消化器センター 消化器内科

診療科紹介

消化器内科 長濵診療科長
長濵 正亞
 昭和大学藤が丘病院消化器内科は、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓の良性・炎症性疾患や、がんなどの悪性疾患全般を対象に診療と研究を行っております。特に内視鏡診療では上下部消化管内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡、超音波内視鏡(EUS)、超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)での診断と食道、胃、大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的胆管結石治療、EUS下インターベンションなどの治療内視鏡を積極的に行っています。また消化管出血、急性胆管炎の緊急胆道ドレナージといった緊急内視鏡も救命センタ—と連携し救急対応を行っております。さらに令和2年度より消化器・一般外科とともに消化器センターとしての診療を開始し内科・外科と密接な協力体制を確立しており、特にがんの診療については消化器内科、消化器・一般外科、内科(腫瘍・緩和医療)、放射線科でCancer Boardを週一回開催し、最適な診療方針を決定し実践しております。
 近年の高齢化社会の到来により、1つの疾患だけでなくさまざまな合併症を有する方が増えております。また侵襲的な検査・治療を望まない方、切除可能ながんであっても緩和を望まれる方など患者さんの治療ニーズにも変化が生じております。そのような中で低侵襲な内視鏡診断・治療の必要性は高まっており、今後もますます広がっていくと思われます。当科では安全で確実な内視鏡診療に注力しておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

診療概要

早期消化管癌に対する内視鏡治療を積極的に行っており、全周性の表在食道癌、残胃癌、十二指腸腫瘍、通常のポリペクトミー・EMR困難な大腸腫瘍に対するESDも数多く施行しております。また近年増加傾向である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に対しては、近医の先生方と連携し難治性症例の治療(ステロイド、血球成分除去療法、生物学的製剤など)を行っております。治療困難な総胆管結石に対する内視鏡治療を積極的に行っており、小腸鏡を用いたERCPや胆道鏡を用いた電気水圧式結石破砕術(EHL)も行っております。胆膵疾患におけるEUSも年々増加傾向にあり、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)、超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)も積極的に施行しています。悪性膵胆道疾患においては外科・腫瘍内科と密な連携を行い、最善の治療を目指しています。

主な対象疾患

当科で積極的に診療をしている主な疾患は以下のとおりです。治療は当科だけでなく消化器・一般外科や放射線科とも協力し診療をおこなっています。

  1. 上部消化管領域
    早期食道がん・胃がん・十二指腸がん、食道・胃・十二指腸ポリープ、粘膜下腫瘍、逆流性食道炎、食道運動機能異常症、食道・胃静脈瘤、胃・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症

  2. 下部消化管領域
    クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管ベーチェット、腸結核、大腸憩室、虚血性腸炎、出血性大腸炎、大腸ポリープ、早期大腸がん

  3. 胆膵領域
    急性胆嚢炎、急性胆管炎、総胆管結石、原発性硬化性胆管炎、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、胆嚢ポリープ、胆道がん、膵がん、神経内分泌腫瘍、膵嚢胞性腫瘍

  4. 肝臓領域
    慢性B型肝炎、慢性C型肝炎、その他ウイルス性肝炎、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、肝膿瘍、原発性肝がん

  5. その他
    原因不明の消化管出血、小腸腫瘍(リンパ腫、小腸がんなど)

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
長濵 正亞教授
診療科長
胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、
日本胆道学会認定指導医、
日本膵臓学会認定指導医
山本 頼正准教授
内視鏡センター長
上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、
日本消化管学会胃腸科専門医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
五味 邦代講師
診療科長補佐
上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会総合内科専門医、
日本消化器病学会専門医・指導医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員、
日本消化管学会胃腸科専門医、
日本肝臓学会専門医、
日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
阿曽沼 邦央講師小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、
日本消化管学会胃腸科専門医
高野 祐一講師胆膵疾患の診断・治療日本内科学会総合内科専門医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・関東支部評議員、
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会指導医
花村 祥太郎助教<学外研修中>上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医
遠藤 利行助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医・関東支部評議員
鈴木 怜佳助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本肝臓学会専門医
東畑 美幸子助教上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本肝臓学会専門医、
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医、
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
小澁 尚子助教消化器一般日本内科学会認定医
小林 孝弘助教胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医、
日本消化器内視鏡学会専門医、
日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医
田淵 晃大助教<学外研修中>消化器一般日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
新谷 文崇助教<国内留学中>胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
宮尾 直樹助教<学外研修中>小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医
吉田 詠里加助教上部消化管の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医、
日本消化器病学会専門医
岩橋 健太助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医
長田 真二助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療日本内科学会認定医
浅見 哲史助教胆膵疾患の診断・治療日本内科学会認定医
野田  淳助教胆膵疾患の診断・治療
松原  大助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
山名 瑶子助教小腸・大腸疾患の内視鏡診断・治療
山脇 將貴助教胆膵疾患の診断・治療
河西 千恵助教(医科)<専攻医>消化器一般
清水  寛助教(医科)<専攻医>消化器一般
飯髙 正典助教(医科)<専攻医>消化器一般
菰淵 瑛美助教(医科)<専攻医>消化器一般
杉山 美沙紀助教(医科)<専攻医>消化器一般
玉井 直希助教(医科)<専攻医>消化器一般
堤  翼助教(医科)<専攻医>消化器一般
成川 ほの香助教(医科)<専攻医>消化器一般
古川 拓人助教(医科)<専攻医>消化器一般
山﨑 裕太助教(医科)<専攻医>消化器一般
姫井 紅里助教(医科)<専攻医>消化器一般
三宅  麗助教(医科)<専攻医>消化器一般

