脳血管センター 脳神経外科

診療科紹介

脳神経外科_池田尚人センター長
池田 尚人
脳神経内科_神谷雄己脳神経内科診療科長
神谷 雄己
脳血管センターは、東京東部医療圏の脳卒中診療を担うため組織された診療科であります。脳神経外科は、外科的診療を担当します。一方、地域病院としての責務もあるので外傷や脳・血管の異常により発生する疾患は、他の関係診療科と連携し対応いたします。定期手術は、血管内手術チーム、他の昭和大学のスタッフと協力のもと手術を計画します。

① 急性期手術:脳血管センターは、24時間体制で脳卒中急性期を対応しております。特に超急性期血行再建治療では早く治療が開始できるよう工夫しており、開頭手術、血管内手術の両方が行えるようオンコール体制を整えております。
② 非急性期手術:脳血管の狭窄・閉塞が原因で発生する疾病に対し、予防手術が必要な場合は、血行再建術等を行います。無症候性病変に対しては、診断を行った後、年齢・職業等の日常生活を考慮し患者さんと話し合い最良と思われる治療計画を提案します。

診療体制

脳血管センター
脳卒中センターとしての機能
東京東部医療圏の脳卒中診療を担うため組織されました。脳卒中の急性期診療は、脳神経内科と脳神経外科の垣根をとり当直体制も含め365日24時間体制で対応しております。
一般外来
地域病院としての一般脳神経外科診療。
脳神経外科の外来は、火曜日以外の月~日(午前)。
病棟
脳神経外科の入院は、病態を考慮し救急病棟、ICU、一般病棟(6B)を使用します。
手術
手術・集中治療に必要な神経モニターおよび手術支援機器
手術と神経治療を安全かつ確実に治療するための機器を完備しております。
Ⅰ 手術支援機器:手術ナビゲーションシステム、神経内視鏡、術中脳血管撮影装置
Ⅱ 神経モニター:神経モニター(聴性誘発電位、体性感覚誘発電位、視覚誘発電位、運動誘発電位)、神経刺激装置
Ⅲ ベッドサイドモニター:持続脳波計測装置、近赤外線脳酸素モニター

診療方針

Ⅰ 急性期手術
脳血管センターは、24時間体制で脳卒中急性期を対応しており、特に超急性期血行再建治療では早く治療が開始できるよう工夫しております。開頭手術、血管内手術の両方が常に行えるよう人員を配置しオンコール体制を整えております。
Ⅱ 非急性期手術
脳血管の狭窄・閉塞が原因で発生する疾病に対し、予防手術が必要な場合は、血行再建術等を行います。無症候性病変に対しては、診断を行った後、年齢・職業等の日常生活を考慮し、患者さまと話し合い最良と思われる治療計画を提案致します。

特徴的な診療領域

非急性治療の紹介

Ⅰ 予防手術
慢性期の血行再建術、未破裂脳動脈瘤や無症候性病変の治療を上記記載の手術支援機器を用いて安全な手術に努めております。このような手術は、年齢、職業や生活環境により治療目標が異なるので最良と思われる治療計画を提案致します。
Ⅱ 整容外科
頭部外傷や重症治療の結果、頭蓋骨や頭皮の欠損に対し形成外科と合同で整容外科を行っております。

主な対象疾患

脳血管障害:出血性脳血管障害(くも膜下出血、脳内出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病など)、虚血性脳血管障害(脳梗塞、頭蓋内血管狭窄・閉塞症、頚部内頸動脈狭窄)、頭部外傷、脳腫瘍(良性腫瘍、転移性脳腫瘍)、機能外科(顔面けいれん、三叉神経痛)、正常圧水頭症、小児・奇形(当院の小児科、小児外科と合同で診療します)、整容外科(頭部の骨・皮膚欠損等の審美的問題を形成外科と合同で診療します)

診療内容や特色の詳細

Ⅰ 神経救急
a.脳血管障害 
出血性脳血管障害:くも膜下出血、脳内出血、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、もやもや病、等
虚血性脳血管障害:脳梗塞、頭蓋内血管狭窄・閉塞症、頚部内頸動脈狭窄
b.頭部外傷
Ⅱ 脳腫瘍
i.良性腫瘍
ii.転移性脳腫瘍
Ⅲ 機能外科(顔面けいれん、三叉神経痛)、正常圧水頭症、その他
Ⅳ 小児・奇形:当院の小児科、小児外科と合同で診療します。
Ⅴ 整容外科:頭部の骨・皮膚欠損等の審美的問題を形成外科と合同で診療します

スタッフ紹介

師名役職専門分野資格
池田 尚人教授脳卒中の外科
脳卒中診療
神経救急・神経蘇生
病院前診療
正常圧水頭症
転移性脳腫瘍
医学教育
地域連携
病態栄養
医学博士
日本脳神経外科学会・専門医・指導医、
日本救急医学会・専門医
日本脳卒中学会・専門医・指導医
脳卒中の外科学会・技術認定指導医
神経内視鏡技術認定医
ICD

和田 晃

 准教授
脳血管障害の外科的治療
脳血管内治療
医学博士
日本脳神経外科学会専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医・指導医
日本脳卒中の外科学会技術認定指導医、
脳血管内治療
東園 和也
助教(医科)脳神経外科一般

坂口 顕弘
助教(医科)
脳神経外科一般

外来担当医表

脳神経外科

医療従事者の方へ

研究内容

1)神経蘇生の視点での脳内出血の外科的治療
2)超急性期における脳卒中診療
3)卒後教育・院内教育
4)病院前診療と医療連携
5)整容脳神経外科