薬剤部

薬剤部

薬剤部長ご挨拶

薬剤部長_田中克巳薬剤部長
田中 克巳
豊洲地区は再開発によって多くの高層マンションが立ち並び、或いは建設中で、2019年には豊洲市場がオープンし、2020年+oneのためオリンピック・パラリンピックの会場準備・インフラ整備と、まさに劇的な変化を遂げています。その地域の中核に位置する昭和大学江東豊洲病院は、2014年3月の開院時からこれまで土曜・日曜日も休むことなく週日化の医療を提供しております。

薬剤部では、医薬品を正しく理解し、患者さんにお薬を正しくご使用いただくため、安全で安心な医療を提供し続けることを使命としています。近隣地域と連携し、“女性とこどもにやさしい病院”であり続けたい、そう思っております。

国民の健康な生活を確保するため、医療チームのなかで他の医療スタッフと協働し、薬の専門職として責任ある行動を心掛け、すべての薬剤師が最善の医療を提供することを目指します。近年、医療技術や医薬品は急速な進化を遂げ、患者さんにとって有益性のある薬が多く開発され使用される一方で、副作用の出現というリスクもあり、その服用・使用にあたっては使用上の注意事項を守る必要があります。

お薬を正しくご使用いただけるよう、また副作用の出現を極力防げるよう、私たちは患者さんにとって「頼りがいのあるサポーター」でありたいと思っています。そのため、以下を目指します。

  • “まごころ”を常に持って医療を実践すること
  • 生涯にわたって、専門職としての自己学習を怠らないこと
  • 愛ある薬剤師であり続けること