外来担当医表

消化器センター 消化器内科

医療従事者の⽅へ

研究内容

当科では消化管、肝胆膵分野で様々な研究をおこなっています。主なものを以下に記します。
年度主題省庁
2018
ヘリコバクターピロリ感染状態による分化型胃癌の肉眼型の差に関する組織学的検討
自主研究
2018ヘリコバクターピロリ除菌後胃癌の臨床病理学的特徴の検討
自主研究
2018胆管挿管困難例に対するプレカットの適切なタイミングの検討
自主研究
2018非切除悪性肝門部領域胆道閉塞に対する姑息的ドレナージ法に関する金属ステント対インサイドプラスチックステントの無作為化第II/III相臨床試験
多施設共同
2019表在性非乳頭部十二指腸上皮性腫瘍に対するIT knife nanoを使用したESDの治療成績の検討
自主研究
2019潰瘍性大腸炎患者における白血球数を指標とした免疫調節薬投与と治療効果の検討
多施設共同
2019免疫学的便潜血検査の定量測定による経年大腸がん検診の有用性の検討
多施設共同
2019肝腫瘍に対する経皮的生検と超音波内視鏡下穿刺吸引術の比較検討
自主研究
2020
抗血栓薬新ガイドラインに基づいた胃疾患に対する内視鏡切除に伴う偶発症の検討
自主研究
2020上部消化管内視鏡検査におけるEndo-Splash protective box (ESP box)の安全性に関する単施設単群介入前向き試験
自主研究
2020「胃癌AI診断の精度向上」のための研究
多施設共同
2020潰瘍性大腸炎患者における抗TNF-α抗体薬中止時の免疫調節薬併用と再燃率の検討
多施設共同
2020潰瘍性大腸炎における全身ステロイド投与例のステロイド依存となるリスク因子の探索
多施設共同
2020近位大腸が粘膜治癒にある潰瘍性大腸炎の遠位に残存する炎症と再燃に関する後ろ向き研究
多施設共同
2020急性胆嚢炎に対する新規ステントを用いた経乳頭的胆嚢ドレナージの検討
自主研究
2020SARS-CoV-2 感染症(COVID-19)軽症・中等症における肝障害の検討
多施設共同
2021上部消化管内視鏡検査における萎縮進行度診断に対するNBI非拡大検査の有用性の検討
自主研究
2021上部消化管内視鏡検査/治療におけるEDOFの有用性に関する単施設単群介入前向き試験
自主研究
2021分枝膵管型IPMNの悪性度を予測する因子の検討
自主研究

医療連携・紹介制度について

  • 上部消化管疾患:
腫瘍に対する内視鏡治療を積極的に行っており、ご紹介から1か月以内の内視鏡治療を目指しております。施行可能施設の限られた全周性の表在食道癌、残胃癌、十二指腸腫瘍に対するESDも施行しております。また静脈瘤に対する内視鏡治療、逆流性食道炎等、良性疾患の診断・治療にお困りの症例につきましてもご紹介ください。

  • 下部消化管疾患:
大腸腫瘍の治療では通常のポリペクトミー・EMR困難な症例に対するESDを数多く行っております。また近年増加傾向である炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に対しては、近医の先生方と連携し難治性症例の治療(ステロイド、血球成分除去療法、生物学的製剤など)を行っております。内視鏡治療、炎症性腸疾患にてお困りの症例につきましてはご紹介ください。

  • 胆膵疾患:
急性胆嚢炎・総胆管結石などの良性疾患から膵胆道悪性腫瘍まで、幅広い疾患に対して迅速に対応いたします。術後再建腸管など困難例も積極的に受け入れておりますので、是非ともご紹介ください。

緊急疾患については当日のご依頼も積極的に受けておりますが、緊急疾患でない場合は電話予約枠または患者様からのWEB予約枠を設けております。予約していただきますと待ち時間の少ないスムーズな診療が可能となりますので、ぜひご活用ください。
地域の先生方との緊密な連携を図っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。