耳鼻咽喉科

お知らせ

診療科紹介


耳鼻咽喉科は現在常勤医5名(日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会専門医3名、専攻医1名)で診療を行なっています。
当科では、「患者さんと全人的に向き合い、寄り添いながら、QOL(生活の質)を改善する」ことをモットーに、難聴や耳鳴り、耳痛、めまいなどの耳の症状、鼻詰まり、鼻水といった鼻の症状、喉の痛みや違和感・声がれ・嚥下(えんげ)障害などの咽喉頭の症状、顔面神経麻痺や頭頸部腫瘍(再建手術を要する頭頸部悪性腫瘍を除く)といった耳鼻咽喉科全般の診療を行っています。
写真診療科長
木村 百合香
当科の3本の柱は、「きこえの改善」「鼻副鼻腔疾患」「のどの機能の改善・維持」です。
難聴は認知症の介入しうる背景因子の筆頭にあげられています。「きこえの改善」と一言で言っても、外耳道から内耳まで原因は様々です。耳垢の適切な管理や外耳道ケアの指導により、きこえや耳の違和感の改善ができることがあります。また、突発性難聴などの急性感音難聴に対しては、薬物治療を中心として、関連施設との連携により高気圧酸素治療も含めた選択肢をご案内しています。老年性難聴に対しては補聴器のフィッティングを行い、また慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎、耳硬化症といった外科治療にも積極的に取り組んでいます。小児急性中耳炎や小児滲出性中耳炎に対しては、抗菌薬や外科的治療など、エビデンスに基づいた治療を行っています。
Macro_RIC R_Wireless_FL21_P005007_White_Utica_3-4 L_Stock_L
また、当科は開院以来伝統的に鼻副鼻腔疾患に対する治療に重点を置いて参りました。ハイビジョンカメラやナビゲーションシステムなどの最新鋭の機器を導入して安全かつ正確な内視鏡下鼻副鼻腔手術を提供しています。耳鼻咽喉科といえば「アレルギー性鼻炎」が代表的な疾患です。内服治療でコントロールが難しい重度のアレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎や鼻中隔弯曲症といった鼻腔形態の異常を伴う場合は、レーザー治療や鼻中隔矯正術・粘膜下下鼻甲介切除術、後鼻神経切断術といった外科的治療により生活の質の向上が得られるように心がけております。さらに、近年生物学的製剤の登場により、季節性アレルギー性鼻炎や好酸球性副鼻腔炎の治療は飛躍的な進歩を遂げています。当科でもこれらの新規薬剤を導入し、患者さんのご要望に応じてオーダーメイドな治療を提供しております。

「のど(咽頭・喉頭)」は食ベ物をのみ込む、呼吸をする、声を出す、といった生命を維持し人間としての尊厳を守るための大切な臓器です。当科では日本嚥下医学会嚥下相談医を中心として、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査による嚥下障害の専門的評価を軸に、軽度の嚥下障害の診断やリハビリテーション指導から、重症の嚥下障害に対する外科的治療まで幅広く対応しています。脳血管センター、リハビリテーション科、病院歯科、栄養サポートチーム(NST)、栄養科といった幅広い職種との連携も強化しています。また呼吸や発声の器官としての「のど」の治療としては、反回神経麻痺や喉頭狭窄症に対する手術治療も患者さんの状態に応じた様々な術式を選択して提供しています。また、神経難病や脳血管障害により気管切開を要する患者さんは、気管切開孔管理に難渋することがあります。適切なカニューレの選択や気管切開孔形成術、気管切開孔閉鎖など、患者さんの病態に合った管理方法を入院での評価も含めて提供して参ります。

その他、小児に対するアデノイド切除術、鼓膜チューブ留置術や、口蓋扁桃摘出術といった耳鼻咽喉科の一般的な外科治療に関しても、近隣の耳鼻咽喉科診療所や院内のこどもセンターと密に連携を行い、多数の患者さんをお引き受けしています。

