ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療科長 准教授
笠井 史人
リハビリテーション医学は活動(生活)の障害に対処する医学・医療の領域です。特徴的なのは病気やけがの解決だけでなく、たとえ障害が残っても個人に対してのみならず、その人をとりまく環境に対しても対応することで活動性を高めることにつなげて行きます。すなわち、機能の回復を促進するだけでなく、従来の医療によって改善できない状態に対しても残された能力を最大限に発揮できるように道具の使用や環境を整備することで生活がより良い状態になるように支援します。具体的な障害としては麻痺、筋力低下、変形、痛み、しびれ、先天異常、言語障害、高次脳機能障害、摂食嚥下障害などが対象となります。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

医師名 役職 専門分野 資格
 笠井 史人 准教授・診療科長  リハ医学全般、脳卒中、脊髄障害、内部障害(呼吸器) 日本リハビリテーション医学会専門医・指導医、摂食嚥下リハビリテーション認定士、義肢装具適応判定医、日本内科学会認定内科医、身体障害者福祉法第15条指定医師、ICD(日本集中治療医学会)
 田中 雅子 助教・診療科長補佐  リハ医学全般  日本リハビリテーション医学会専門医
 飯田 守 助教(医科)  リハ医学全般  
 依田 光正 准教授
(非常勤)
 リハ医学全般、嚥下障害 日本リハビリテーション医学会専門医、摂食嚥下リハビリテーション認定士、義肢装具適応判定医、日本内科学会認定内科医、日本脳卒中学会専門医、身体障害者福祉法第15条指定医師
 真野 秀寿 講師
(非常勤)
 リハ医学全般、小児リハ  日本リハビリテーション医学会専門医、技師装具適応判定医、身体障害者福祉法第15条指定医師
 杉山 智子 助教(医科)
(非常勤)
 リハ医学全般  

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学病院 All Rights Reserved.
〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8