学会専門医・指導医、日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本周産期・新生児学会認定外科医、日本小児救急学会認定医
中山 智理講師・診療科長補佐・病棟医長小児外科一般、新生児日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医
大澤 俊亮講師
小児外科一般、新生児日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医
田山 愛
助教小児外科一般、新生児日本外科学会専門医、日本小児外科学会専門医
土岐 彰客員教授小児外科一般、新生児、胆道拡張症、直腸肛門奇形、漏斗胸、泌尿器疾患、栄養障害など日本小児外科学会専門医・指導医、日本外科学会認定医・指導医、日本胸部外科学会認定医、日本消化器外科学会認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本静脈経腸栄養学会指導医
千葉 正博
兼担教授
小児外科一般、新生児、小児泌尿器、短腸症候群
日本小児外科学会専門医・指導医、日本外科学会専門医・指導医、日本静脈経腸栄養学会指導医

外来担当医表

小児外科

医療従事者の方へ

研究内容

我々の診療に対する理念は、いかに患児および家族のニーズに応えられるかを追及することであり、腹腔鏡・胸腔鏡を積極的に使用し外科的侵襲を最小限にとどめた治療を目指しています。また、小児にとってハンディーキャップとなる手術創は整容性に十分配慮しつつ根治性も損なわれない手術を行っています。小児の器質的疾患を中心に外科の立場から小児医療に少しでもお役に立てればと考えています。地域の先生方と連携をとり、一緒に診療を行いたいと考えています。

診療実績

外来患者数

月曜日から土曜日まで毎日外来診療を行っていますが、緊急時・臨時には随時対応します。外来数年間約3,000人の外来患者さんがいらっしゃいます。

入院患者数

年間280−300人の入院患者さんが手術以外にも検査、保存的療法のため入院されます。

手術実績

年間240−260件の胸部・腹部を中心とした腹腔鏡手術・胸腔鏡手術・開腹手術いずれの手術も行っています。

入院疾患別実績

出生前疾患・新生児外科疾患(食道閉鎖症・先天性十二指腸閉鎖症・小腸閉鎖症・鎖肛)
乳幼児外科疾患(ヒルシュスプルング病・鎖肛)
その他短腸症候群など小児の胸部・腹部疾患を中心に年間260−280件の入院があります。

医療連携・紹介制度について

我々の診療に対する理念は、いかに患児および家族のニーズに応えられるかを追及することであり、外科的侵襲を最小限にとどめた治療を目指しています。また、小児にとってハンディーキャップとなる手術創は整容性に十分配慮する必要があることを強調してきました。今後もこのスタンスを変えることなく診療に当たりたいと考えています。外科の立場から小児医療に少しでもお役に立てればと考えています。地域の先生方と連携をとり、一緒に診療を行いたいと考えています。