内科系診療センター 皮膚科

診療科紹介

皮膚科 中田診療科長
中田 土起丈
皮膚は総面積が約1.6m2におよび、皮下脂肪組織を含めると体重の16%(60kgの人であれば約10kg)にもなります。単なるバリアではなく、内部に存在する線維、毛包、神経、血管,汗腺、皮脂腺などが多様な役割を担っています。さらに、私たちは皮膚を巨大な免疫臓器とも考えております。
当科では皮膚に生じるさまざまな疾患の治療はもちろんですが、原因同定や病態の把握にも力を入れております。そのためにアレルギー性皮膚疾患を対象にしたパッチテストテストやプリックテスト、自己免疫性疾患や皮膚腫瘍の病理組織学的・免疫組織学的検索などを常に行える体制を整えています。

主な対象疾患

  • 湿疹・皮膚炎群 (接触皮膚炎,アトピー性皮膚炎を含む)
  • 蕁麻疹、血管浮腫
  • 紅斑症 (多形紅斑、結節性紅斑など)
  • 薬疹 (Stevens-Johnson症候群などの重症型を含む)
  • 血管炎、紫斑症
  • 水疱症 (天疱瘡、類天疱瘡など)
  • 膿疱症 (掌蹠膿疱症など)
  • 角化症 (乾癬、類乾癬、扁平苔癬など)
  • 肉芽腫性疾患 (環状肉芽腫、サルコイドーシスなど)
  • 脱毛症
  • 皮膚腫瘍
  • 細菌感染症 (蜂窩織炎、丹毒、伝染性膿痂疹など)
  • ウイルス性皮膚疾患 (単純ヘルペス、帯状疱疹、ウイルス性疣贅など)
  • 真菌感染症、虫刺症

治療内容の詳細

  • 皮膚腫瘍 ⇒ 摘除術/冷凍凝固療法
  • 尋常性乾癬 ⇒ ナローバンドUVB全身照射装置による光線療法
  • 尋常性乾癬(重症型)、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症 ⇒ 生物学的製剤による治療(10剤全てが使用可能です)
  • 難治性、胸肋鎖骨間骨化症を伴う掌蹠膿疱症 ⇒ 生物学的製剤による治療
  • 重症アトピー性皮膚炎 ⇒ 生物学的製剤、JAK阻害薬による治療
  • 難治性の特発性蕁麻疹 ⇒ 抗IgE抗体注射療法
  • 重症薬疹 ⇒ ステロイド全身投与/グロブリン静注療法(入院)
  • 難治性の天疱瘡、類天疱瘡 ⇒ ステロイド全身投与/グロブリン静注療法(入院)

自費診療
  • 難治性のウイルス性疣贅(イボ) ⇒ 塩酸ブレオマイシン局注療法
  • 難治性脱毛症 ⇒ SADBE(squaric acid dibutylester) 外用療法

専門外来

内科系診療センター 皮膚科
すべて開く
アレルギー・自己免疫疾患外来
アレルギー性皮膚疾患の原因物質同定、天疱瘡等の自己免疫性疾患のフォローを行なっています。
アレルギー性皮膚疾患の原因物質を同定する目的で下記の検査を施行します。
  • パッチテスト:アレルギー性接触皮膚炎のほか、金属アレルギーが疑われる患者さんも対象にしています。
  • プリックテスト:接触蕁麻疹や口腔内アレルギー症候群の原因物質を同定するために行います。
尋常性天疱瘡などの自己免疫性疾患の患者さんの診察も併せて行なっています。
難治性感染症外来
難治性疣贅、細菌感染症等を対象にしています。
  • 難治性のウイルス性疣贅に対する塩酸ブレオマイシン局注療法
他に蜂窩織炎などの細菌性疾患も対象にしています。

スタッフ紹介

医師名役職専門分野資格
中田 土起丈
(なかだ ときお)
教授(員外)接触皮膚炎日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本皮膚科学会東京支部代議員
日本皮膚免疫アレルギー学会代議員
日本香粧品学会評議員・雑誌編集委員
American Academy of Dermatology
臨床研修指導医
伊藤 雄太
(いとう ゆうた)
講師
診療科長補佐
皮膚科学一般臨床研修指導医
鈴木 茉莉恵
(すずき まりえ)
助教皮膚科学一般日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
臨床研修指導医
荻原 麻里
(おぎはら まり)
助教皮膚科学一般日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
武井 華子
(たけい はなこ)
助教(病院長直属)皮膚科学一般日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
大草 健弘
(おおくさ たけひろ)
助教(医科)皮膚病理組織学
関 満里奈
 (せき まりな)
助教(医科)皮膚科学一般
保坂 浩臣
(ほさか ひろおみ)
横浜市北部病院
准教授
薬疹日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
臨床研修指導医
飯塚 崇志
(いいづか たかし)
兼任講師皮膚科学一般日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
岩井 信策
(いわい しんさく)
昭和大学病院
兼任講師
皮膚外科日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

外来担当医表

内科系診療センター 皮膚科

医療従事者の⽅へ

診療実績(2020年度)
  • 外来患者数:11,704名
  • 入院患者数:530名
  • 皮膚生検・手術施行件数:360件 

研究内容

  • AMED 医薬品等規制調和・評価研究事業 「医薬品等の動物試験代替法の開発及び国際標準化等に関する研究」
  • アレルギー性接触皮膚炎の原因物質に関する研究 (Japanese Contact Dermatitis Research Group)
  • 接触蕁麻疹の原因物質に関する研究
  • 皮膚腫瘍に関する疫学的研究

医療連携・紹介制度について

いつも患者さんをご紹介いただき、ありがとうございます。
急性期病院という当院の役割を認識した病診連携を進めさせていただく所存です。具体的には、必要な諸検査や急性期治療を当科で担当させていただき、その後の治療は原則として御紹介いただいた先生の元で行っていただくようにしていきたいと考えております。

なお、設備等の関係で下記の治療・検査は行っておりません。ご了承ください。 
  • レーザー療法:形成外科にお願いしています。
  • 光線過敏症に関する検査:昭和大学病院に依頼しています。
  • エキシマライトによる尋常性白斑などの治療  
  • 化学物質過敏症の原因検索