リハビリテーションセンター

2021年集合写真
当院のリハビリテーションセンターは、1階に入院リハ室(小児訓練室も含む)、外来リハ室、小児・ADL室、言語聴覚療法室があます。さらに、2階回復期病棟にも機能訓練室があり、5階には心大血管リハ訓練室があります(735.71㎡)。
 
 理学療法士は、新入職員3名を迎え計40名。作業療法士は、新入職員4名を迎え計22名。言語聴覚士は、新入職員2名を迎え計8名。スタッフは、心大血管・脳血管・運動器・呼吸器リハや小児、集団コミュニケーションなどの入院・外来や回復期リハ病棟の患者さんをそれぞれ分担して行っております。
 
 当院にご入院の患者さんは、病気・けがの治療や術後の安静期は経過したものの、すぐに日常生活に戻るには、主に身体機能面の回復が不十分な方々が大半であり、退院に向けて回復の期待できる能力を正しく見定めながら、充実したリハビリの提供を行っています。
 
 また、退院後もしくは入院加療には至らないまでもリハビリの継続及び経過観察が必要な患者さんには、状況に見合った外来リハを行っております。
 
 さらに小児の患者さんには、身体の成長とともに能力の変化を観察しながら定期的な評価を継続することで、成人に至るまでの経過を見届ける役割も担っております。
 
 今後とも様々な患者さんのニーズにお応えできますように努力していきたいと思います。

スタッフ紹介

技師長:赤荻 賢司
理学療法士
 非専従
    3階病棟・外来  14名
 回復期専従
    2階病棟     14名
    4階病棟     12名
作業療法士
 非専従
    3階病棟・外来   5名
 回復期専従
    2階病棟      9名
    4階病棟      8名
言語聴覚士
 非専従
    3階病棟・外来   2名
 回復期専従
    2階病棟      3名
    4階病棟        3名

業績