精神科

診療科紹介

岩波昭診療科長
岩波 明
当科では、統合失調症、双極性障害、うつ病、不安症、パニック症、認知症、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、てんかん、依存症など、精神科/神経科領域の疾患に広く対応しており、特に、急性期症状への対応に重点を置いています。

診療体制

主な初診医とその専門領域は、スタッフ紹介をご参照ください。

診療方針

当科の診療方針は、個々の担当医師に任されていますが、薬物療法を中心として、精神療法、修正型電気けいれん療法、デイケア、作業療法といった包括的な診療を行っています。

特徴的な診療領域

当科では、専門外来として発達障害外来、ADHD外来、思春期外来、アディクション専門外来、高齢者外来、ジェンダー外来、ペインクリニックを併設しています。

主な対象疾患

  • 統合失調症
  • 双極性障害
  • うつ病
  • パニック症
  • 全般性不安症
  • 強迫症
  • 認知症
  • 不眠症
  • 自閉スペクトラム症
  • 注意欠如・多動症
  • てんかん
  • 依存症

専門外来

スタッフ紹介

医師名役職専門分野
岩波明教授精神生理学
高塩理准教授臨床精神医学、不安症
真田建史准教授臨床精神医学、生物学的精神医学
太田晴久准教授臨床精神医学、発達障害
常岡俊昭講師社会精神医学、依存症
田中宏明講師老年精神医学、認知症
笹森大貴講師臨床精神医学
幾瀨大介講師臨床精神医学
中村暖講師臨床精神医学

外来担当医表

精神科

医療従事者の方へ

研究内容

精神疾患の病態生理の解明や治療法の開発について、公的研究助成を受けて研究しております。

進行中の研究

年度代表・分担研究事業主題省庁
令和元年度
 (2/2)
分担研究障害者政策総合研究事業(身体・知的等障害分野)発達障害診療専門拠点機関の機能の整備と安定的な運営ガイドラインの作成のための研究厚生労働省
令和元年度
 (2/3)
研究代表長寿・障害総合研究事業障害者対策総合研究開発事業(精神障害分野)発達障害を有する大学生(中退者・引きこもりを含む)へのショートケアプログラム開発と包括的支援システムの構築国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
令和元年度
 (2/6)
分担研究戦略的国際脳科学研究推進プログラム脳科学とAI技術に基づく精神神経疾患の診断と治療技術開発とその応用国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
令和元年度
 (2/3)
分担研究戦略的国際脳科学研究推進プログラム多施設間・定量的脳機能計測実現に向けたMRI標準化技術開発国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
令和元年度
 (2/6)
分担研究戦略的国際脳科学研究推進プログラム国際MRI研究連携によるAYA世代脳発達および障害のメカニズム解明国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
令和元年度
 (1/3)
研究代表科学研究費補助金  基盤研究(C)アイトラッカーを用いたADHDとASDの視線計測に関する研究文部科学省
令和元年度
 (2/4)
研究代表若手研究強制入院下における依存症治療の長期予後調査文部科学省
令和元年度
 (4/4)
分担研究科学研究費補助金  基盤研究(C)母と娘の脳は似ている?:うつ病における女性優位な世代間効果の生物学的基盤の検出文部科学省

医療連携・紹介制度について

受診について

「紹介状」、「診療情報提供書」(書式は問いません)にご記入いただき、患者さんの受診時にお渡しください。
精神科一般外来(初診および再診)
精神科一般外来の初診は予約制ではございません。受付時間内にお越しください。
患者さんの入院をお考えの場合は、事前に総合サポートセンターに患者さんの病状や状況の概要をお聞かせください。
外来診療のご案内をいたします。
貴院の紹介状および保険証・各種医療受給者証を持参するようご説明をお願いいたします。
再診は予約制になっており、初診時または再診時に次回の予約を医師と確認していただくことになっております。

発達障害圏の初診および再診は、以下のとおり専門外来(予約制)にて行います。
専門外来

診察のご報告について

診察結果については、担当医より書面にて速やかにご報告いたします。
総合サポートセンターよりご郵送いたしますので、ご確認ください。

入院について

総合サポートセンターへご連絡いただき、病状や状況をお聞かせください。
入院治療につきましては、当院の医師が診察の上、入院の適否を判断させていただきますので、ご理解のほどお願いいたします。
患者さんご自身の受診が困難な場合も、相談や診療情報提供により対応可能な場合もございます。
入院の日時はベッドの空き状況で決まります。満床の場合はお待ちいただく場合がこざいます。なるべく迅速な対応を心がけるよう努力いたしますが、予めご了承ください。

総合サポートセンターへの事前相談がなく、即日入院が必要な患者さんが「紹介された」として突然来院されることがあります。このような状況でベッド調整がつかない場合は入院の受け入れができないため、患者さんやご家族等にご迷惑をおかけすることとなってしまいます。入院が想定される場合には、事前に総合サポートセンターへご相談くださるようお願いいたします。
お問い合わせ先
昭和大学附属烏山病院 総合サポートセンター
平日
TEL:03-3300-5329
受付時間:8:30~17:00
土曜
TEL:03-3300-5231
受付時間:8:30~13:00