放射線科

お知らせ

診療科紹介

放射線科は、画像診断(Diagnostic Radiology)、画像診断装置と血管造影手技などを用いた画像支援下治療を担当するIVR(Interventional Radiology)、そして機能的診断を主に行う核医学(Nuclear Medicine)から構成されています。
病院の中では中央診療部門に属し、各診療科の依頼に応える形で病院の診療に従事しています。
放射線科 扇谷芳光教授
扇谷 芳光

診療体制

診断部門、核医学部門、血管造影・IVR部門とも、臨床各科と十分な連携のもとに検査や治療を行っています。各科および他院の先生が持参された画像については、就業時間に関わらずコンサルテーションをしています。また、当直時間内の症例は、翌朝のカンファレンスにおいて、再度、検討しています。
当科では病棟管理を行っておりません。IVR治療は、対象となる領域の各科へ入院していただき、院内からの依頼に対して治療を行います。尚、定期的なカンファレンスも行っています。

診療方針

画像検査、IVR治療ともに、該当診療科からの依頼に対応する体制をとっています。臨床各科、紹介患者の検査、治療に少しでも役立つ医療を提供することを心掛けています。

特徴的な診療領域

主な画像診断装置としてX線透視装置(4台)、マンモグラフィ装置(2台)、X線CT(4台のうち1台は128列ヘリカルCT)、MRI(4台のうち1台は3TMRI)、血管造影・DSA(3台のうち1台は最新のFPD搭載で、回転DSA・CTが撮影可能)、核医学シンチカメラ(4台)、超音波装置(2台)を有しています。これらの最新の画像診断装置を最大限に有効利用して診療を行っています。

主な対象疾患

診断・核医学部門では炎症、良悪性腫瘍、外傷、奇形などを含め、多くの疾患が対象となります。

より細かな診療内容や特色の詳細

血管造影・IVR部門では、幅広くIVRを行っています。
  • 肝細胞癌の肝動脈化学塞栓療法(Transcatheter Arterial Chemoembolization:TACE)
  • 肝動脈動注化学療法(Transcatheter Arterial Infusion:TAI)
  • 門脈圧亢進症による脾腫の脾動脈塞栓術(Transcatheter Arterial Embolization:TAE)
  • 胃静脈瘤に対するバルーン閉塞下逆行性静脈塞栓術(Ballon Occluded Retrograde Obliteration:BRTO)
  • 難治性腹水に対する経頸静脈的肝内門脈肝静脈短絡術(Transjugular Intrahepatic Portosystemic Shunts:TIPS)
  • 透析シャント閉塞に対する経皮的血管形成術(Percutaneous Transluminal Angioplasty:PTA)
  • ステント治療
  • 腎臓の血管奇形や腫瘍のTAE
  • 各臓器や腹部、胸部の膿瘍ドレナージ
  • 画像ガイド下の生検
  • リザーバーの装着
など

タッフ紹介

氏名
役職
専門分野
学会認定資格
扇谷芳光教授放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医師
清野哲孝准教授放射線診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本IVR学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医師
石塚久美子講師放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医師
宗近次朗講師放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
甲斐亮三
助教放射線診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本IVR学会専門医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
検診マンモグラフィ読影認定医師
第一種放射線取扱主任者
宮上 修助教放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
阿部亮介助教放射線診断検診マンモグラフィ読影認定医師
溝渕有哉助教放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
長谷川春菜子助教放射線診断
竹内愛弓助教放射線診断
内田大輔助教


金井貴宏助教

瀨戸川武仁助教

今井里香助教

関本篤人助教

樋口舞香助教

萩原遼太助教

篠塚 明
 (非常勤:水曜日)
客員教授核医学
放射線診断
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
肺がんCT検診認定医
日本医師会認定産業医
第1種放射線取扱主任者資格
小田切邦雄
 (非常勤:木曜日)
客員教授小児放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本小児科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
廣瀬正典
 (非常勤:金曜日)
客員教授放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本乳癌学会乳腺認定医
検診マンモグラフィ読影認定医師
がん治療認定医
戸﨑光宏
 (非常勤:水曜日)
客員教授放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
大槻紀子
 (非常勤:金曜日)
兼任講師放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医師
労働衛生コンサルタント
安田 亮
 (非常勤:土曜日)
兼任講師
 (横浜市北部病院)
放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会PET核医学認定医
崔 翔栄
 (非常勤:金曜日)
兼任講師放射線診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本IVR学会専門医
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
須山淳平
(非常勤:土曜日)
兼任講師放射線診断
核医学
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本核医学会核医学専門医
日本核医学会PET核医学認定医
池田真也
 (非常勤:月曜日)
兼任講師放射線診断日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
保坂憲史
 (非常勤:金曜日)
兼任講師放射線診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本医学放射線学会研修指導者
日本IVR学会専門医
腹部ステントグラフト指導医

医療従事者の方へ

研究内容

Dual-energy CTの基礎的検討とさらなる臨床応用(AIを用いた画像診断支援の開発)
門脈圧亢進症におけるIVR
胸管アプローチのための静脈角の解剖
MRIガイド下の吸引式乳腺組織生検についての研究

診療実績

外来患者数

主な診療実績(2020年度)
  • CT検査 45,950件
  • MRI検査 20,230件
  • マンモグラフィ 6,041件
  • 排泄性尿路造影逆行性尿路造影 204件
  • 上部消化管造影 303件
  • IVR 618件
  • 核医学検査 2,230件

医療連携・紹介制度について

画像診断(CT・MRI・核医学検査など)の予約をご希望の場合は、医療連携室(03-3784-8400)へ直接ご連絡ください。原則として画像診断報告書は、検査翌日に医療連携室より郵送致します。報告書は、紹介医療機関の先生方へ可能な限り迅速にお届け致します。
IVRでは、治療中または治療後の処置や経過観察が必要な場合、当該疾患を専門とする各科を通じて治療させて頂きますので、予めご了承ください。
その他、疑問点や質問などありましたら、いつでもご相談ください。