消化器内科

診療科紹介

消化器内科 長濵診療科長
長濵 正亞
昭和大学藤が丘病院 消化器内科は、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓の良性・炎症性疾患や、がんなどの悪性疾患全般を対象に診療と研究を行っております。特に内視鏡診療では上下部消化管内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡、超音波内視鏡(EUS)、超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)での診断と食道、胃、大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的胆管結石治療、EUS下インターベンションなどの治療内視鏡を積極的に行っています。また消化管出血、急性胆管炎の緊急胆道ドレナージといった緊急内視鏡も救命センタ—と連携し救急対応を行っております。さらに平成22年度より消化器外科とともに消化器センターとしての診療を開始し内科・外科と密接な協力体制を確立しており、特にがんの診療については消化器内科、消化器外科、腫瘍内科・緩和医療科、放射線科でCancer Boardを週一回開催し、最適な診療方針を決定し実践しております。
近年の高齢化社会の到来により、1つの疾患だけでなくさまざまな合併症を有する方が増えております。また侵襲的な検査・治療を望まない方、切除可能ながんであっても緩和を望まれる方など患者さんの治療ニーズにも変化が生じております。そのような中で低侵襲な内視鏡診断・治療の必要性は高まっており、今後もますます広がっていくと思われます。これからも安全で確実な診療を行えるようスタッフ一同協力して頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

診療概要

早期癌の診断手技に関して、現在の画像診断にとらわれず、コンピュータによる画像解析などの新しい診断技術の検証や開発に取り組みをしております。また治療に関しては、早期癌に対する内視鏡治療の適応拡大の可能性などの問題をはじめ、ピロリ菌除菌後に発生する胃癌の検討、先進医療としての大腸癌に対するESDによる治療、悪性胆道狭窄に対する内視鏡ドレナージなどの治療困難例に対する集学的癌治療に取り組むなど、癌克服にむけて積極的な医療を推進していきたいと考えております。

また劇症肝炎や潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性疾患などの難病などに対しても、積極的な臨床的アプローチをすることにより、少しでも原因の解明や治療法の改善ができるよう努力しております。

主な対象疾患

当科で積極的に診療をしている主な疾患は以下のとおりです。治療は当科だけでなく消化器外科や放射線科とも協力し診療をおこなっています。

  1. 上部消化管領域
    逆流性食道炎、食道・胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症、粘膜下腫瘍、食道・胃・十二指腸ポリープ、早期食道・胃がん、十二指腸がん

  2. 下部消化管領域
    クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管ベーチェット、腸結核、大腸憩室、虚血性腸炎、出血性大腸炎、大腸ポリープ、早期大腸がん

  3. 胆膵領域
    急性胆嚢炎、急性胆管炎、総胆管結石、原発性硬化性胆管炎、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、胆嚢ポリープ、胆道がん、膵がん、神経内分泌腫瘍、膵嚢胞性腫瘍

  4. 肝臓領域
    慢性B型肝炎、慢性C型肝炎、劇症肝炎、その他ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、肝膿瘍、原発性肝がん

  5. その他
    原因不明の消化管出血、小腸腫瘍(リンパ腫、小腸がんなど)

スタッフ紹介

医師名
役職
専門分野
資格
長濵 正亞教授
診療科長
胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、
日本胆道学会認定指導医、
日本膵臓学会認定指導医
山本 頼正准教授
内視鏡センター長
上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、
日本消化管学会胃腸科専門医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
五味 邦代講師
診療科長補佐
上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会総合内科専門医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員、
日本消化管学会胃腸科専門医、
日本肝臓学会専門医、
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
阿曽沼 邦央
講師小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、
日本消化管学会胃腸科専門医
高野 祐一講師胆膵疾患の診断・治療日本内科学会総合内科専門医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員、
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会指導医
花村 祥太郎助教<学外研修中>上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医
遠藤 利行助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・関東支部評議員
鈴木 怜佳助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本肝臓学会専門医
東畑 美幸子
助教上部消化管の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本肝臓学会専門医、
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
小澁 尚子助教消化器一般日本内科学会認定医
小林 孝弘
助教胆膵疾患の診断・治療
日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
田淵 晃大
助教<学外研修中>
消化器一般
日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
新谷 文崇助教<国内留学中>胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
宮尾 直樹助教<学外研修中>
小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医
吉田 詠里加
助教上部消化管の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
岩橋 健太
助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医
長田 真二
助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
日本内科学会認定医
浅見 哲史
助教胆膵疾患の診断・治療
日本内科学会認定医
野田  淳
助教胆膵疾患の診断・治療

松原  大
助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療

山名 瑶子
助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療

山脇 將貴
助教胆膵疾患の診断・治療

河西 千恵
助教(医科)<専攻医>
消化器一般
清水  寛
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

飯髙 正典
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

菰淵 瑛美
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

杉山 美沙紀
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

玉井 直希
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

堤  翼
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

成川 ほの香
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

古川 拓人
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

山﨑 裕太
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

姫井 紅里
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

三宅  麗
助教(医科)<専攻医>
消化器一般

外来担当医表

消化器内科

医療従事者の⽅へ

研究内容

当科では消化管、肝胆膵分野で様々な研究をおこなっています。主なものを以下に記します。
年度
主題
省庁
2010小腸内視鏡によるクローン病小腸粘膜治癒の臨床的意義の検討 
2010白血球除去療法(Leukocytapheresis : LCAP)intensive治療の有効性検討 
2010クローン病発症初期における成分栄養剤の小腸粘膜治癒効果に関する研究自主研究
2011クローン病の小腸狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の有用性、安全性に関する検討多施設共同
2011早期胃癌内視鏡治療及び除菌後の背景胃粘膜の変化ー異時性多発症例の背景胃粘膜の検討自主研究
2011カプセル内視鏡検査成績を中心とした小腸疾患データベースへの症例登録多施設共同
2011潰瘍性大腸炎に対するインフリキシマブの効果予測因子の検討多施設共同
2011クローン病に対するアダリムマブと免疫調節剤併用療法の検討多施設共同
2012シングルバルーン小腸内視鏡と新型シングルバルーン小腸内視鏡(受動彎曲、高伝達挿入部装備)とのランダム化比較試験多施設共同
2012ゲムシタビン不応切除不能・再発膵癌を対象としたゲムシタビン+S-1併用療法とS-1単剤治療のランダム化第Ⅱ相試験多施設共同
2012B型肝炎ウイルスキャリアの急性憎悪による重症肝炎に対する早期免疫抑制療法の劇症化予防に関する調査研究 
2012悪性中下部胆管閉塞に対する術前内視鏡的胆道ドレナージの安全性と有用性を検討する多施設共同後ろ向き研究多施設共同
2012分岐鎖アミノ酸製剤リーバクトⓇ配合顆粒による潜在性肝性脳症の改善効果の検討 
2012C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα-2b+Ribavirin+Telaprevir併用療法の前向き多施設共同コホート研究多施設共同

医療連携・紹介制度について

当科では消化器疾患全般の診断と治療を積極的におこなっています。上部・下部消化管内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡、胆膵内視鏡、超音波内視鏡のほか、各種画像検査を用いた診断だけでなく、積極的に内視鏡治療をおこなっています。また肝炎、肝硬変、肝がんなどの肝疾患の診断・治療も取り組んでいますので、お困りの症例がございましたら、是非ご紹介ください。緊急入院 が必要と思われる場合には、可能な場合は事前にご連絡いただければ幸いです。
食事を食べずに来院するようにしていただければ、当日内視鏡検査にも対応させて頂きます。
地域の先生方との緊密な連携を図っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。