特徴的な診療領域

最新の医療機器を使用した内視鏡下鼻副鼻腔手術・耳科手術

当科では、内視鏡下鼻副鼻腔手術においてハイビジョンカメラやナビゲーションシステムを使用することで、的確かつ安全な手術を提供しています。また中耳疾患の手術においても、顕微鏡と内視鏡を併用することにより、より高度な技術を提供しています。
耳鼻咽喉科1

生活の質を高める全人的診療

耳鼻咽喉科領域は、五感のうちの、「きこえ」「味」「におい」の3つを専門としています。また、呼吸や栄養といった、生命維持に欠かせない機能をもつのどの専門家でもあります。患者さんのお困りごとに耳を傾け、全人的な対応で一人一人に最適な治療を提案させていただきます。

お子さんから御高齢の方まで幅広い年齢へ対応

お子さんの中耳炎から御高齢の方の補聴器相談や嚥下障害まで耳鼻咽喉科の対象疾患は多岐にわたります。アデノイド切除術、扁桃摘出術、鼓膜チューブ留置術などのニーズが高い手術は近隣の耳鼻咽喉科のクリニックの先生と連携を取りながら多数の症例をお引き受けしています。また、補聴器外来では補聴器装用の導入や調整を行なっております。嚥下(えんげ)障害診療の充実は当科のアピールポイントであり、いつまでも美味しく食べることを提供できるよう、嚥下の専門外来も設置予定です。
耳鼻咽喉科の幅広い医療ニーズにお応えできるようにスタッフ一同日々診療に励んでおります。
スクリーンショット 2024-01-13 15.34.42        

鼻手術

主な対象疾患

耳疾患
先天性耳瘻孔
外耳道真珠腫
外耳炎・中耳炎
滲出性中耳炎
慢性中耳炎
真珠腫性中耳炎
突発性難聴
老年性難聴
良性発作性頭位めまい症
前庭神経炎
メニエール病
顔面神経麻痺
など
鼻疾患
アレルギー性鼻炎
鼻中隔彎曲症
慢性副鼻腔炎
好酸球性副鼻腔炎
歯性上顎洞炎
鼻副鼻腔乳頭腫
など
咽喉頭疾患
慢性扁桃炎
扁桃周囲膿瘍
急性喉頭蓋炎
声帯ポリープ
嚥下障害
など
唾液腺疾患
唾液腺腫瘍
唾液腺炎
唾石症
など
頭頸部疾患
頭頸部良性腫瘍
気管切開管理
喉頭癌などの頭頸部悪性腫瘍の放射線単独治療




スタッフ紹介

医師名役職資格
木村 百合香教授(員外)日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会耳鼻咽喉科専門医・専門研修指導医・補聴器相談医
日本気管食道科学会気管食道科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者指定医(聴覚、平衡機能、音声・言語機能及びそしゃく機能障害)
難病医療費助成制度における指定医(耳鼻咽喉科)
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本高気圧環境・潜水学会高気圧医学専門医
日本気管食道科学会評議員
日本嚥下医学会評議員
日本嚥下医学会認定嚥下相談医
臨床研修指導医
医学博士
河村 陽二郎講師日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
杉谷 いづみ助教日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会認定補聴器相談医
一寸木 宏和助教
奥澤 奈緒助教(医科)

外来担当医表

耳鼻咽喉科

医療従事者の方へ

診療実績

外来患者数(延べ)
2023年度(4月~9月)
    2,588名

2022年度
 5,281名 
2021年度 
 5,350 
入院患者数(延べ)
2023年度(4月~9月)
      804名

2022年度
   986名 
2021年度
   997名

医療連携・紹介制度について

当科は、再建手術を要する頭頸部悪性腫瘍を除くすべての耳鼻咽喉科疾患に対応しています。お困りの患者さん、手術適応の患者さんがおられましたら是非ご紹介ください。当院ではワンストップサービスを導入しており、疾患の緊急性や重症度に関わらず医療連携室を通して、スムーズに患者さんの受け入れを実施しています。当科で入院治療、手術などを行った患者さん、治療方針が確定し状態が安定した患者さんは、紹介元の先生、近隣の先生に術後の経過観察や、その後の治療をお願いしております。地域の先生方との緊密な連携を図っていきたいと考えております。よろしくお願いいたします。